ドラマ「恋がヘタでも生きてます」3話のあらすじ(ネタバレ)や動画と感想!

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の3話のあらすじ(ネタバレ)や感想です。バスキアがパクリ問題を起こした相手先の社長は、雄島佳介(田中圭)の高校のときのクラスメートです。茅ヶ崎美沙(高梨臨)は、仕事が大事だと言い切りますが、再びキスを受け入れてしまいます。榎田千尋(土村芳)は彼氏を取り戻すための方法を橋本から教わろうとしています。

スポンサーリンク

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」3話のあらすじ

キスをしながら見つめあうと、雄島はつぶやきます。

「ゆっくりでいい。きみとちゃんと付き合いたい」

「無理よ。どうしてもつきあいたいっていうなら、会社、やめてください」

と叫んで、美沙は帰っていきます。

一方、喫茶店では、橋本が千尋に耳打ちをしています。

「浮気相手から彼氏を取り戻す方法、知りたいか?男を腑抜けにするテクニック・・フフッ・・なんてな」

そう笑いながら言うと、橋本は帰ろうとしますが、千尋は追いかけて行って、

「まって・・・よろしくお願いします」

と、深々と頭を下げます。

千尋が家に帰ってくると、美沙が床を転げまわってもがいています。美沙は千尋に起きたことを言いますが、

「前向きにならないと、変わらないでしょ。美沙も変わらなきゃ」

と言われてしまいます。

翌朝、美沙が会社に行くと、雄島が自分の荷物を片付けています。「もしかしたら・・・」と思ってると、日下部会長に呼ばれます。そこに雄島がやってきて話をします。辞表を出すと思いましたが、ゲームの声優のスキャンダルの情報です。美沙が大反対しましたが、雄島は、その声優を切るといいます。あきれ返った美沙は、激怒しながら雄島の言うとおりにすることを部下たちにめいれいします。

千尋は、メールが来て時藤と外で合うことになります。そこで、先日、橋本に言われた通りに、チョット突き放すことにして、

「ねえ、仁くん。結婚を考え直したいの。しばらく一人になって考えたくて」

「まだ、怒ってるのか?理佳子とはもう会ってないから」

「ごめんなさい」

そう言って、席を立ちます。後に残された時藤は目を丸くしたままです。千尋はすぐに橋本に報告して、週末に合うことを約束します。

美沙は、声優などのゲーム内容を変更して雄島の所に持っていくと、和久井遙香(野波麻帆)の会社のパーティーに一緒に行くように命令されます。千尋から洋服などを借りて出かけます。パーティ会場まで車で2時間です。間が持たない美沙は仕事をしていきます。

千尋は、橋本と会って指輪を買いに行きます。ジュエリーショップから出てきて腕を組むところを、後ろから理佳子に見られて写メを時藤まで送られてしまいます。橋本が婚約者のふりをして指輪を買ったんです。お礼に香水を渡します。「彼女はいあにの?」と聞くと、「いない。体だけの関係で十分」と言って出て行ってしまいます。

パーティー会場に着いた雄島と美沙は別行動になります。雄島は元カノの遙香と一緒います。目を離すと二人でどこかに行ってしまいます。探しに庭に行ってみると、遙香が美沙に声をかけてきます。

「本気?本気じゃないなら、辞めといてほしいの、彼はカンタンじゃないから。じゃあね」

そういうと、雄島の所に戻っていきます。

美沙は、心の中で、<仕事だから、関係ない、関係ない・・・>と繰り返しつぶやきながら、後を追いかけます。

一方、一人取り残された千尋は、指輪を見ながら、橋本のことを考えて歩いていると、時藤がやってきます。理佳子から送られた写メを千尋に見せながら、

「ごめんな、おれ、結婚考え直したいって言われて、目が覚めたよ。俺にはお前しかいない。もう二度と悲しませたりしないから。もう一度俺にチャンスくれないかな?結婚してください。いますぐ返事じゃなくていい。俺待ってるから」

時藤はそのまま行ってしまいます。

美沙は、雄島の琴が気になって後を追いかけて、垣根の横から見てると、その垣根を押し倒してしまいます。恥ずかしくなった美沙はそのまま帰ろうとします。その後を追いかけて行った雄島に、

「もう追いかけないでください」

「追いかけるよ。一人にしたくないから。今日はすまなかった。

「あやまらないでください。自分の馬鹿さ加減に腹が立ってるだけです」

「話してくれないかな?君が思ってることを教えてほしい」

「もう、なんなの?いったでしょ。付き合いたいなら会社をやめてって。分からないの、どうしてそんなこと言ったのかって。自分の行ったことに責任とれないのに、あなたが会社を辞めちゃうんじゃないかって、はらはらして、サイテーで面倒な女で、相手に条件突きつけないと恋もできない臆病な女で、それがわたしなの」

「仕事は続けるよ。言っただろ、僕は仕事も恋も、欲しいものはすべて手に入れる。君が欲しいんだ」

「なんで私なの?私にだってプライドがあるの」

雄島は近づいていって抱きしめます。

「きみはぼくに勝とうとしていた。それならもう勝負はついてる。分からない?先に恋した僕の負け。美沙、今度は君が負けてくれないか?負ける快感を味わってほしい」

そうして、車で旅館にやってきます。

 

同じ時間に、千尋は橋本を池に呼び出しています。そして、二度目のプロポーズされたと報告します。でも、理佳子と会っていたことを言わない時藤のことを信じられなくなったと言います。

「そんなに、体の関係って大事なんですか?」

「なら、試してみるか?」

そうして橋本はキスをします。

(⇒ 4話のあらすじ

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

恋がヘタでも生きてますの無料視聴はこちら

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」3話の感想

おもしろかったですね。美沙、千尋、雄島、橋本と、4人とも、タイトル通り恋愛がヘタですね。美沙は決して自分を見せないし、千尋は母親の様な愛でしか相手を愛せません。雄島は、自己中で自分のことしか頭にないです。橋本は、相手を愛するっていうことが理解できない様ですね。そんな4人が、単純にきれいだから、やさしいからという理由で恋から愛に育てていけるのか、とても楽しみです。

スポンサーリンク

参考になったのは、千尋のように相手を思いやるだけでは、恋は発展しないってことです。まずは、良い方向と悪い方向とどちらでも良いので、相手の気持ちをかき乱して、感情を揺れ動かしてから相手に接近することをしないと、相手の本心と向き合えないということです。これを自然にやっているのは、雄島です。おそらく、いつもこの手で相手の心の中に土足で入りこんで散々かき乱して、好きにさせてから自分で去っていく男のような気がします。おそらく、相手が振り向くと途端に興味がなくなってしまうのではないでしょうか。

恋愛で悩んでいれば、その方法を試してみてはどうでしょうか?いつも相手の言いなりになってるのではなくて、たまにはこちらから仕掛けてみることが大事なような気がします。心理学者の植木先生も、奉仕される側よりも奉仕する側の方が相手のことを好きになってしまうと話されています。つまり、ヒモとか女王様のような人達は、相手の好きという気持ちを利用しているだけだということです。ちょっとずつ奉仕させていくことで、相手の方が好きという気持ちが大きくなっていくと思います。これから、この4人がどうなっていくのか、とても楽しみです。

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の原作

原作は、藤原晶さんの「恋がヘタでも生きてます」です。ただ、設定がかなり違っていますが、雰囲気は似た感じに仕上がっています。藤原晶さんは、1994年にデビューされた方で、多くの漫画を描かれています。

また、「人は見た目が100%」の原作は、今話題の、麻生久美子さんがCMをやってる「Renta!」でも読むことができます。

Renta

原作とドラマの設定ははかなり違っていますので、雰囲気は一緒です。かなりおもしろいですので、ぜひ、確かめてみて下さい。

これ、意外に使えるかもしれません。他の似たようなサイトと違って、有料ですが無期限で読むことができます。つまり、自分の部屋を「Renta!」に持つことができて、そこにマンガを置いておけるって言うことですね。無料もあるし、48時間レンタルって言うのもありますので、無料で登録しておく事をお勧めします。かなりドラマとは違いますので、面白いと思います。「恋がヘタでも生きてます」も第1巻が全部読めますよ!

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」のキャスト

  • 茅ヶ崎美沙 高梨臨
  • 雄島佳介 田中圭、「バスケア」の新社長
  • 榎田千尋 土村芳、美沙の親友、同居者
  • 橋本司 淵上泰史、「バスケア」のプログラマー
  • 桜井理佳子 内田理央、千尋の後輩、彼氏の浮気相手
  • 柿谷真吾 小関裕太、美沙の部下、プランナー兼ディレクター
  • 小池奈々 今野杏南、プランナー兼プロデューサー補
  • 塚地マサノブ 中村公隆、デザイナー
  • 夏目元気 雨野宮将明、デザイナー補
  • 和久井遙香 野波麻帆、取引先の社長
  • 日下部慎太郎 寺脇康文、オーナー
  • 前島耕一 金剛地武志、ゲーム雑誌編集者
  • 時藤仁 長田成哉、千尋の彼氏、理佳子の浮気相手

各話のあらすじ

以上、ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の3話のあらすじや感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました