健康で文化的な最低限度の生活の3話のあらすじ(ネタバレ)と動画。夢と金…家族崩壊の危機!絆を取り戻せ

健康で文化的な最低限度の生活

(引用:番組HP)

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の3話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

3話のあらすじ

「バカな人間は夢見るなってことかい?」

そう言って欣也(吉村界人)はそばにあったエレキギターを叩き壊します。えみる(吉岡里帆)は役所に帰ってきて京極(田中圭)にほうこくします。そして、63条を適用して免除してくれともう一度頼みましたが、「利用者の感情に巻き込まれるな」といって拒否します。

その日の夜、欣也(吉村界人)がコンビに行くと、阿久沢正男(遠藤憲一)とあいます。おにぎりをいっしょに買うことで仲良くなった二人はコンビニの前でおにぎりを食べながら話をします。

翌日、京極は実家に転がっていたと言ってエレキギターをえみるにわたします。えみるが母親の聡美(江口のりこ)に連絡すると、あの日以来欣也は家に帰ってきていないと言うことです。京極は母親だけでも来てもらって話をすればいいと言いますが、半田(井浦新)は欣也にも来てもらった方がいいと言います。そのためには、欣也とのそれなりの関係性を築かなくてはいけないと言われます。

えみるは京極からもらったエレキギターを持って聡美の家に行きます。聡美にエレキギターのことを話すと、「正直、音楽やってる場合じゃない」とため息交じりにつぶやきます。えみるは、29日に役所に来てくれとお願いします。聡美は、欣也のことを心配するよりも、減額のことをまず何とかしてくれときつく言われます。えみるはエレキギターを持って役所に帰ります。

その日の仕事が終わった後、七条竜一(山田裕貴)に気分転換した方がいいと言われて、みんなで阿久沢が働いてる食堂に行ってご飯を食べます。

聡美の家では、欣也が洋服をとりに帰ってきてそのまま出ていってしまいます。聡美は、娘のリナ(瑞城さくら)にも文句を言ってしまいます。

えみるは、みんなと別れた後、今日が欣也が路上ライブをやってる日だと気づきます。そして、その場所に行きましたが欣也はいませんです。実は少し前に、「もうやめる」と仲間に行って帰っていったんです。そして、欣也は昔のワルの仲間たちの所に行ってバイクに乗って街に繰り出します。

 

数日後、えみるのところに聡美の娘のリナが訪ねてきます。リナは、欣也からお小遣いをもらってたと言って謝ります。リナはともだちにいじめられないようにお金が必要だったので欣也からもらっていたと告白します。そして、自分のせいで家族がバラバラになっちゃうと言って涙ぐみます。

えみるは再びギターを背負ってライブの場所やボーリング場、行きそうな場所に行きましたが姿はありませんです。それでも探してると、バイクに乗った欣也を見つけます。バイクに乗って逃げる欣也に、えみるは「まってー!」と叫びます。

途中まで行って、欣也は怖くなってバイクから降ります。えみるがギターを差し出すと、「音楽やめたんで。じゃ」と言って歩き出します。えみるが慌てて止めると、「おれがゆめみても意味なくないっすか?こんかいのことでわかったんすよ。意味がないことに」といいます。えみるはもう一度だけ話を聞いてくれと言って頭を下げます。

そして、えみるは29日に来てくれというメモをわたします。ところが、欣也は帰り道、そのメモを道端のごみ箱に捨てます。

29日の指定の時間になると、聡美がやってきます。欣也も聡美とは別にやってきています。

面談は、えみると半田がおこないます。

半田が話す前に、えみるが聡美と欣也に中途半端なことを言ってしまったことをまず謝りまって、来てくれたことを感謝します。そして、半田は生活保護のことをもう一度説明し始めます。そして、どうして違反になるのか、なぜ減額されないのかを説明します。聡美は自分がわるいねと欣也に謝ると、半田が、欣也を応援する方法もあると言って、自分たちも支援していくから夢をあきらめる必要はないといいます。欣也は笑顔になります。

スポンサーリンク

欣也と聡美が役所を出てかえろうとすると、えみるがデスクにもどってギターを持ってきます。今回は笑顔でうけとります。

京極に報告すると、金額を確定して、この後も不正をしないように監督することだといいます。

欣也は家に帰る途中、バイトと音楽を続けると聡美にいいます。

その日の夜、えみるは半田や同僚たちと居酒屋に行って祝杯をあげます。同僚の一人が、えみるは今回がんばったと言うと、半田はこれからがスタートだといいます。

阿久沢が仕事を終えて歩いてると、欣也がライブをしてる場所を通りかかります。阿久沢は欣也の歌声や姿からエネルギーをもらったと感じます。家に帰った阿久沢は家族の写真を取り出してみつめています。翌日、勇気をだして手紙をかいています。すると、郵便受けに手紙が落ちる音がします。取りに行ってみると、娘の麻理からで、別れた妻が病気で亡くなったと書かれています。

翌朝、えみるが役所にやってくると、自分の机の上に欣也からのてがみがあります。そこには音楽を再び始めたので、ライブを見に来てくれと書かれています。

(⇒4話のあらすじ

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

健康で文化的な最低限度の生活を見るにはこちら

キャスト

  • 義経えみる 吉岡里帆、新人ケースワーカー
  • 半田明伸 井浦新、えみるの指導係
  • 京極大輝 田中圭、えみるの上司
  • 栗橋千奈 川栄李奈、えみるの同期
  • 七条竜一 山田裕貴、えみるの同期
  • 阿久沢正男 遠藤憲一、えみるの担当受給者

原作

原作の柏木ハルコさんは、1969年生まれの漫画家で、1995年の24歳のときにデビューされています。主な作品は、

柏木ハルコさんの漫画の原作は、「Renta!」でも読むことができます。

Renta

各話のあらすじ

以上、ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の3話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました