ドラマ「こえ恋」のキャストや1話のあらすじ(ネタバレ)と感想!

テレビ東京のドラマ「こえ恋」が面白いと話題になっています。「こえ恋」は、どーるるさんの漫画が原作のドラマです。今人気急上昇の永野芽郁(ながのめい)さんと、人気声優の櫻井孝宏さんの主演の今までにないドラマです。「こえ恋」のキャストと、1話のあらすじ(ネタバレ)をまとめます。

スポンサーリンク

「こえ恋」のキャスト

「こえ恋」のキャストです。

  • 吉岡ゆいこ 永野芽郁、高校1年生
  • 松原くん  声:櫻井孝宏、吉岡ゆいこの同級生、クラス委員
  • 加賀谷優一 落合モトキ。松原くんの友人、同じ中学
  • 西園あき  大友花恋、吉岡ゆいこの友人、同じ中学
  • 緑川玲那  唐田えりか、松原くんが気になる、クラス委員
  • 兵頭誠   竜星涼、生徒会長
  • 瀬島涼一  桜田通、副会長
  • 青山雪   水谷果穂、副会長

松原くんは、何かの事情で、紙袋をかぶったまま投稿している男子高生です。

その内情を知っているのが、同じ中学だった加賀谷優一。

他のクラスの人は、怖がって近づかないのですが、なにかふかいりゆうがあるようです。

かぶっている紙袋には、ニコちゃんマークの様な目と口が書かれているだけです。

 

吉岡ゆいこは、入学早々、風邪をひいてしまって、まだ1日も登校していません。

そこに、クラス委員となった松原くんから電話が来て、その声に惹かれてしまいます。

 

さて、どうなるのでしょうか。

「こえ恋」1話のあらすじ(ネタバレ)

吉岡ゆいこ(永野芽郁)は、入学早々風邪をひいてしまって、家のベッドで寝ています。

そこに、親友の西園あき(大友花恋)から、LINEが入りますが、まだ、治ってはいない様です。

クラスの人から浮いていると言われて、焦るゆいこです。

 

そこに、電話がかかってきます。

ゆいこ 「もしもし」

松原くん「もしもし吉岡さんですか?

はじめまして、クラス委員の松岡です。学校の事でお伝えしたいことがあるのですが、お電話大丈夫でしょうか?」

ゆ「・・・・」

松「もしもし、あの・・かぜ、だいじょうぶですか」

ゆ「えっ、はい、もうすっかりなおります。」

松「そうですか、それならよかったです。明後日の1年生オリエンテーションのあと、男女に別れて健康診断があります。体操着を持って着て下さい。・・・・」

 

受話器から響く言葉にどきどきしたゆいこ。

これが、物語の始まりです。

 

翌日、治りかけのまま、学校に行くゆいこ。

松原くんがどんな火とか考えながら歩いていると、再び熱が出てきて、廊下で倒れそうになります。

そこに通りかかったのが、松原くん。

 

やさしく抱きとめると、

「大丈夫ですか?」

聞き覚えのある声に、ゆいこが「もしかして、松原くん?」と聞きながら顔を上げると、そこには、紙袋をかぶった男の子が立っています。

あいさつをするゆいこに、まだなおっていないでしょと言いながら、ゆいこを保健室に連れて行きます。

保険の先生がいなかったので、松原くんが手当てをして、そのままゆいこは帰ります。

 

翌日、ゆいこが登校する途中で、松原くんと出会って、一緒に登校します。

それを見ていた、生徒会長が校則違反として、取り締まることを決めます。

 

ゆいこはクラスの廊下で、友人のあきと話をしています。

あきは、松原くんの紙袋が気になると言って、直接、松原くんに聞きに行くと言います。

実は、あき以外のクラスメイトも、松原くんのことが気になっていて、イマイチ溶け込めていない様です。

 

あきは、松原くんの前まで行って

あき「おはよう、松原くん」

松原くん「おはようございます」

あ 「ねえ、なんでそんなものかぶってるの?」

松 「えっ・・・」

あ 「何か特別な理由があるの?」

加賀谷「おいオンナ、いきなり失礼な奴だな」

と松原くんの友達の加賀谷優一が話に入ってきて、ケンカが始まります。

 

そのとき、ゆいこがくしゃみをします。

一斉に、注目が集まります。

ゆいこ 「あの、はじめまして、風邪から復活した吉岡ゆいこです。

皆さんとお友達になりたいです。なかよくしてください。あの、好きな食べ物はうどんです。」

 

すると、松原くんも立ち上がって、

「吉岡さん、こちらこそお願いします。僕も、みなさんとなかよくなりたいです、こんなぼくですが、一年間よろしくお願いします。僕の好きなうどんは、キツネです。」

そう言うと、皆に受けたようで、クラスメイト達が近寄ってきてくれて、溶け込むことができます。

 

体育の授業です。

スポンサーリンク

バスケットのシュートがうまくて、クラスの人気者になります。

 

松原くんとゆいこが一緒に掃除をしている時に、同じクラス委員の緑川が松原くんに話しかけます。

「ちょっといいかな。募金活動の事を相談したいんだけど」

松原くんと緑川が歩き出そうとすると、生徒会長が副会長を引き連れてやってきます。

 

「なるほど、写真通りの変人ぶり。僕は生徒会長だ。梗塞違反も甚だしい。

まずは、きみが何者であるか証明してほしい。

キミが頭にかぶっている、そのみょうちくりんなモノをこの場で取り、素顔を見せてもらおうじゃないか。」

 

ざわつくクラスメイト達。

これからどうなってしまうのでしょうか。

(⇒ 2話はコチラ

ドラマ『こえ恋』をもう一度ご覧になるには、こちらのParavi(パラビ)がおすすめです。Paravi(パラビ)はTBSとテレビ東京、WOWOWがメインの動画配信サイトで、月額1,017円(税込で見ることができます。

(※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です)

Paravi(パラビ)は2週間の無料お試しをしていますので、無料期間中でしたら完全に無料でドラマ『こえ恋』を見ることができます。

レンタル店と違って、あなたの好きなときに、好きなお話を、好きなだけ見ることができます。『インハンド』や『世界の中心で愛を叫ぶ』などのTBSの大ヒットドラマも見放題できます。こちらからドラマ『こえ恋』を無料でご覧ください。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

「こえ恋」1話の感想

なかなか、面白いドラマですね。

原作は読んだことがないのですが、きっと原作も面白いと思います。

最近、漫画が原作のドラマが多いですが、こういった、あまり複雑でないドラマの方がヒットするような気がします。

このドラマの基本的なテーマを勝手に考えてみると、

人間の個性は様々

恋愛に声は大事

この二つだと思います。

一つ目は、簡単に言うと、人間の個性は様々で、いろんな人がいるから、それを認めてあげることが大事だと言ってるような気がします。

紙袋をかぶっているなんて、普通に考えれば変ですが、そ例外の部分を認めてあげれば、受け入れることができてしまうと言いたいのではないでしょうか。

つまり、松原くんは、紙袋をかぶっている以外は、普通の男の子です。

その紙袋をかぶることを個性としてみてあげれば、タダの普通の人として付き合って行けるわけです。

今の世の中は、なかなか認めてくれない方に傾いています。

チョット外れると、一斉に攻撃しだす人たちが増えています。

大人でも、それは同じです。

それを、一度原点に戻って考えてみてはいかがでしょうか。

もう一つの視点は、恋愛です。

声って、意外に大事なんですよね。

何を言ってるのかわからないけれども、癒されるとか、怒りが伝わってくるとか。

そういうことってあります。

例えば、森本レオさんとかのナレーションも同じですよね。

多くの人は、それほど声にはポイントを置いていないのですが、チョット、試してみてはどうでしょうか。

話し方を変えたり、テンポを変えたりすることで、イメージが変わってしまうこともあります。

狙っている人の好きな言葉、テンポ、トーンを調べてそれに合わせる事が出来れば、意外に行けるかもしれません。

気軽に、「どの声優が好き?」って聞いて、その人の真似をしてみたらいかがでしょうか。

少しは、前進するかもしれません。

さて、生徒会長から紙袋を取れと命令された松原くん、2話はどうなるのでしょうか?たのしみですね。

各話のあらすじ

以上、「こえ恋」のキャスト、1話のあらすじ(ネタバレ)です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました