「刑事ゆがみ」の7話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!ゲストはりょうと早見あかり

ドラマ「刑事ゆがみ」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。弓神(浅野忠信)や羽生(神木隆之介)らは、菅能(稲森いずみ)の親友・近江絵里子(りょう)が青酸カリを飲まされて命が奪われた事件を捜査することになります。

スポンサーリンク

「刑事ゆがみ」7話のあらすじ

ある日、菅能理香(稲森いずみ)は、仕事がおわったあと大学の同級会に行きます。結婚や子供の話とかで疲れて一服してから戻ってくると、同じ独身で、一流デザイン会社の管理職をしてる親友・近江絵里子(りょう)を見つけて喜びます。ところが、10歳年下のイケメン実業家との結婚が決まってると聞いて、ショックを受けてしまい、また一服をしにいきます。そこに絵里子がやってきていっしょにタバコを吸いながら話をします。

そのあと、二人でバーに飲みにいきます。絵里子は「別な生き方もあったかな~」とちょっと後悔してるようです。絵里子が何か言いかけると、署からの連絡が来て仕事に戻ります。

翌日、絵里子が自宅マンションで遺体で発見されます。第一発見者は交番勤務の氷室巡査です。1ヵ月ほど前に300万円をひったくられていて、その件で確認に来たのだといいます。なくなった原因は青酸カリを飲んだことによるもので、亡くなった時間は昨日の22時から23時の間だということです。弓神(浅野忠信)は、絵里子の爪の色がおかしいのに気がつきます。弓神は洗面所を見ます。

その時間に何をやっていたのかしらべようと虎夫(神木隆之介)がいうと、理香がやってきて、その時間に自分がいたと話します。

署に戻った理香は、絶対に自ら命を絶ったりはしないといって、恨みを持っていた人を徹底的に洗えと命じます。

弓神たちは絵里子が勤めてたデザイン会社に聞き込みに行くと、3年前に病気が治って復職したときに左遷されていて、3ヶ月前に退職していたと聞きます。月に1回、会社の後輩とのみに言っていたという写真を見せてもわからないといわれます。インスタの写真に載ってる社員はすべて関係ない人たちで、書かれてる内容も嘘だということがわかります。結婚するという話も嘘だったとわかります。インスタに映ってる人を探し出せと命じます。

弓神は、インスタを始めます。そして、若者達との飲み会や若い女の子との写真をどんどんアップしていきます。実は、「リア充代行サービス」というものを利用していたんです。そこには恋人代行、同僚代行、合コン代行などがあって、いかにもそれをしてるという雰囲気で写真を取らしてくれるサービスです。絵里子のインスタに写ってたのはすべてそこに所属してるバイトだとわかります。

そこに理香がやってきて、弓神の言うとおりだったと言います。それは、つめが切りたてだったということです。つめを切った痕跡がなかったことから、犯人が持ち去ったんじゃないかといいます。つまり、絵里子と争ったときに引っかかれたはずだと推理します。そして、「リア充代行サービス」の恋人代行してくれた女性、三枝優里(早見あかり)の写真を見せます。手の甲にはばんそうこうが貼られています。

優里を署に呼んで理香が取調べをします。3ヶ月で23回も絵里子と会っていたことがわかります。優里のことを本当の自分の部下だと思っていろいろと話してくれたけど、ウザかったと言います。すると、優里にはアリバイがあったことがわかります。

弓神は「リア充代行サービス」に行って、優里の事を聞きます。かなり売れっ子だったと聞きますが、どうがんばっても月に20万円が限度のようです。そのときヒズミ(山本美月)が優里の裏アカを見つけます。そこには、1ヶ月前からブランド服を着てる写真がたくさん並んでいます。絵里子は、1ヶ月前に300万円の引ったくりにあっています。弓神は優里には共犯者がいて二人で絵里子の300万円をひったくったんじゃないかと推理します。

そして、優里を指名した客のリストをはじめからチェックし始めます。すると、防犯カメラに映った男に似てる引田(鈴木伸之)という男性を見つけます。

署に呼んで取調べをしましたが、何も話しませんです。そのとき、青酸カリの入手先がわかります。3ヶ月前に、絵里子が闇サイトで購入しています。それを聞いた理香は、絵里子が亡くなったことには事件性がないといって捜査を打ち切ると全員に言います。

弓神は、ヒズミにあるものの成分を調べさせていて、それを見ると「なるほどね」とつぶやきます。

 

数日後、署内では、じゃんけんに負けた多々木挙男(仁科貴)が、理香のためだといわれて何かの薬を飲みます。そのあと、多々木は絵里子の部屋の中の薬を見つけています。すると、強烈な腹痛が来てトイレにこもります。それを弓神に報告します。町尾守(橋本淳)はタクシーの会社に聞き込みをして、車載カメラの映像を確認します。虎夫は、優里を指名して恋人代行をしてもらっています。

同僚代行、恋人代行をしてる虎夫に、優里が最期に写真を撮ろうというと、理香たちがやってきます。理香だけを残してほかの人たちを帰した後、理香は、絵里子の300万円の引ったくりを裏から指示したと優里を尋問します。

スポンサーリンク

からくりは、母が病気だと嘘をついてお金を用意させて、引田に奪わせます。そのとき、絵里子が引田のかぶってた帽子についていたバッジから、優里と引田の関係を気づいたと言います。そして、青酸カリを買ったことを知っていた優里は、絵里子の持病の薬と入れ替えて置いておき、ニスでコーティングしたカプセルが溶ける時間帯にしっかりアリバイを作ったということです。

そして、犯行時刻の23時の5時間前にどこにいたのかと聞くと、家にいたと言います。町尾は、タクシーの車載カメラの画像を見せます。さらに、夜にも乗っていたことを見せて、引っかかれた傷に気がついて戻ってつめを切ったと言います。ただ、残念ながら、指紋がついてるつめきりは見つからなかったと多々木が言ってると、弓神がやってきて、爪切りを見せます。優里の部屋から見つけてきたと話します。

命を絶とうとしていたから良いじゃないというと、理香は

「かわいそうだね。アイドルだったんでしょ。現実と向き合えなかったんだね」

と言います。そして逮捕されます。

 

翌日、理香は絵里子の裏アカを弓神からおしえてもらいます。そこには、家庭よりも仕事を優先したつもりだったけど、病気で倒れて、自分の生き方が間違っていたんじゃないかと、悩んでいたとかかれています。さらに「リア充代行サービス」を見つけて、生きる希望ができてきたということや、理香にあって、「女の人生は87歳まであるからやり直せる」と言われたことなどが切々と書かれています。

理香はそれを呼んでいて涙がこぼれてきます。

(⇒8話のあらすじ

ドラマ「刑事ゆがみ」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)で、フジテレビのドラマをメイン見れます。2週間の無料トライアルをしていますので、それを利用して無料で見れます。

くわしくはこちらから。

FOD公式サイトへ ≫

「刑事ゆがみ」7話の感想

おもしろかったですね。弓神は、初動捜査ですぐに犯人を見つけていて、それを裏付ける証拠をずっと探していたんですね。スゴい刑事のカンと観察力だと思います。

今回の事件では、独身の30代の女性の悲しさが書かれていましたが、よく言われるように、「もう」と考えるか、「まだ」と考えるかによって、人生って代わってくるんだと感じます。

亡くなった絵里子は、「もう」と考えてしまっていたので、いろんなものに執着しています。とくに執着していたのは、過去の輝きです。人からどう見られてるのか、どう見られたいのかだけに焦点を当ててしまっていて、無駄なところにお金をかけたり時間をかけたりしています。理香から「87歳まで」といわれて、やっと断ち切れたのですが、ちょっと遅かったです。

実際に、絵里子のようになってしまうことはあまりないのですが、それでも交通事故とか、病気になってしまうことはあります。そんな時に、いつまでも過去にしがみついてると、大切な時間がどんどん過ぎていってしまいますので、良いことも悪いことも、断ち切ってしまうことがたいせつだとお思います。一日、一日を新たな気持ちで生きることで明日につながっていくと感じます。

「刑事ゆがみ」の原作

原作の井浦秀夫さんは、1955年生まれの62歳の漫画家です。早稲田大学の漫研に所属していて、東海林貞夫さんアシスタントを経て、1979年にデビューされます。長野県出身で、弁護士の北村晴男氏とは高校の同級生です。其れには関係がないと思いますが、「弁護士のくず」という漫画を描いていて、ドラマ化されています。

「刑事ゆがみ」のキャスト

  • 弓神適当(ゆがみゆきまさ) 浅野忠信、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 羽生虎夫 神木隆之介、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 菅能理香 稲森いずみ、うきよ署刑事課強行犯係係長
  • 多々木挙男 仁科貴、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 町尾守 橋本淳、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • ヒズミ(氷川和美) 山本美月、ハッカー

7話以外のあらすじ

以上、ドラマ「刑事ゆがみ」の7話のあらすじ(ネタバレ)と動画、感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました