「刑事ゆがみ」の4話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!ゲストは高梨臨と池端レイナ

ドラマ「刑事ゆがみ」の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。ゲストは高梨臨さんと池端レイナさん。

スポンサーリンク

「刑事ゆがみ」4話のあらすじ

弓神(浅野忠信)と羽生虎夫(神木隆之介)はラーメンを食べています。行こうとすると、弓神は、虎夫の恥ずかしい写真を見せておごらせます。腹を立てた虎夫は弓神を尾行して、ヒズミ(山本美月)とホテルに入るところをカメラで撮ります。

 

警備員(前野朋哉)が建設中のデザイナーズビルの中を見回ってると、屋上から女性の悲鳴が聞こえます。行ってみると、そのビルを建てている高遠建設の社員・堤祥子(高梨臨)と高遠玲奈(池端レイナ)がいて、建築士の大山昇(姜暢雄)が階段の下に血を流して倒れています。

弓神と虎夫はすぐに呼び出されます。

高遠玲奈は高遠建設の社長令嬢で、大山昇と婚約中です。祥子がパトカーに乗せられようとしてると、後から来た怜奈は「ひとごろし」と叫びます。二人とも警察署に連行されて話しを聞かれます。

玲奈の話だと、初めて二人で作ったビルなのでお祝いをしてると、祥子がやってきて証拠写真を見せるといわれたといいます。

祥子は弓神にその写真を見せています。玲奈と付き合う前に一度だけ関係を持った時に撮られた写真なのですが、それ以降もずっと大山は祥子に付きまとったといいます。それで、その写真を祥子に見せてやめさせようと思ったと話します。大山にストーカーをやめさせるには玲奈しかいないと思って頼んだようです。

ですが、玲奈は、それは嘘だ、ストーカーなんてしていないといいます。そして、大山に言われて上の階で待っていたら、大きな声が聞こえて二人がもみあっていたといいます。

祥子ももみ合っていて腕を振り払ったら落ちてしまったといいます。

二人の証言は一致しています。

そして、祥子は、以前、交番にいた虎夫に相談しに行ったんだけど取り扱ってもらえなかったので、警察の責任だといいます。

刑事部屋に戻ると、菅能理香(稲森いずみ)は、事件性はなさそうだし、変に祥子を刺激しないようにとみんなに言います。祥子が週刊誌に虎夫が無視したことを垂れ込むと面倒になるからです。

 

翌日、弓神と虎夫はいつもの定食屋にいます。虎夫は、相談しに来た祥子の態度がおかしかったといいます。最後まで話をして相手の事を聞こうとすると、「やっぱ、いいです」と言って何も言わずに帰ってしまったといいます。弓神も取調べをしていて何かおかしかったと言います。社長の娘と付き合ってるのに、同期をストーカーはするわけはないといいます。

ただ、週刊誌に載るかもしれない虎夫に巻き込まれたくないので高遠建設には行かないといいます。すると、このあいだのホテルにいる弓神の写真を見せて脅して、協力させます。

二人が高遠建設に行って社員に聞き込みをすると、大山のうわさは最悪です。女癖が悪く、上に取り入るのが上手な男です。逆に祥子は仕事ができるし、浮いた話もなく、玲奈のほうが敵対視してるようです。

そして、祥子が相談していたある女子社員から大山からの着信履歴の写真をみせてもらいます。ただ、それほど親しくはなく、いきなりそんなことを相談されて戸惑ったといいます。

署に帰ってきた弓神は、もともとのうわさを利用して大山がストーカーをやっていたように見せかけたんだと虎夫に言います。交番に来たのも見せ掛けで、ストーカーはなかったというと虎夫は元気を取り戻します。その話を菅能理香がきいています。

「正当防衛に見せかけた計画的な犯行だったってこと?」

弓神は大きくうなずきます。二人の証言を覆さない限り、祥子を逮捕できないと理香はいいます。

 

翌日、虎夫と弓神は玲奈の家に行きます。大山はストーカーをしていないかもしれないというと、始からそういっていたといいます。虎夫がその日の状況を聞こうとしてると、父親の金太郎がどなりこんできます。任意だから言う必要もないし、せっかくいい男を選んだのに、どこまで迷惑をかける気だと怒ります。

玄関で話を聞くと、父親が決めた結婚だったけど、大山はいい人でしたと玲奈は言います。

そのあと、二人で現場に行って同じことをやっています。どうやって華奢な祥子が大山を突き落としたのか疑問です。

次の日、二人は祥子の家に行きます。祥子が持っていた写真を見せて、それに映っていた枕が先週改装されたホテルものだといって、この写真はつい最近撮られたものじゃないかと聞きます。すると、ストーカー行為を利用して写真を撮ってやめさせようとしたと言い出します。そいて、ストーカー行為がなかったという証拠を見せろといいます。「悪魔の証明」といって、なかったことを証明するのはむずかしいということです。そのとき、祥子の指に高そうな指輪をしてるのに気がつきます。祥子は自分で買った安物だといいます。

署に帰って理香に報告してると、祥子の指輪が高いと聞きます。宝石店に行ってきくと、ペアの指輪で二つで100万円だということです。すると、虎夫から電話が来て、高遠産業の話を聞いた女子社員から新しい情報があると言ってきたといいます。

二人で行って話を聞くと、祥子は産婦人科に入っておろすところをみられていて、大山の子供じゃないかということです。弓神はヒズミにその産婦人科のカルテを取り寄せさせます。それを見た弓神と虎夫はあることに気がつきます。

スポンサーリンク

 

翌日。虎夫は祥子のところまでいって署まで連行します。

そして、虎夫は祥子と玲奈の二人で大山を突き落としたんだといいます。その後演技をして警備員が証言してくれるようにしたといいます。虎夫は、産婦人科のカルテを見せて、受診したのは玲奈だったことと、指輪を買った履歴を見せます。じつは、玲奈と祥子は愛し合っていて、結婚相手の大山は玲奈に暴力をふるって怪我をさせていたんです。それを見せると、一人でやったと祥子は言い出します。

隣の部屋では、その様子を弓神と玲奈が見ています。弓神がやさしく、もう助けてあげたらと言うと、玲奈は涙を流して認めます。

弓神が祥子のところに行って玲奈が自供したことを伝えると、祥子は泣き出しました

(⇒5話のあらすじ

ドラマ「刑事ゆがみ」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)で、フジテレビのドラマをメイン見れます。2週間の無料トライアルをしていますので、それを利用して無料で見れます。

くわしくはこちらから。

FOD公式サイトへ ≫

「刑事ゆがみ」4話の感想

おもしろかったですね。弓神と虎夫の掛け合いがとても面白くなってきて、しっくりしてきます。今回の事件で感じたことは、家族ぐらいは本音でぶつかりあった方が良いということです。

この事件のそもそもの原因は、大山という社員と結婚させようとしたことです。理由はできる社員だとか、何処かの御曹司だとか、いろいろあるかもしれませんが、その結婚に対して玲菜が何も言えなかったので一人の人間が命を落としてしまい、会社の名誉は傷ついてしまったと思います。さらには、玲菜の父親、母親、祥子、祥子の両親・・・など多くの人に迷惑をかけてしまいます。

結婚をしろと命令されたときに、相手のことを話したり、自分の好きな人のことを話すだけで、未来は全く変わってきたはずです。大山はクビになったかもしれませんし、玲菜は社長になったかもしれません。

そのことを話すか話さないかだけで、これだけのひとの人生、未来が変わってきてしまったのです。これって、現実の世界でもあり得ます。本当に言葉は大切ですごい力がありますので、それを武器として使うことで、多くの人が幸せになれるのではないかと思います。

そして、どういう言葉を言うのか、逆に言わないのかは、全て自分で決めてしまっています。当たり前ですが、言えないと思ったので玲菜は黙っていたんです。その考えを「言うべきだ、ひとのためになる」と考えを変えていれば、父親に言っていたはずです。

ですから、思ってることを言うのか、言わないのかを決めるのはその人の考えですから、家族ぐらいは、思ってることを全部話すという考えにしてみたらどうでしょうか。もちろん、それで衝突はありますが、お互いに思ってることを言い合うことで、本当の家族になれるとわたしは思います。

本当のことを言うのかどうか迷ったら、それがその人のためになるのか、その人は家族なのかを考えて判断してみてください。きっと、自分の思い違いとか、考えすぎとか、気づくことができると思います。

「刑事ゆがみ」の原作

原作の井浦秀夫さんは、1955年生まれの62歳の漫画家です。早稲田大学の漫研に所属していて、東海林貞夫さんアシスタントを経て、1979年にデビューされます。長野県出身で、弁護士の北村晴男氏とは高校の同級生です。其れには関係がないと思いますが、「弁護士のくず」という漫画を描いていて、ドラマ化されています。

「刑事ゆがみ」のキャスト

  • 弓神適当(ゆがみゆきまさ) 浅野忠信、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 羽生虎夫 神木隆之介、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 菅能理香 稲森いずみ、うきよ署刑事課強行犯係係長
  • 多々木挙男 仁科貴、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 町尾守 橋本淳、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • ヒズミ(氷川和美) 山本美月、ハッカー

4話以外のあらすじ

以上、ドラマ「刑事ゆがみ」の4話のあらすじ(ネタバレ)と動画、感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました