ドラマ「きみが心に棲みついた」の6話のあらすじ(ネタバレ)と動画。今日子が吉崎と付き合うことに!

ドラマ「きみが心に棲みついた」6話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。バーベキューがきっかけで今日子(吉岡里帆)は吉崎(桐谷健太)と付き合うことになった。仕事中もついつい浮かれてしまう今日子は、星名(向井理)にだけは知られてはいけないと気を引き締める。

スポンサーリンク

6話のあらすじ

バーベキューがきっかけで今日子(吉岡里帆)は吉崎(桐谷健太)と付き合うことになります。

会社でも、今日の夜会いたいとメッセージがきて浮かれてる今日子を見て、デザイナーの八木(鈴木紗理奈)は気味悪がりますが、いきなり池脇部長(杉本彩)に呼ばれます。部長からは、もしも選ばれたら自分の下でやっていけるのかと念を押されます。以前、八木と部長は一人の男性をめぐって何か会ったようです。

お昼休み、今日子は堀田(瀬戸朝香)に報告すると喜んでくれます。ただ、今日子は星名(向井理)には知られないように気をひきしめます。

「ラプワール」の会議室では、八木の班と堀田の班を全員集めて、最終プレゼンの前でしたが、部長が堀田の企画で行くと宣言します。みんなが反対するので、とりあえず星名がいったん預かります。部長の報復人事だと誰もが思っています。

吉崎(桐谷健太)は、部下の為末れいか(田中真琴)に今日子と付き合うことになったといいます。吉崎が出た後に漫画家のスズキ(ムロツヨシ)がやってきて、吉崎のことを好きなれいか賀文句を言ってると、吉崎の元カノの映美(中村アン)がやってきます。

 

その日の夜、早速吉崎と今日子はデートをします。その頃、映美とスズキとれいかはバーで飲んでいます。そこで吉崎が今日子と付き合ってる話が出ると、バーテンダーの牧村(岸門人)は星名にそのことをメッセージで送ります。

翌朝、今日子が出社すると八木が荷物をまとめています。すると堀田が「負け犬」と挑発して新しいデザインを考えろといいます。堀田も、自分のチームに戻って新しいデザインを考えるといいます。

今日子は最終プレゼンをしてくれと星名にお願いしに行きます。星名はわかったといいますが、吉崎と付き合ってることを知っています。そして、大学時代のストリップの話を持ち出して、「ドコまで長続きするか、たのしみにしてるよ」と言われてしまいます。

それから今日子はずっとそのことが頭の中で渦巻いていて、上の空です。

その日の夜、星名が帰るとすでに飯田がいてビーフシチューを作っています。星名はあからさまにいやな顔をしますが、すぐに引っ込めます。飯田は、堀田が新しいデザインを考え酔うとしてると星名に奉公します。

 

翌日から、八木と今日子は新しいデザインに取り掛かります。吉崎からデートの誘いが来ますが、最終プレゼンまで我慢することにします。今日子が夕食を買ってくと、昔話をしてくれます。八木は、昔の自分が邪魔しに来るから、付き合う男は選べとアドバイスします。

吉崎が家に帰ってくると、映美が玄関で待っています。家の中に入れると、新しい小説の原稿ができたから読んでくれと渡されます。仕方なく読んでると、今日子からのメッセージに気づきませんです。

星名は牧村のバーへ井って飲んでると、吉崎の元カノが映美だということを話しています。

 

最終プレゼンの日。プレゼンの20分前に八木と今日子のところにやっと荷物が届きます。そして、プレゼンが無事始まります。

プレゼンが終わると、池脇部長は「やっぱり堀田のデザインがいいわね」と言います。そして、八木のデザインは古臭い、やぼったいと悪口を言います。そして、堀田のデザインを褒めちぎったあと、そのデザインで新ブランドを立ち上げるといいます。

すると堀田が立ち上がって、「そのデザインで本当にいいんですか?」と聞き返します。池脇が当たり前だといってると、八木が立ち上がって「それはわたしがデザインしました」といいます。堀田は、池脇が本当にデザインを見て判断してるのか確かめたかったといいます。

池脇が星名に文句を言うと、星名も池脇には人の好き嫌いだけで決めてるようでは役職者にふさわしくないといいます。池脇部長が怒って出て行くと、星名は、新しいブランドを二人のデザイナーに任せてみてはどうかと白崎課長(長谷川朝晴)に言います。白崎課長はとりあえず二人でやっていくことに決めます。

八木と今日子が部屋に帰ってくると、今日子は祝杯を挙げようといいますが、今日は吉崎と会ってこいと送り出します。今日子が帰ろうとすると、星名が待っています。今日子がさっきのお礼を言うと、たまには付き合えといってラーメンを食べに行くことになります。

ラーメン屋さんでは、珍しく星名はやさしく昔話をしながらたべていましたが、映美が吉崎の元カノだと教えます。さらに、SNSにアップされていた映美が吉崎の部屋にいるところを取った写真を見せます。その帰り道、今日子は吉崎に電話をしますが、はっきりとそのことは何も言いませんです。

「ラプワール」の玄関では、飯田が出てくるところを市ノ瀬が待ち伏せしています。そして、星名がとんでもない悪い男で、しかもひとごろしの息子だと教えます。

スポンサーリンク

星名の母親が父親の命を奪ったことを言いましたが、飯田は「気持悪い」といって歩いていきます。そのあと、飯田は星名と飯田の叔父と会っています。生地を作ってくれという話でしたが、叔父はまだ見込みが立っていないと断ります。

その帰り道、星名は合鍵を返してくれと飯田に言います。飯田がわかれるってこと?と聞くと、

「別れるも何も、僕達付き合ってましたっけ?かえしてください」

飯田が合鍵を渡すと、「ではここで」といってタクシーに乗ります。飯田が追いかけますが、愛はまったくなかったといって言ってしまいす。

「やだ、わたし絶対星名さんと別れない、わかれないからー!」

と叫びます。

そのころ、星名の行きつけのバーでは、れいかが今日子のストリップが写ってるビデオカメラを牧村から受け取っています。

今日子は吉崎に電話をしたあと道を歩いてると、喫茶店の中で吉崎が映美と二人でテーブルについて何か見てるところを目撃して固まってしまいます。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ『きみが心に棲みついた』の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して『きみが心に棲みついた』を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

各話のあらすじ

ドラマ「きみが心に棲みついた」の原作

原作の天堂きりんさんは、大阪出身で別冊フレンドでデビューされた漫画家です。カリスマ的人気を誇る作家で、「プッタネスカの恋」など名作と言われています。独特の雰囲気を持った漫画でつい引き込まれてしまいます。楽天ブックスの電子書籍で読めます。

キャスト

  • 小川今日子 吉岡里帆、ニックネームはキョドコ
  • 吉崎幸次郎 桐谷健太、漫画「月刊パガジン」の編集者
  • 星名漣 向井理、下着メーカー「ラプワール」の企画室長、MD
  • 飯田彩香 石橋杏奈、材料課、今日子の同期
  • 稲垣栞里 周本絵梨香、材料課、今日子の後輩
  • 白崎達夫 長谷川朝晴、材料課課長
  • 八木泉 鈴木紗理奈、デザイナー
  • 堀田麻衣子 瀬戸朝香、デザイナー
  • スズキ次郎 ムロツヨシ、漫画家
  • 為末れいか 田中真琴、漫画「月刊パガジン」の編集者
  • 牧村英二 山岸門人、バーテンダー、星名の過去を知る人物

以上、ドラマ「きみが心に棲みついた」の6話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました