「刑事ゆがみ」の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!ゲストは市川由衣!

ドラマ「刑事ゆがみ」の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。好きだった競走馬の引退を知って落ち込む弓神(浅野忠信)は、憂さ晴らしに羽生(神木隆之介)を連れてキャバクラに行きます。馬の話ばかりして呆れられる弓神とは対照的に、キャバクラ嬢のキララ(久松郁実)たちからおだてられ、調子に乗って酒を飲む羽生です。

スポンサーリンク

「刑事ゆがみ」8話のあらすじ

好きだった競走馬の引退を知って落ち込む弓神(浅野忠信)は、憂さ晴らしに羽生(神木隆之介)を連れてキャバクラに行きます。馬の話ばかりして呆れられる弓神とは対照的に、キャバクラ嬢のキララ(久松郁実)たちからおだてられ、調子に乗って酒を飲む羽生。そこに猿渡愛実(市川由衣)がやってきます。弓神は、かつて愛実を窃盗容疑で逮捕したことがあったんです。

愛実は、すっかり犯罪からは足を洗い、児童養護施設にいるひとり息子の実(吉沢太陽)と一緒に暮らすことを夢見て、キャバクラ嬢をしながら昼の仕事を探しているといいます。愛実は、弓神たちをおくりながら、ぜったいに抜け出して見せるからと笑顔で話しています。

 

数日後、その愛実の遺体が高級マンションの敷地内で発見されます。亡くなった時刻は昨日の深夜3時ごろだということす。手には180万円が握られていて、おそらくそのマンションの405号室に盗みに入ってベランダから落ちたものだと推定されます。被害者の元銀行員の資産家・沼田徹(小林隆)は、お金も戻ったし、被害届は出さないといってるようです。

弓神は現場を見に行きます。

そのあと虎夫と弓神は、沼田に事情聴取をしに行きます。沼田の金庫には2000万円ほど貯めてるのを見つけます。

署に帰った弓神は、理香(稲森いずみ)におかしくないかと聞きます。愛実のニックネームは透明人間で、だれにも気づかれないうちに小額を盗むのが流儀です。それが、今回に限り180万円は多すぎると弓神は思ったんです。理香は被害届が出ていないので、捜査するなといいます。弓神は部屋を出て行きます。実は、弓神が逮捕したときには愛実は、子供がいたのでもう足を洗っています。なのに、過去の犯罪をあばいて逮捕して息子と離れ離れにさせてしまったのが弓神です。そのことを多々木挙男(仁科貴)は、後悔してるのかも虎夫におしえてくれます。

弓神は、愛実の息子に会いにいきます。実を迎えに来るために一生懸命働いていたというと、

「もう帰ってもらえますか?わすれたいんで。あの人のこと」

と言われてしまいます。

 

弓神と虎夫は、ダンススクールで優雅に踊ってる沼田のことを監視しています。沼田と愛実との接点を探していたんです。事件の夜、沼田の部屋の隣は留守で、盗みに入るんなら留守の家に入るはずだというのが弓神の考えです。虎夫は、二人の接点は、愛実の働いていたキャバクラだと言って再びキャバクラに行きます。沼田の写真を見せましたが知らないといわれます。ただ、愛実はお金に困っていて前借を頼んでいたと聞きます。

ヒズミに愛実の口座を調べさせると、「ヒガシクミコ」というひとに86万円振り込んでいます。ヒズミに調べさせます。

署では、理香がやってきて、高齢者を狙った詐欺の検挙を鉄だことになったから弓神をさがしてこいといいます。

 

翌日、弓神は愛実の部屋の中を探しています。実への手紙が差出人拒否で帰ってきてることくらいしかわかりませんです。そこに虎夫がやってきて、書に連れ帰されます。

署に戻ると、詐欺事件に協力させられます。高齢の女性が詐欺相手にお金を渡すところを捕まえるという仕事です。

受け渡しの日、お金を取りに現れたのは、虎夫たちが行っていたキャバクラのキララです。つけていくと、バイクに乗った男が紙袋を撮りに現れます。虎夫はキララを保護して、警察はバイクの男を追いかけます。

キララは、警察で事情聴取されましたが、何も知りませんです。すると、愛実もいっしょにやっていたことがわかります。虎夫は、それを聞くと、愛実がベランダから落ちたのは窃盗のためだと確信します。それを報告書にして弓神に持っていくと、目を覚ませといわれます。

弓神は、窃盗の前科があるだけで、犯人と決め付けるな、もっとまともに捜査しろと虎夫をしかります。

部屋を出ると、ヒズミからヒガシクミコのことがわかったと連絡が来ます。東久美子は、高齢者です。

弓神は東に会いに行って話を聞くと、86万円は愛実から返してもらったものだといいます。実はその前に詐欺にあっていて、愛実が受け子です。詐欺に気づいた愛実は、自分のお金をおろして東久美子に渡して謝りにきてくれたと言います。東の被害額は180万円です。

 

虎夫が署で弓神に言われたことを考えてると、昨日の詐欺の被害者がたずねてきてくれます。そして、お礼にと、ダンススクールの発表会のチケットをくれます。そのダンススクールは、沼田が踊っていたスクールです。

虎夫は愛実が落ちたマンションに聞き込みを始めます。すると、弓神が現れます。愛実もおなじように母親ひとりで育ったといいながら歩いてると、管理人が水をくれています。それを見た弓神は、もういちど、マンションの防犯カメラの画像を見ます。そこには、沼田が一度でて、もう一度帰ってきてる画像があります。「やはり」といってごみ置き場に行きましたが、すでに目当てのごみはもっていかれています。

署に戻った弓神は、わなをかけようと虎夫に話しましたが、嫌がってでていきます。

翌日、虎夫は胃痛でやすんでることになっています。そこに、ふたたび、詐欺事件が発生して、受け渡しの応援に弓神がよばれます。

 

受け渡しの日、南というだまされた女性が待ってると、おなじように女性が現れてお金を持っていきます。しかし、一度トイレに入っていれかわります。途中で気づいた弓神はあとをつけていきますが、バイクに乗った犯人にわざとお金をうばわせます。弓神はそのばからいなくなります。

その日の夜、バイクの男が川沿いの公園で待ってると、沼田が紙袋を取りに現れます。「報酬は後で振り込む」と言って、紙袋を受け取り歩き出します。と、その前に弓神が現れて、「人のもの奪ってどこに行くんですか?それ、僕のですよ、返してください」といいます。

沼田が紙袋を開けると、馬券がたくさん入っています。沼田は謝っていこうとすると、バイクの男が目の前に立ちます。

バイクの男がヘルメットを脱ぐと、虎夫です。本物はすでに署に連行されてると話します。

スポンサーリンク

弓神は、逃がしたふりをして、ちょっと先で待機していた虎夫がバイク男を捕まえて、受け渡し場所を聞いてやってきたんです。実は、だまされた南という女性もわなで、弓神が用意した携帯を使っていてその番号を知ってるのは沼田だけです。南という女性はキャバクラのオーナーで元女優です。

 

署に連行された沼田を弓神が事情聴取します。沼田は、定年になって何もすることがなくなってすべてが退屈になってしまったといいます。そして、あるひ、男性に声をかけられて、手伝ってくれと声をかけられたといいます。そして、ならなかった電話にかかってきて、売り上げがたくさんだとほめられたときには、とてもうれしかったと話します。

弓神は、沼田に、警察よりはやく気がついた愛実をベランダから落としたのはおまえだというと、証拠はあるか?と聞いてきます。そのとき、虎夫が入ってきて「ありますよ」とこたえます。

虎夫が取調べを変わります。虎夫は、防犯カメラで、出て行くときは傘を持っていたのに、帰ってきたときはもってなかったといって、傘が凶器だといいます。そして、調査書には、愛実の体に傘で突いた後があったといいます。すると、沼田は

「あの女がわるいんですよ。もう二度と、仕事を奪われたくなかった」

「仕事?ただの詐欺だろ。あんたは必死で生きようとしていた一人の女性の人生を奪ったんだぞ」

「ひとつ、聞いていいですか?刑務所でも働けますか?」

「ええ、働けますけど」

「それはよかった」

「まあでも、凶悪犯の中で寝ることになりますけどね」

「それも悪くないですね。一人でいるのはもうあきましたから」

 

翌日、弓神は手紙と愛実のプレゼントを実に届けます。そして、愛実がしたことを話してあげます。実が手紙を手に取るのを見て弓神は歩いていきます。実は愛実の手紙を読みます。そこには、やっと準備ができたから迎えに行くねと書いてあります。実は涙を流します。

 

署では、県警本部長表彰されたと虎夫が喜んでいます。弓神が、鑑定書を偽装しただろというと、白紙の鑑定書の表紙だけ見せてあとは沼田が勝手に想像しただけだといいます。ただ、内出血はあって、科捜研はかさでつかれた可能性もあるということです。だんだん、弓神の捜査方法に似てきて、お前も成長したなといわれます。二人はその後、競馬に行きます。

ヒズミは、ネットサイトの「ロイコの部屋」を見てると管理人からメッセージが来ます。

(⇒9話のあらすじ

「刑事ゆがみ」8話の感想

おもしろかったですね。虎夫が弓神に感化されたのか、違法捜査みたいなことをしてきます。ある意味、成長してきて弓神のバディになってきたような感じがします。それに、弓神の適当さになかに、本当に大事なものがあるのが少しずつ理解してきてるのではないかと感じます。

弓神が虎夫に

「目を覚ますのはおまえだよ」

という部分のセリフにはハッとさせられます。ドラマの中ですので、単純に見てれば弓神のように判断できるのですが、いざ現実の社会の中で同じようなことがおきたりすると、どうしても虎夫のように先入観にとらわれて判断してしまうことが多いのではないでしょうか。

たとえば、今話題の日馬富士の問題とか、加計問題などは、全くの傍観者でドラマのようなそれまでのいきさつも良くわからないので、簡単にこっちが悪いとか、あっちが悪いとか言ってます。

もっといえば、キレイな女優は性格もいいはずとか、素敵な恋愛漫画を描く人はロマンティックな人だとか勝手に想像してそのフレームを通してみてしまうことが多いです。その逆に、そのフレームに合わないドラマだと、「今からあなたを脅迫します」や「貴族探偵」みたいに非難ごうごうの意見ばかりになってしまいます。

ドラマや映画、ニュースなどは別にそれでもいいのですが、恋愛とか親子関係などは、そんなフレームを通さずにありのままを見ることでお互いに幸せになっていきます。そのためにたいせつなことは、相手の顔を見ながら、相手の言うことをよく聞くということです。相手が話してるのに途中で遮ってしまったり、顔も見ないで話すということは、すでにフレームがかかっています。もしもそんなことをしてると気づいたら、少しでも良いので相手の目を見て、ゆっくり話を聞かれてみてはどうでしょうか。おそらく、いつも思ってる面とちがう部分を感じることができると思います。

「刑事ゆがみ」の原作

原作の井浦秀夫さんは、1955年生まれの62歳の漫画家です。早稲田大学の漫研に所属していて、東海林貞夫さんアシスタントを経て、1979年にデビューされます。長野県出身で、弁護士の北村晴男氏とは高校の同級生です。其れには関係がないと思いますが、「弁護士のくず」という漫画を描いていて、ドラマ化されています。

「刑事ゆがみ」のキャスト

  • 弓神適当(ゆがみゆきまさ) 浅野忠信、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 羽生虎夫 神木隆之介、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 菅能理香 稲森いずみ、うきよ署刑事課強行犯係係長
  • 多々木挙男 仁科貴、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 町尾守 橋本淳、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • ヒズミ(氷川和美) 山本美月、ハッカー

8話以外のあらすじ

以上、ドラマ「刑事ゆがみ」の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画、感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました