ドラマ「きみが心に棲みついた」の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画。星名との別れ?

ドラマ「きみが心に棲みついた」8話のあらすじ(ネタバレ)です。ついに、吉崎と付き合うことになった今日子は、ねじねじのストールを取ることができます。星名の腕の中から逃げ出すことができるのでしょうか?

スポンサーリンク

8話のあらすじ

堀田(瀬戸朝香)と八木(鈴木紗理奈)の新ブランドの発表会が会社で行われています。そこに、そこにタレントの山藤アイカ(石田ニコル)が現れます。彼女とのコラボ企画が立ち上がるということを会議室に呼ばれて聞かされます。今日子(吉岡里帆)は胸騒ぎを覚えます。

その日の夜、吉崎(桐谷健太)と食事に行くと、ちょっとはやめの誕生日プレゼントをもらいます。

その頃、飯田は星名の母親の家にいて、小さい頃から星名は父親から虐待にあっていたとききます。さらに、その父親は本当の父親ではなくて、浮気相手が本当の父親で、その人を母親がナイフで刺したと聞きます。

 

翌日、今日子は白崎課長(長谷川朝晴)に呼ばれて、新ブランドを離れてコラボ企画を担当するよう命じられます。今日子は、裏で星名が動いてると気がついて、いっしょにタクシーに乗って問い詰めます。星名は山藤アイカのご指名だといいます。星名は吉崎と別れたら上に掛け合ってやるといいます。そして、吉崎と普通の恋愛は出来ないし、絶対に物足りなくなって自分のところに戻ってくるといいます。そして、今日子が体を話した瞬間、吉崎にもらった誕生日プレゼントのネックレスが切れます。修理に2週間かかるといわれて、吉崎とデートできないと思い込んでしまいます。

吉崎の会社にスズキが来ています。スズキの要望どおりドラマ化を進めることが出来るというと大喜びします。

今日子が堀田と八木にコラボ企画のことをいうと、上に掛け合うといいますが、自分でやるといって星名を探しに行きます。すると、飯田からランチにさそわれます。行ってみると、星名に近づくなと鬼のような形相でいわれます。

星名が会社に帰ってくると、母親から手紙が来ます。もうお金も要らないから関係を断ち切るというものです。それを資料室で呼んでると、今日子がやってきます。今日子は、もう星名から離れたいと頭を下げると、明日1日だけ付き合ってくれれば、開放すると約束してくれます。

資料室を出た今日子のところに、吉崎から電話がかかってきます。明日デートをしようということです。吉崎にはうそをついてデートを断ります。電話を切った吉崎のほうでも、スズキから明日あるところに付き合ってくれと言われています。

 

翌日、星名と今日子は大学時代によく歩いていた町にいきます。ファストフードに行ったり野球を見たりして、普通の恋人同士のようにデートをします。そして、ふとしたすきを突いてキスをしてきます。そのあと、「このさき、おまえをくるしめるとおもう。本気で逃げたいならころせよ」といって、今日子の手を自分の首に巻きつけます。今日子は、このさきもずっと嫌いになることはないとあらためておもいます。

野球場を出て歩いていると、星名の姉が声をかけてきます。そして、母親がひとごろしで、金をもっと出さないと面倒を見切れないと大声で叫ばれます。

スズキと吉崎がやってきた場所は、映美(中村アン)の出版記念サイン会です。

その日の夜、飯田は吉崎が行ってるバーに行くと、牧村(山岸門人)に襲われそうになりましたが、足をけって逃げ出します。

吉崎と今日子は居酒屋に行きます。吉崎は母親のことを話しだします。大学のときに星名が泣いていたのは、母親が自分の命を絶とうとしたときだと気づきます。その居酒屋から出て、酔っ払った星名の腕を取ってタクシーにのります。そのところを、吉崎といっしょにいたスズキに見られてしまいます。吉崎は、サイン会に行った映美から、「ちょっとあわない?」とメッセージが来ています。

 

星名を家までつれていった今日子は家に上がってしまいます。今日子は出会ったころのやさしい星名をずっと思い出しています。コーヒーを飲みながら、「これで本当に終わりですよね」と今日子が聞くと、星名が押し倒します。「いやです。星名さんとはイヤです」と言って顔を背けると、「冗談だよ」といってはなれます。そして、「吉崎とわかれて俺と結婚してみる?」とつぶやきます。

今日子が

「何で周りの人を振り回すんですか?それで傷つくのを考えないんですか?」

「どういでもいいんだ」

「星名さんは変わらないんですね。もうこのさきずっと、分かり合える日は来ないと思います」

スポンサーリンク

そういって、今日子は星名の家を出て行きます。ひとりになった星名は、笑い始めますが、そのうち、「しにてえ」といいながらなきはじめます。

今日子が家から出てくると、「やーっとでてきた」といって飯田があらわれます。そして、「本当に最低な女」と叫びながら今日子を殴りはじめます。「ぜったい、地獄に突き落としてやる」といって歩いていきます。

そのころ、吉崎は今日子の家に前で今日子に電話をしています。

 

翌日、今日子は新しいコラボ企画には加わらずに今のままで言いと課長から言われます。その頃、吉崎のところに、USBが速達で届きます。吉崎がPCで見てみると、そこには星名の家に入ってく今日子が映し出されています。

(⇒9話のあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して『きみが心に棲みついた』を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

各話のあらすじ

ドラマ「きみが心に棲みついた」の原作

原作の天堂きりんさんは、大阪出身で別冊フレンドでデビューされた漫画家です。カリスマ的人気を誇る作家で、「プッタネスカの恋」など名作と言われています。独特の雰囲気を持った漫画でつい引き込まれてしまいます。楽天ブックスの電子書籍で読めます。

キャスト

  • 小川今日子 吉岡里帆、ニックネームはキョドコ
  • 吉崎幸次郎 桐谷健太、漫画「月刊パガジン」の編集者
  • 星名漣 向井理、下着メーカー「ラプワール」の企画室長、MD
  • 飯田彩香 石橋杏奈、材料課、今日子の同期
  • 稲垣栞里 周本絵梨香、材料課、今日子の後輩
  • 白崎達夫 長谷川朝晴、材料課課長
  • 八木泉 鈴木紗理奈、デザイナー
  • 堀田麻衣子 瀬戸朝香、デザイナー
  • スズキ次郎 ムロツヨシ、漫画家
  • 為末れいか 田中真琴、漫画「月刊パガジン」の編集者
  • 牧村英二 山岸門人、バーテンダー、星名の過去を知る人物

以上、ドラマ「きみが心に棲みついた」の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました