「刑事ゆがみ」の6話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!ゲストは新田真剣佑

ドラマ「刑事ゆがみ」の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。弓神(浅野忠信)や羽生(神木隆之介)らは、総資産300億円を誇る若きIT企業家・貝取勝平(新田真剣佑)を狙った傷害事件を捜査します。事件は、貝取が来週オープンさせる予定だったプラネタリウムで起きます。貝取をプラネタリウムまで送り届けた運転手が、指示された通り深夜0時に迎えに行くと、彼が血を流して倒れていたということです。

スポンサーリンク

「刑事ゆがみ」6話のあらすじ

弓神(浅野忠信)や羽生(神木隆之介)らは、動画配信アプリの会社を経営する総資産300億円を誇る若きIT企業家・貝取勝平(新田真剣佑)を狙った傷害事件を捜査します。買取は詐欺まがいの行為で企業買収を繰り返すと言われています。

事件は、貝取が来週オープンさせる予定だったプラネタリウムで起きます。21時に貝取をプラネタリウムまで送り届けた運転手が、指示された通り深夜0時に迎えに行くと、彼が血を流して倒れていたといいます。貝取は、サプライズ企画の準備でプラネタリムを訪れることをSNSに投稿しています。正面からナイフで刺されていて、凶器、指紋、下足痕跡もないということです。弓神と虎夫は、正面から指されたら貝取は犯人を見てるはずだといいます。そこに、貝取が目を覚ましたと連絡が入ります。

二人が買取のところに行くと、犯人は見ていないと言います。そして、

「いつまで続くんですか。秒速1億稼ぐといわれてます。時間をとるなら報酬いただけますか」

「これは、あなたのための捜査なんですよ」

「あなた方に何が出来るんですか。役立たずだと言ってるんです。」

弓神は笑いながら貝取に300億稼ぐんですねといいますが、もう何も話しませんです。怒った虎夫は名刺を投げ捨てて出て行きます。

二人が出て行ったあと、貝取は、

「あ、ぼくですけど、例の件、いそいでもらえますか」

 

署に戻った二人は、怨恨の線から洗うといわれます。多くのひとからうらまれてたのですが、その中でも星月亘という72歳の男性で、貝取に買収された望遠鏡メーカーの創始者です。貝取の仕業で会社が倒産して不当に安く買い叩かれています。社長だった息子も自ら命をたっています。

弓神と虎夫は星月のところに話を聞きに行くと、やってはいないし酒飲んでたと言います。そこに、亡くなった息子の娘の光希(新井美羽)が帰ってきます。弓神と虎夫は光希に星月のアリバイを聞くと、酒を飲んで寝ていたと言います。ところが、光希は、貝取は法をおかすようなことはなにもしていないと言います。そのときに、スマホのモンコレというゲームの音が鳴ります。プレイヤーが近くにいると音がなる仕組みになっているんです。虎夫と光希がやっていたんです。

庭に出て二人でやってると、菅能理香(稲森いずみ)から星月亘を任意同行しろという指示が来ます。貝取が犯人の顔を思い出したということです。

星月亘を署に連行して虎夫が事情聴取をします。光希もいっしょにきています。

弓神と虎夫は貝取になぜ急に思い出したのかを聞きに行きます。すると、

「思い出したからに決まってるじゃないですか」

「おかしいな、だったら、普通は覚えてないって言うじゃないですか。でも、貝取さん、見てないって行ったんですよ」

「コトバのあやですよ。何ですか?せっかく証言をしたのに僕を疑うんですか?」

「本当に犯人は星月亘さん?」

「たぶん」

「たぶん?」

すると、虎夫がキレて、「あんたの証言で傷つく人がいるんです」といって小学生の娘がいるというと、貝取は覚えてないといいます。

怒ってる虎夫を連れて外に出ると、弓神は、貝取はあいまいな言い方をしてビビッていたと言います。犯人をかばってるんじゃないかとつぶやきます。

弓神がヒズミ(山本美月)のところに行くと、ヒズミもモンコレをやっています。

翌日、モンコレを提供しているテンドーカンパニーに行きます。筆頭株主の貝取は、この会社を買収しようとして大株主達と接触してるようだと虎夫が説明してくれます。テンドーカンパニーの天堂英里(MEGUMI)は、気が気でないから、もしかしたら買収を防ぐために貝取をさしたのも天堂じゃないかと推測したんです。ただ、天堂が犯人だったとして、かばうのには理由があると言います。犯人だとばれたら、株価が暴落して一番損をするのが貝取だからです。

天堂にあうと、学生の頃から面倒を見てきたので、買収なんかするはずはないといいきります。が、天堂のアリバイもありませんです。

 

署に戻ってくると、多々木挙男(仁科貴)が星月が貝取の同行を探偵を雇って調べていたことがわかったと書類を持ってきます。理香はもう一度星月を引っ張れと命令します。

理香と虎夫は星月の家に行って星月を署に連行されましたが、虎夫はこのまま少し残ると言います。すると、弓神もやってきます。さびしそうな光希に虎夫が「そばいにるよ」というと、「そういうこと軽々しく言わないでください。みんなうそつきだ」と怒られます。

父親がいたころ、光希は、学校でいじめられていたようです。ある日、それを見つけた父親がそれに気がついて望遠鏡で星を見せてくれて、

「どんなときも、光希はひとりじゃない。すぐそばにお父さんがいるから」

と言ってくれたことを思い出しています。

それを聞いていた弓神は、前に見た「わたしの夢」という光希の本が亡くなってることに気がつきます。

 

署では、探偵を雇っていたのは、不正を見つけようとしていたからだと星月が言っています。

虎夫は署に戻るともう一度天堂をしらべさせてくれと理香に頼みます。会社に会いに行くと、天堂はいませんです。

弓神は小学校に行って「わたしの夢」という本を探します。ヒズミのところに持ってきて読んでると、貝取のサプライズ企画をヒズミが見つけます。それを見て驚いていると、

「外出許可もらえたよ~今夜はひとり、プラネタリウムで準備再開!生配信」

という貝取のツイッターを見つけます。

そして、すぐに虎夫に連絡して、天堂も貝取もプラネタリウムにいるから、そこにいけと命じます。弓神はヒズミにもうひとつ頼んでプラネタリウムに向かいます。

 

プラネタリウムにきた虎夫は、中でいすに座ってる貝取を見つけます。入ろうとしても鍵がかかっています。そして中を覗き込むと、光希がやってきます。貝取はたちあがると、

「待ってたよ。星月光希ちゃん。こんどはちゃんところせるといいね」

「なんで、おじいちゃんが犯人だって行ったの?」

「なぜなら、そっちのほうがおもしろいから」

「おじいちゃんはかんけいない」

「ほら、どうしたの?もう一度刺しに着たんでしょ。しんじゃった馬鹿で間抜けなパパの敵とるんでしょ。さあ、はやく」

スポンサーリンク

そこに虎夫が飛び込んできますが、光希がナイフを持って貝取に突進します。

貝取はおなかを押さえて倒れます。

そこに、弓神が歩いて入ってきます。大騒ぎしてる寅雄に向かって「大丈夫だよ。血が出てないだろ。ね、貝取さん」と話しかけます。そして、「天堂さんもどっか、いるんじゃないの?」というと、天堂は機械室にいます。防刃チョッキをきた貝取は起き上がります。

弓神は全部わなだったと言います。14歳以下は警察では罰せられないので、みずから罰したんだと言います。貝取は光希を誘い出して、ナイフで刺されるところを生配信したんです。そしてネットで拡散して、社会的にまっさつしよとしたと自分でいいます。

「警察が何も出来ないから僕が罰したんだ。悪いのはそのこと、あんたら警察だ!」

と叫びます。

 

弓神と虎夫は光希を署につれてきます。弓神は「わたしの夢」という本を見せます。そこには、父親といっしょにプラネタリウムを作りたいという夢が書かれています。そして、そこには、モンコレのスワンというもののコラボ企画も書かれています。貝取は父親から奪い取ったプラネタリウムでそのサプライズ企画をしようとしていたんです。それをみた光希は、ふたりでかんえた企画が丸ごと盗まれていたことに気がついたんです。

弓神は、光希を屋上に連れ出して望遠鏡で星を見させます。光希は

「お父さんに会いたい。でも会えないよ」

「わかるよ、光希ちゃんの気持ち」

「あの人に、ひとつだけ教わったの、法を犯さなきゃ、罪にならないって。だから・・・わたしはわるくない。わるくないもん」

「わかるよ。すごいな。お父さんのためにあそこまでできるとはな」

「ゆるせなかった。おとうさん、返してよ、そしたら良い子にするから、あのひとにあやまるから。かえしてよ」

とずっとさけびながら泣き出します。

 

光希は連れて行かれます。虎夫が屋上で理香に話をしてると、貝取たちがながした動画は誰かが止めてくれたと言います。

貝取は、天堂に電話をすると、ハッキングされて動画が流れなかったといわれます。さらに、貝取の会社のHPがとんでもないことになってると聞きます。そして、

「もう、あなたのおどしにはのらない。買収できるものならすればいい」

と言って電話を切ります。

貝取がHPを見ると、貝取勝平の脱税証拠集というページがアップされています。

すべてヒズミがやったことです。

「事件は終わった。もうあたしたちにできることはない。刑事としてはね」

と理香は虎夫の肩をたたいて歩いていきます。

 

翌日、虎夫は児童相談所にいる光希に会いに行きます。すると、そこには弓神がいます。3人でモンコレで遊びます。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「刑事ゆがみ」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)で、フジテレビのドラマをメイン見れます。2週間の無料トライアルをしていますので、それを利用して無料で見れます。

くわしくはこちらから。

FOD公式サイトへ ≫

「刑事ゆがみ」6話の感想

面白かったですね。でも、すごい悲しいストーリーです。これから光希ちゃんがどうなっていくかをかんがえると悲しくなります。子供とは言え、2度もナイフを持って人を刺そうとしたことは取り返しがつかないことだと思います。それに、人を刺しておいて、あれだけ平然としていられるところを見ると、恨みとかのマイナスの感情は人を壊してしまうものだと改めて思います。

それにしても、新田真剣佑さんの悪役っぷりは見事です。「僕たちがやりました」でもかなりの悪役をしていましたが、これからそちらの路線ですごい伸びていくかもしれません。今の芸能界では、インテリ系の悪役といえば、安田頚さん、井浦新さん、北村一輝さん、長瀬智也さんなどいますが、その方たちとはちょっと違う感じで、昔で言えば成田三樹夫酸のような感じです。いい感じで悪役になって行ってもらいたいですね。

ただ、現実の世界には、こういうことが沢山起きてるような気がします。潰された会社の社長も悪い部分があったんじゃないかと思います。しっかりと経営をしたうえで、相手のことを見極めながら仕事をしていかないと足元すくわれてしまうこともおおいのかもしれません。それに、わるいことをしていないので捕まってないといった光希のことばが余計に新鮮です。自分で命を絶つのは勝手ですが、残された人のことをまず考えてみることがたいせつだと思います。そして、毎朝生まれて、寝るときにはしんでるんだと思ってみると、毎日新鮮な想いで生きていくことができると思います。

「刑事ゆがみ」の原作

原作の井浦秀夫さんは、1955年生まれの62歳の漫画家です。早稲田大学の漫研に所属していて、東海林貞夫さんアシスタントを経て、1979年にデビューされます。長野県出身で、弁護士の北村晴男氏とは高校の同級生です。其れには関係がないと思いますが、「弁護士のくず」という漫画を描いていて、ドラマ化されています。

「刑事ゆがみ」のキャスト

  • 弓神適当(ゆがみゆきまさ) 浅野忠信、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 羽生虎夫 神木隆之介、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 菅能理香 稲森いずみ、うきよ署刑事課強行犯係係長
  • 多々木挙男 仁科貴、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 町尾守 橋本淳、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • ヒズミ(氷川和美) 山本美月、ハッカー

6話以外のあらすじ

以上、ドラマ「刑事ゆがみ」の6話のあらすじ(ネタバレ)と動画、感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました