ドラマ「こえ恋」10話のあらすじ(ネタバレ)と感想!永野芽郁の恋は?

テレビ東京のドラマ「こえ恋」の10話「あなたの笑顔」のあらすじ(ネタバレ)です。「こえ恋」は、櫻井孝宏さんが松原くんの声優として参加している、チョット不思議なドラマです。ヒロインは、人気絶好調で、ドラマ初主演の永野芽郁さん。突如現れた松原くんの幼馴染のカオリとバトルが始まって、やっと自分の気持ちに気づいたゆいこは?

スポンサーリンク

『こえ恋』10話のあらすじ

最近の学校でのゆいこは、ちょっとおかしいようです。階段でこけたり、スカートのファスナー全開、食べかけのメロンパンを落とす、笑顔を見せない、など。生徒会長室で話題です。会長の事が好きな副会長の分析では、カオリの出現が原因の様です。

ゆいこの頭の中では、「あの時、彼の笑顔に救われたの」というカオリの言葉が、繰り返し響いています。松原くんの事を考えるだけで胸が苦しいようです。そこに、松原くんから、声を掛けられます。この間のお礼です。その場の空気に耐えられなくなったゆいこは、「教科書忘れた。借りに行かなきゃ」と言いながら出て行ってしまいます。その雰囲気に、加賀谷が松原くんに声を掛けます。「何があったの?」

 

(あの日、ゆいこが帰った後に、カオリ言われたんです。

「あ時の事、ずっと頭から離れなかった、私はシュウが好きだったのに、なのに・・・」

そう言われた松原くんは、何も言わずに自分の部屋に閉じこもってしまいます。)

 

「ただ、ぼくがだめなだけで・・」加賀谷には、そう答えるだけで精いっぱいです。

そんな二人を見て、加賀谷とアキが心配しています。

アキ「このまま冬休みに突入するのはまずいと思う。何とかしないと」

加賀谷「だよな。あのさ、」

アキ「なかったことにして。この間の事」

アキが、ゆいこのお兄さんに彼女がいたことで一方的な恋が終わってしまった事をなかったことにしてもらいたいようです。

アキ「こうなったら、私の分もゆいこに幸せになってもらわないと。ね。」

何かを考えた二人。その日の帰り道、アキは、終業式の後にクラスで開くクリスマスパーティーにゆいこを誘います。

 

クリスマスパーティの日。ゆいこと松原くんは隣同士になります。

一方、副会長たちのたくらみで、サンタクロースの格好をさせられた会長は、そんまま学校の中の見回りに行きます。

ゆいこたちのクラスでは、伝言ゲームをやることになります。伝言する順番は、加賀谷、アキ、松原くん、ゆいこです。伝言ゲームが始まります。順々に伝言が伝わっていきます。加賀谷から、アキへ。そしてアキが松原くんに伝言を渡します。松原くんがゆいこに伝言を伝えます。

「あなたと前のように話したいです」

それを聞いたゆいこは、思わず、「私も!私もです」と叫んでしまいます。加賀谷とアキはお互いに顔を見て、にっこり笑います。

そこに、サンタクロースの格好をした兵頭がやってきます。ゆいこの顔を見る兵頭。「会長、まだチャンスはあります」と、横で言う副会長に向かって、「もういいんだ。青山君。ありがとう。そうだ、これからぼくらも祝おうじゃないか。ケーキでも買ってこよう」と言って、歩いて行ってしまいます。

教室では次のゲームが始まります。司会者の質問で、〇、Xで二つに別れて、少ない方が負けというクイズです。初めの質問は、「今年、失恋した人」。加賀谷とアキは失恋した「〇」に、ゆいこと松原くんは失恋してない「X」にはいります。両方とも、同じ数だったので、次の質問です。「今、好きな人がいる人」。アキと加賀谷や「〇」、ゆいこと松原くんはそのまま「X」です。周りを見渡すと二人だけになってしまったので、ゆいこと松原くんが罰ゲームになります。罰ゲームは、「ジュースを買いに行く」です。

二人で買い物に行きながら、掃除の話など、ぽつぽつ話をしだします。すると松原くんが

「よかったです。最近、吉岡さんとあまりお話しできなくて。このまま年越しするのは嫌でしたから。吉岡さん?」

「私、ウソついちゃった。さっきの好きな人いないっていうの。ウソなんだ。うそついたまま、しばらく会えなくなるのも、自分の気持ちをないものにするのも、いやだな・・と」

「吉岡さん」

そこに、カオリが現れます。「ちょうど良かった。これからパーティーやるんだけど、一緒にどうかなって。ねえ、シュウも一緒に行くでしょ」と、松原くんに話しかけると、ゆいこが「私、ジュース買ってくるよ」と言って、一人で行ってしまいます。それを追いかけようとした松原くんの腕をカオリがつかみます。「この間の話の続きがしたいの。シュウ」

ケーキを買って帰ってきた兵頭生徒会長は、何も言わず遠くの方から3人を見てます。そこに、副会長がやってきます。「青山君、僕は彼女の笑顔が見たい。それだけなんだ」それを聞いた副会長は、兵頭の背中を押しながら「だったら、早く追いかけてください」そう言われると、ゆいこの後を兵頭が追いかけていきます。その後ろ姿を見つめる副会長。

グランドでは松原くんとカオリが話をしています。

「怒らないの?この間、吉岡さんに私がウソをついたこと。シュウの笑顔を見たことがあるって」

「もともと、僕が約束を破ったんだから」

 

(小学生の時の事を思い出します。小学生のカオリが紙袋をかぶった小学生の松原くんに泣きながら話しています。「約束したじゃん。お別れする前に、顔を見せてくれるって言ったじゃん。」そう言われた小学生の松原くんは「ごめん」と言って取りませんです。カオリはアメリカに行くようで、松原くんの顔を見ておけば、アメリカでも思い出すことができて、さびしくないと思ってるようです。でも、どうしても紙袋を取れない小学生の松原くんです。)

 

カオリがその時の事を思い出しながら、話し続けます。

スポンサーリンク

「謝るのは私の方だよ。ホントはシュウを助けたかったのに。でも、大丈夫。シュウを救えるよ。あの時だって、もう少しだったんだから」

というと、松原くんの紙袋を取ろうとして、手を伸ばして・・・

 

ゆいこがジュースを買って帰ってくると、兵頭が子供たちに絡まれています。ケーキが欲しいようだったのですが、子どもたちに押されて落としてしまいます。そこに、自転車が来て、見事にぺちゃんこに。慌てて駆け寄るゆいこ。ゆいこの顔を見た兵頭は、「メリークリスマス!」と言うと、兵頭の顔に付いたクリームを見てゆいこが笑い出します。その笑顔を見た兵頭は、「冬休み、一緒にお参りに行きませんか?厄払いと言う意味を込めて」と誘います。お互いの顔のクリームを見て、笑い続ける二人です。

(⇒ 11話はこちら

ドラマ『こえ恋』をもう一度ご覧になるには、こちらのParavi(パラビ)がおすすめです。Paravi(パラビ)はTBSとテレビ東京、WOWOWがメインの動画配信サイトで、月額1,017円(税込)で見ることができます。

(※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です)

Paravi(パラビ)は2週間の無料お試しをしていますので、無料期間中でしたら完全に無料でドラマ『こえ恋』を見ることができます。

レンタル店と違って、あなたの好きなときに、好きなお話を、好きなだけ見ることができます。『インハンド』や『世界の中心で愛を叫ぶ』などのTBSの大ヒットドラマも見放題できます。こちらからドラマ『こえ恋』を無料でご覧ください。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

『こえ恋』10話の感想

おもしろくなってきましたね。

やはり、やさしさは相手を傷つけてしまうこともあると言うことですね。不思議なことに、好きになってしまったら、方向転換するのは難しいようで、「2番目に好きでも良いから、一緒に暮らして」っていうドラマもありましたが、やはり、そういうのは、お互いに不幸になってしまうのではないでしょうか。

ツイッターでも、告知されていましたが、「こえ恋」のDVDBOXが来年の1月20日に発売になるようです。

来週は、もしかしたら最終回になるかもしれません。かなり大切な回になります。お互いの気持ちを正直に出して、正々堂々と人生に向き合っていこうとする二人が描かれます。もしかしたら、泣けてくるかもしれませんね。楽しみです。9月23日の深夜24:52からです。

「こえ恋」のキャスト

「こえ恋」のキャストです。

  • 吉岡ゆいこ 永野芽郁、高校1年生
  • 松原くん  声:櫻井孝宏、吉岡ゆいこの同級生、クラス委員
  • 加賀谷優一 落合モトキ。松原くんの友人、同じ中学
  • 西園あき  大友花恋、吉岡ゆいこの友人、同じ中学
  • 緑川玲那  唐田えりか、松原くんが気になる、クラス委員
  • 兵頭誠   竜星涼、生徒会長
  • 瀬島涼一  桜田通、副会長
  • 青山雪   水谷果穂、副会長

各話のあらすじ

以上、『こえ恋』10話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました