ドラマ「こえ恋」6話のあらすじ(ネタバレ)と感想!「君のとなり」で松原くんが紙袋を破る?

テレビ東京のドラマ「こえ恋」の6話「君のとなり」のあらすじ(ネタバレ)です。「こえ恋」は、櫻井孝宏さんが松原くんの声優として参加している、チョット不思議なドラマです。ヒロインは、人気絶好調で、ドラマ初主演の永野芽郁さん。二人のキョリがだいぶ縮まってきました!「来ちゃダメ」と言われた松原くんは・・・?

スポンサーリンク

『こえ恋』6話のあらすじ

「来ちゃダメ~!」

はずかしさのあまり、ゆいこは叫んでしまいます。

松原くんは、ちょっと悲しそうに「突然お邪魔して、もうしわけありません。ご迷惑を掛けるつもりではなかったんです」というと、帰りかけます。ゆいこは、帰ろうとしてる松原くんの腕をとって「ちがうの、あっ、えっ、ごめんなさい。風邪うつっちゃうかもだし、わたし汗臭いかもだし、それに・・・」というと、その場で倒れてしまいます。熱がぶり返したようです。

ゆいこが、風邪が治って学校に行くと、緑川さんが転向したことを知らされます。

「緑川さん、きっと自分のやりたいこと目指して、飛びだったんだね」

ホームルームで、文化祭のカフェに出すモノの話が行われています。ゆいこは、ノートに松原くんの顔のクッキーをかいて一人で妄想しています。隣の女子がそれを見ると、「松原くんクッキー?それいいんじゃない?」と言われて、クラスのカフェで出すものは、松原くんクッキーに決定してしまいます。

学校に出てきてから、松原くんと話をしていないゆいこは、クッキーの事をどう思ってるのか、家に来てくれたことの感謝を伝えていないことで、思い悩んでいます。すると、生徒会長の兵頭がやってきて、文化祭の話で盛り上がります。ちょうど、その時、松原くんが階段を上がってきます。ゆいこと生徒会長が楽しく話しているのを見て、松原くんの心の中が揺れ動きます。そのまま、元来た方へ戻っていってしまう松原くん。

松原くんが玄関に行って靴を取り出そうとすると、ゆいことの思い出や、生徒会長の宣戦布告や今のシーンが頭の中をよぎります。思わず、紙袋の端を握り締める松原くん。すると、そこにゆいこがやってきます。ゆいこが声をかけると、松原くんが振り返ります。振り返った松原くんの顔の紙袋が、くしゃくしゃになっていることに気が付くゆいこ。

ゆいこ「ま、ま、松原くん、顔が!大丈夫?なんかあった?」

とっさに触ろうとする手が、寸前でとまります。

ゆいこ「あっ、ごめんなさい。いきなりさわるつもりじゃなくて」

松原くん「いいですよ、吉岡さんなら。」

ゆいこ「えっ。松原くん?えっと・・・あのね、松原くん、私が学校休んだ時、お見舞いに来てくれてありがとう。でも、すっごくはずかしくて、せっかくきてくれたのに、しつれいなたいどとって、ごめんなさい。わたし、ずっとあやまりたかったのに、なかなか話すチャンス無くて。」

松原くん「そんなこと。吉岡さんは、あたたかいですね」

 

その夜、ゆいこは、家で松原くんクッキーの試作品を作ります。クッキーを作りながら、玄関で話した松原くんの事を思い出します。(あの時の、松原くん、どこか寂しそうだった・・・)

松原くんもゆいこのことを思い出しながら、家で悩みます。(吉岡さんだけじゃない、クラスのみんなもあたたかい。このままじゃだめなんだ。僕も変わっていかないと。誰よりも僕が、君の隣にいたと思ってしまったから・・・)

 

翌日、教室に試作品の松原くんクッキーを持っていきます。が、松原くんはいませんです。

お昼、購買の前を通りかかると、幻の抹茶メロンパンが売っています。思わず手に取ろうとすると、誰かほかの人の手も伸びています。松原くんの友達の加賀谷です。二人で分けることになります。

校庭脇のベンチで、メロンパンを二つに分けると、加賀谷がゆいこに聞きます。

加賀谷「あのさ、吉岡は何で、紙袋の事、松ちゃんに聞かないの?」

ゆいこ「今はそれより、松原くんがちゃんと毎日笑えてるのかなって気になってる」

加賀谷「なんで?」

ゆいこ「私の勘違いかも知れないけど、最近、松原くんどこかつらそうな気がして。紙袋には、笑った顔が書いてあるけど、ほんとは何か悲しいことがあるかもしれないって。見えないけど、そう感じたから」

ゆいこのその言葉を聞いた加賀谷は、昔の松原くんの言ってたことを思い出します。

 

実は、松原くんは加賀谷に、以前、打ち明けていたんです。

<松原くん「もうずっと前から、いやって言うほどわかっていたんだ。どうがんばっても、意味がないことくらい。きっと誰にも伝わらない。」 加賀谷「松ちゃん、それは違うよ。きっと、松ちゃんの気持ちに気付こうとしてくれる人間だって、必ずいる」>

スポンサーリンク

 

そのことを思い出した加賀谷は、

「吉岡さんの思っている通り、あいつは、今までにない壁にぶつかってる。けど、吉岡さんなら、あいつを救えるかもしれないな。じゃ。」

そういうと、加賀谷は行ってしまいます。うれしそうにうなずいたゆいこは、ベンチに座ってメロンパンを食べ始めます。

(⇒ 7話はこちら

ドラマ『こえ恋』をもう一度ご覧になるには、こちらのParavi(パラビ)がおすすめです。Paravi(パラビ)はTBSとテレビ東京、WOWOWがメインの動画配信サイトで、月額1,017円(税込で見ることができます。

(※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です)

Paravi(パラビ)は2週間の無料お試しをしていますので、無料期間中でしたら完全に無料でドラマ『こえ恋』を見ることができます。

レンタル店と違って、あなたの好きなときに、好きなお話を、好きなだけ見ることができます。『インハンド』や『世界の中心で愛を叫ぶ』などのTBSの大ヒットドラマも見放題できます。こちらからドラマ『こえ恋』を無料でご覧ください。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

『こえ恋』6話の感想

おもしろいですね。胸がキュンキュンしてきます。

ツイッターの反応は、

キャストも、脚本もすべてが良いような気がします。大手のテレビ局もこういう良いドラマを沢山作ってもらいたいですね。

「こえ恋」のキャスト

「こえ恋」のキャストです。

  • 吉岡ゆいこ 永野芽郁、高校1年生
  • 松原くん  声:櫻井孝宏、吉岡ゆいこの同級生、クラス委員
  • 加賀谷優一 落合モトキ。松原くんの友人、同じ中学
  • 西園あき  大友花恋、吉岡ゆいこの友人、同じ中学
  • 緑川玲那  唐田えりか、松原くんが気になる、クラス委員
  • 兵頭誠   竜星涼、生徒会長
  • 瀬島涼一  桜田通、副会長
  • 青山雪   水谷果穂、副会長

各話のあらすじ

以上、『こえ恋』5話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました