「刑事ゆがみ」の5話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!ゲストは板谷由夏

ドラマ「刑事ゆがみ」の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。弓神(浅野忠信)と羽生(神木隆之介)は、花道署からの要請で誘拐事件の捜査に協力する。誘拐されたのは、前花道市長を父に持つ宇津巻京子(板谷由夏)と、婿で市会議員の誠治(丸山智己)のひとり娘・真利奈(後藤由依良)。弓神に協力要請があったのは、誘拐現場にカタツムリのマークが残されていたからだった。

スポンサーリンク

「刑事ゆがみ」5話のあらすじ

隣の花道署の管内で誘拐事件が起きます。

前花道市長を父に持つ宇津巻京子(板谷由夏)と、婿で市会議員の誠治(丸山智己)のひとり娘・真利奈(後藤由依良)が誘拐されたんです。犯人からの指示で親が記者会見を開いていて、虎夫たちがその中継を見てると菅能理香(稲森いずみ)がやってきて、花道署から協力要請があったと虎夫と弓神にはなします。現場に子供のバレエシューズが残されていて、その裏にはカタツムリの絵が書かれていたので弓神に要請が来たんです。そのカタツムリはロイコ事件のときのものと同じです。

ロイコ事件は、7年前、花道署管内で起きた異質な殺人事件です。ある夫婦の命が奪われ、生き残ったのは12歳のひとり娘のみです。

事件が異質だったのは、事件内容が『ロイコ』という小説に酷似していたんです。ロイコとは、『ロイコクロリディウム』の略で、カタツムリに寄生し、脳まで支配する寄生虫のことです。小説『ロイコ』は、主人公が犯人に寄生されて心を操られ、罪を犯していくという物語です。そして、現場にはカタツムリのマークが残されています。この事件とそっくりということベストセラーになりましたが、その事件の犯人は作者の横島不二実です。つまり自作自演の究極の炎上商法ということでしたが、逮捕される前に自らに火を放って命を絶ってしまいます。それを追い詰めたのが弓神です。

今回の誘拐事件にも同じカタツムリのマークがつけられていて、模倣犯かもしれないと言うことで弓神が呼ばれたんです。弓神はすぐに帰ると、ヒズミ(山本美月)のところに言ってロイコ事件のネットニュースを消します。ヒズミはその事件で生き残った少女なのかもしれません。

翌日、弓神はヒズミを麻薬の売人だと嘘をついて虎夫にマークさせます。

弓神は誘拐事件の現場の宇津巻邸に行って、花道署の刑事・久松(木下ほうか)と合流します。ロイコ事件とは関係ないと弓神が言うと、そうでもないと久松は言います。小説ロイコは発禁処分になったのですが、その先頭に立ったのが、前市長の宇津巻喜平です。議員の宇津巻誠治は娘婿です。

ヒズミが朝食を食べてるときにロイコ事件のニュースが流れると、ヒズミはTVを消そうとして暴れます。虎夫に気づいたヒズミは外に駆け出します。

 

弓神は宇津巻誠治に話を聞くと、市議会で、同じ市議の菰野の不正を追求していたときに報告が来て審議を中断して飛び出したといいます。そこに、犯人から連絡が入ります。そして金の受け渡しの場所の公園と受け渡し方法を伝えて、遠巻きにTV中継させろといって切られます。用意をしようと席を立つと、虎夫がやってきて逃げられたと報告します。

公園に着くと、犯人から電話が来て、場所を変えます。取材陣、警察はそのあとをぞろぞろとついていきます。

ふたたび場所を変えたあと、今日の取引は中止だと連絡が来ます。

弓神は、ロイコ事件を模倣してるだけで、宇津巻家のひとに恨みを抱いてるものの犯行だと断定して、虎夫と二人で、誠治が不正を追及していた菰野議員のところにいきます。誘拐の時刻に菰野の会社の車が防犯カメラに写っていたというと、菰野は勘違いしてると言い始めます。誠治が美人秘書と不倫をしてると話します。

弓神たちは宇津巻家に戻って誠治に菰野は政治の弱みを握ってるらしいというと、うわさだといって否定します。虎夫は外に聞き込みに行きます。

 

翌日、虎夫は調べてきたことを弓神に放します。働いていなかった誠治は婚活パーティーで知り合った宇津巻京子と知り合って付き合い始めて、子供ができたので婿養子で宇津巻家に入ります。それからいろんなビジネスに手を出しますが、全部失敗して京子に迷惑をかけています。そして最期には市議になるといって、京子が駆けずり回って当選させてもらったようです。京子は産後に乳がんを患って全摘の手術をしてます。

弓神と虎夫は、誠治が離婚されたら無一文になるので、秘書との自作自演じゃないかと話しています。中継させたのも悲劇の主人公になるためだといってると、外でけんかしていた誠治と秘書のカレンが家の中の隣の部屋に入ってきます。カレンは

「私もうむりです」

「音島君、いまさらそんな・・・」

そこに妻の京子がやってきます。カレンは「今日はこれで」と言って帰っていきます。

外に出て行った京子をおいかけて弓神が話を聞きます。弓神は、離婚しないんですか?と聞くと、娘から父親は奪えませんといいます。弓神が菰野のことを調べてるというと、驚いた顔をして昔から菰野には良くしてもらってると言います。そこに、電話がかかってきたと呼ばれて京子は行きます。

その日の夜、ヒズミはいつもの満喫に戻ってきています。弓神は菰野のことを調べさせます。そこに、虎夫から電話があって、秘書のカレンが不倫を認めたと連絡が入ります。弓神は宇津巻家の焼却炉を調べろと指示します。

スポンサーリンク

 

翌日、虎夫が焼却炉を調べてると犯人から電話がかかってきます。今回はマスコミ、警察には知らせずに誠治一人で野毛山動物園に来いということです。

誠治が野毛山動物園につくと、ライオンの檻に来いとメッセージが来ます。じつは、ヒズミがメッセージをだしています。

宇津巻家では、焼却炉を探し終えた虎夫が戻ってきます。家の中には誰もおらずに弓神だけがのこっています。実は、犯人の声に似せて弓神が電話をしたんです。弓神は、

「花道署の連中がいたら、犯人とゆっくり話ができないだろ」

と虎夫に言ってると、妻の京子が燃やすごみをもって通りかかります。弓神はすぐに呼び止めると、変な顔をして、持っていたごみを燃やしにいこうとします。弓神が引き止めて部屋の中に入れてはなしをします。

弓神は、誠治を操り人間にして政治家になろうという自分の夢をはたそうとしていたんだけど、誠治が自分の力で生きてみたいと意志を持ち始めてしまったので、事件を起こしたと言います。子供のために駆けずり回る父親と母親の姿を全国民に知らせることで離婚はできなくなり、仲のよさもアピールできたということです。

菰野は、誠治に弱みを握られたことで京子に証拠をつぶしてほしいと頼んで、その代わりに、娘を2,3日預かってほしいと頼んだんじゃないかと弓神は言います。すると、どこからか電話がかかってきます。京子は部屋を出るとドアに物を置いて二人を閉じ込めて、持っていたごみを焼却炉で焼こうとします。それは、菰野の不正の証拠となる帳簿です。弓神と虎夫は何とか追いついて燃やすのをとめさせることができます。

すると、

「気持ちよかった」

と泣きながら京子がいいます。夫婦で表舞台にたったことと、娘のために駆けずり回ってる姿を見て気持ちよかったと言います。そして、誠治が秘書と浮気をしていることや妻としても母としても認められていなかったと告白し始めます。

弓神はゆっくり立たせて連行します。

 

その日の夜、弓神がヒズミのところに行くと、いませんです。ヒズミは、一人で外をあるいていると、二人連れのおとこにぶつかったことでぼこられてしまいます。すると、通りかかった一人の男性がたすけてくれます。

(⇒6話のあらすじ

ドラマ「刑事ゆがみ」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)で、フジテレビのドラマをメイン見れます。2週間の無料トライアルをしていますので、それを利用して無料で見れます。

くわしくはこちらから。

FOD公式サイトへ ≫

「刑事ゆがみ」5話の感想

面白かったですね。色々なところに伏線があって、目を離すことができず見てしまいます。弓神がそう言ったことに気付くのは、やはり刑事のカンなのでしょうか。だから、その分、何もないところではかなり適当ないい加減な男をやってるのかもしれません。また、犯人にもそう言った態度を見せておくことで油断させるという意味合いも出しているような気がします。

ただ、事件の発端になった夫の不倫があまり責められずに、最後は家族を愛する夫に戻っていたのはちょっと疑問です。

「刑事ゆがみ」の原作

原作の井浦秀夫さんは、1955年生まれの62歳の漫画家です。早稲田大学の漫研に所属していて、東海林貞夫さんアシスタントを経て、1979年にデビューされます。長野県出身で、弁護士の北村晴男氏とは高校の同級生です。其れには関係がないと思いますが、「弁護士のくず」という漫画を描いていて、ドラマ化されています。

「刑事ゆがみ」のキャスト

  • 弓神適当(ゆがみゆきまさ) 浅野忠信、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 羽生虎夫 神木隆之介、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 菅能理香 稲森いずみ、うきよ署刑事課強行犯係係長
  • 多々木挙男 仁科貴、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 町尾守 橋本淳、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • ヒズミ(氷川和美) 山本美月、ハッカー

5話以外のあらすじ

以上、ドラマ「刑事ゆがみ」の5話のあらすじ(ネタバレ)と動画、感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました