ドラマ「恋がヘタでも生きてます」2話のあらすじ(ネタバレ)や動画と感想!

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の2話のあらすじ(ネタバレ)や感想です。茅ヶ崎美沙(高梨臨)と公園で知り合った男性、雄島佳介(田中圭)が新しい社長です。社長になれると思ってた美沙は「男は敵!」と言い切りますが、榎田千尋(土村芳)は浮気男とすぐによりを戻してしまいます。

スポンサーリンク

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」2話のあらすじ

池に落ちて溺れてしまった榎田千尋(土村芳)は、たまたまそばにいた橋本司(淵上泰史)に助けれられて入院します。家に帰ってきた千尋に、茅ヶ崎美沙(高梨臨)は、

「ばかじゃないの?おとこはね、つけあがるんだよ。ゼッタイチョロいって思われてる」

とぼろくそに言いますが、千尋は、逆切れして、「誰も好きになれないよりましだもん」と言ってしまいます。美沙は、その一言に火がついて、「じゃあ、わたしは欠陥品だっていうの」と言ってケンカになってしまいます。二人で言い合いましたが、「美沙は、傷つくのが怖くて何もできない臆病者じゃない」とちひろに言われて、自分の部屋に行ってしまいます。

翌日、美沙が会社に行くと、社長の雄島佳介(田中圭)が自分の懇親会を開くと宣言します。初めはみんな乗り気でなかったのですが、高級焼肉店だと知ると、全員乗り気になります。

ゲームのキャラがパクリだとネットで言われていると聞きますが、美沙はそのまま外に出て行ってしまいます。千尋は助けてもらった橋本に会いに行きますが、渡された名刺は前島の方です。

焼肉店では、社長と美沙が仕事のことで言い合いになります。焼肉が終わった後、雄島から飲みに誘われますが、美沙は怒って帰ってしまいます。家に帰ると、新しい社長の雄島にキスされたと千尋に話します。すると、「試しに付き合ってみれば良い」と言われますが、「恋愛なんかで、精神的に揺らされるのが嫌なの」と言って断ります。

翌日、会社に行くと、昨日のキャラのパクリがネットで炎上しています。すぐに、美沙が謝罪の電話をしますが、社長がいなくて夜に会うことにします。千尋は、時藤仁(長田成哉)と会います。指輪は業者に出しているとウソをつきます。その帰り道、橋本に会います。声をかけると、脚がよろけて抱きついてしまいます。そして、連絡先を聞いて、お礼の食事に誘います。

その日の夜、美沙は雄島に社長室に呼ばれます。「もっと人を頼ればいいんじゃないかな。責任は僕がとる、しょせん、一人でできることはかぎられてるから」と言われますが、「でも、大丈夫です」と行って出て行きます。

翌日、パクリをしてしまった会社に美沙が謝りに行きます。出てきたのは、パル・ゲームス社長の和久井遙香(野波麻帆)です。美沙が謝ると、「もう結構です。その件はもう解決しました」と言われます。雄島社長が裏で手をまわして解決したようです。しかも、古くからの友人だということです。

会社に戻って雄島に謝りに行くと、「会社として対処すべきだと思ったから動いただけだよ」と言われます。

千尋は、橋本を料亭に誘ってお礼を言ってると、指輪を落とした経緯を話します。すると、橋本はつい怒り出してしまいます。

「あんた、ばかか、もっといいの買ってもらえよ。そのくらいしてもらえよ」

すぐに気が付いて謝ると、「橋本さんっていい人ですね」と言われます。そして、「今度アポなしで彼氏の家に行ってみろよ。そこにいたら、今度こそアウトな」と千尋にアドバイスします。料亭を出て歩いていると、時藤と桜井理佳子(内田理央)が肩を組んで歩いている所を見てしまいます。千尋は後ろを向いて駆け出します。橋本はその後を追いかけます。喫茶店に入れると、千尋は「どうしたらいいのかわからないの~」と大声で泣き叫びます。これだけひどいことをされてても、まだ、元に戻りたいようです。

橋本は、小声で「彼氏を浮気相手から取り戻す方法…男を腑抜けにするテクニックを教えてやる」と千尋に耳打ちします。

会社では、美沙が落ち込んでいる所を見て、柿谷真吾(小関裕太)が週末のコンサートに誘います。会社のあと、美沙がバーで一人で飲んでると、雄島がやってきます。和久井との関係をただの高校のときのクラスメイトだと話します。しかし、無言のまま、美沙は雄島を置いて出て行ってしまいます。

雄島はその後を追いかけると、

「帰っちゃうの?」

「どうしてわたしをくどくんですか?もう、ほっといて」

「ほっとけない」

「わたし、今は恋愛なんてしている暇ないんです、仕事の方が100万倍大切だし、それ以外にさくエネルギーなんて、0.1%くらいしかないの」

「それでいいよ。それくらいの時間とエネルギーを僕にくれれば良い」

「今の発言、撤回!0.1%も必要としていません。恋愛なんて、全く不要!仕事にさしつかえるし」

「それってさ、もう、落ちてるってことじゃないの?」

そう言われると、美沙は速足で行こうとしますが、雄島が追いかけて目を見てから抱きしめます。そして、キスをします。

(⇒ 3話に続く

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

恋がヘタでも生きてますの無料視聴はこちら

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」2話の感想

おもしろかったですね。雄島は、本当に狙ったものは必ず落としてきた男だと感じます。エレガントに押して押して押しまくるタイプの男性です。最近ではいなくなってしまったタイプですね。これは、意外に使えるかもしれませんが、かなり、経験してこないと、ストーカーになってしまうと思います。とりあえず、何回か恋をしてから、試してみたいですね。

このタイプのコツは、相手の気持ちを考えてはいけない事だといわれています。相手がどう思おうとひたすら押していきます。そのことが、相手の感情を揺さぶります。怒ったり、きらったり、無視したり、とりあえず相手の気持ちを揺さぶることが大切です。揺さぶることで本音が出てきますので、それにたいして優しい言葉をかけてあげると、好きになってしまうようです。多くの本で書かれている恋愛のテクニックの一つです。

スポンサーリンク

美沙は、多くのキャリアウーマンにあるタイプだと感じます。身体は女性なのですが、考え方が男性になってしまってる人たちです。管理職に多いタイプで、仕事を論理的に進めていくことで、男性化していくと言われています。ただ、恋愛に関しては、女性のままですので、一般的な男性の考え方である橋本のようには考えることができないので、上手く恋愛を進めていくことができないように感じます。恋愛に関する女性脳と仕事に関する男性脳が、一人の頭の中で闘ってしまうと、美沙のようになってしまうのかもしれません。そこにスイッチがあって、きりかえることができればかなり楽になるような気がします。

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の原作

原作は、藤原晶さんの「恋がヘタでも生きてます」です。ただ、設定がかなり違っていますが、雰囲気は似た感じに仕上がっています。藤原晶さんは、1994年にデビューされた方で、多くの漫画を描かれています。

また、「人は見た目が100%」の原作は、今話題の、麻生久美子さんがCMをやってる「Renta!」でも読むことができます。

Renta

原作とドラマの設定ははかなり違っていますので、雰囲気は一緒です。かなりおもしろいですので、ぜひ、確かめてみて下さい。

これ、意外に使えるかもしれません。他の似たようなサイトと違って、有料ですが無期限で読むことができます。つまり、自分の部屋を「Renta!」に持つことができて、そこにマンガを置いておけるって言うことですね。無料もあるし、48時間レンタルって言うのもありますので、無料で登録しておく事をお勧めします。かなりドラマとは違いますので、面白いと思います。「恋がヘタでも生きてます」も第1巻が全部読めますよ!

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」のキャスト

  • 茅ヶ崎美沙 高梨臨
  • 雄島佳介 田中圭、「バスケア」の新社長
  • 榎田千尋 土村芳、美沙の親友、同居者
  • 橋本司 淵上泰史、「バスケア」のプログラマー
  • 桜井理佳子 内田理央、千尋の後輩、彼氏の浮気相手
  • 柿谷真吾 小関裕太、美沙の部下、プランナー兼ディレクター
  • 小池奈々 今野杏南、プランナー兼プロデューサー補
  • 塚地マサノブ 中村公隆、デザイナー
  • 夏目元気 雨野宮将明、デザイナー補
  • 和久井遙香 野波麻帆、取引先の社長
  • 日下部慎太郎 寺脇康文、オーナー
  • 前島耕一 金剛地武志、ゲーム雑誌編集者
  • 時藤仁 長田成哉、千尋の彼氏、理佳子の浮気相手

各話のあらすじ

以上、ドラマ「恋がヘタでも生きてます」の2話のあらすじや感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました