「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!弓神が犯人?

ドラマ「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク

「刑事ゆがみ」最終話のあらすじ

うきよ署では、ロイコ事件を説明しています。今から7年前、河合武と河合伊代の夫妻の命が奪われて、娘の和美は記憶障害と失声症になってしまいます。容疑者は小説「ロイコ」の作者横島不二実(オダギリジョー)とされて、焼身自殺を図って事件は終了したとされています。ところが、先日起こった薮田という元医師の事件で、横島が関与していたことがわかり、焼身自殺を図ったのは横島ではなくて薮田の息子だとわかり、捜査は振り出しに戻ります。7年前の報告書に弓神が手を加えていたと報告されます。

それを聞いた署長は、「それって不祥事って言うことじゃないの?共犯だからね」と激怒します。

 

弓神が海沿いを歩いていると、横島から電話がかかってきます。ヒズミに何をしたのか聞くと、ロイコ事件の犯人は弓神で全部の罪を横島になすりつけたこと、現場の写真を見せただけだといいます。弓神は、

「おまえ、何がしたいんだよ」

「おまえに時効はないからな」

「そんなことして何が楽しいんだ」

「いま、小説の最終章を書いてるとこなんだ」

「ゴーストライターもいなくて書けんのか?」

「結末、どうしようかと思ってさ。なんか、アイデアあるか?」

「ヒズミには手を出すな。お前なんか簡単に捕まえられるんだから」

「ああ、そうか、簡単か?」

そういうと、後ろの壁からリフトに乗った横島が現れて、弓神をひきそうになります。海のぎりぎりまでくると、爪を下げて乗っていたものを海に落とします。弓神は、そこに人らしきものが乗ってるのが見えると、「ヒズミー」と叫んで駆け出して海にとびこみます。横島は大笑いしています。マネキンが浮かんでいます。

 

翌日、虎夫がヒズミの病室に行くと、「元気になりました」と書かれたボードだけがベッドの上に乗っています。理香(稲盛いずみ)は、弓神がちょくちょく出してくる満喫の領収書をだして、ここにいるかもしれないといいます。

虎夫が行くと、案の定弓神がいて、暴れましたが逮捕することができます。すると、横島は弓神か虎夫を狙ってるといいます。小説の最後にはそれが書かれていたといいます。そして、携帯を調べてくれといいます。はやく横島を逮捕しないといけないから、手錠をはずしてくれといいます。

虎夫は、署にかえって、理香と二人でロイコの出版社にいきます。そこで、なくなった河合は横島のゴーストライターをしていたことがわかります。そして、生前、河合が「生活も仕事も横島のゴーストだ。家族も横島にのっとられた、あいつをころしたい」と言っていたと聞きます。

 

その頃、ヒズミは横島といっしょにいます。横島はヒズミに乱暴しています。

虎夫が署にいてしらべると、横島は河合の妻を暴行していたことがわかります。そこに、携帯の情報が届けられます。そこに、多々木挙男(仁科貴)がきて、花道署から証拠をもらってきたといいます。それは横島の焼けた免許証です。弓神が後から焼いたものだといいます。その犯罪の時効が成立するのは明日です。

虎夫が道を歩いていると、サンタの格好をした男達に連れ去られます。ロイコの部屋のサイトには、「サブキャラひとり確保」と出ます。弓神は急いで、理香に電話をして虎夫がやばいと告げます。そして、サイト「ロイコの部屋」の利用者を特定してくれと頼みます。理香は、すぐに投稿者の位置情報を調べてくれとお願いします。

そのころ、電話を終えた弓神も連れ去られます。

理香は投稿者の居場所を突き止めて、多々木たちと踏み込みます。その部屋にいた3人を逮捕することが出来ます。

 

虎夫が気がつくと、そばには気を失ったヒズミがいておなじように縛られています。そばには、横島もいて、

「すべて弓神が書いた筋書き通りにカルト小説家を演じただけだよ。小説をベストセラーにするためにな。ロイコ事件なんてのはな、全部弓神が考えたことなんだよ。あいつ、いっちゃてるだろ、刑事のくせに」

「その行っちゃってる刑事が、天才小説家より面白いことを考えたってことだな」

「サブキャラが、作者を愚弄するなよ」

 

そのころ、弓神は覆面をかぶせられて車に乗せられています。弓神は理香にひそかに電話をつなぎながら、関係ないことを話す感じで居場所を伝えています。

署では、大体のところはわかりましたが、最後は、捕まえたやつから無理やり居所をはかせます。

 

横島の前に弓神が連れてこられます。虎夫とヒズミのどっちを最初に落とすか選べといいます。弓神が、ヒズミは本当はお前の娘だというと、ヒズミを落とそうとします。そのとき、虎夫が手錠をはずして横島につかみかかります。ヒズミを助けようとして弓神が落ちそうになりましたが、虎夫がうけとめます。そこに、横島がバットを持ってやってこようとすると、パトカーのサインが鳴り響きます。横島は逃げていきます。

弓神と虎夫は横島のアジトの横にあるホテルで見張っています。虎夫は、本当のことを教えてくれといいます。そして、虎夫は、弓神は、河合夫婦から相談を受けていた携帯の履歴もあるといいます。弓神が何も言わないと、虎夫が話し始めます。

スポンサーリンク

河合の奥さんが横島に暴行された後、河合は、ヒズミが横島の子供じゃないかと疑って警察にも届けを出しています。そして、ヒズミが小学生の頃から奥さんに暴行を始めます。そして、だんだんエスカレートしていき、事件の日、河合が奥さんを包丁でさして、河合が次にヒズミを刺そうとしたときに、ヒズミがバットで河合を殴ります。弓神は、ヒズミからもらったメールを見てすぐに駆けつけて、ヒズミの手からバットを取り外します。そして、バットからヒズミの指紋をけして、すべてを横島のせいにしようとしたと虎夫は推測します。

聞いていた弓神は、訂正します。ヒズミがバットでなぐったのではなくて、夫婦の無理心中だったといいはります。

そこに、理香から電話があります。ヒズミから自供があったということです。でも、12歳だったので、罪にはとわれないと弓神に言うと、弓神は泣き出します。そして、12時10分前の腕時計を見せて

「羽生君、時間がない。相方につかまるんならしょうがない。はやくしろ。法にのっとって逮捕するのがお前の仕事だろ」

と腕を差し出します。そして、虎夫が手錠をかけようとすると、「時間も言え」といいます。虎夫が時計を見ると、12時3分になっています。弓神は笑顔で、「おれ、横島探してくるからな」と出て行きます。

 

数日後、ヒズミが満喫を出ると、店員が追いかけてきて、弓神からだと帽子を渡されます。そこには万馬券が入っています。ヒズミは、「ありがとう」と声を出します。

うきよ署では、現金強奪事件が起きます。現場に虎夫が行くと、交番勤務になった弓神がいます。依願退職せずに、まだ横島を追ってるようです。

(おわり)

ドラマ「刑事ゆがみ」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)で、フジテレビのドラマをメイン見れます。2週間の無料トライアルをしていますので、それを利用して無料で見れます。

くわしくはこちらから。

FOD公式サイトへ ≫

「刑事ゆがみ」最終話の感想

おもしろかったですね。オダギリジョーさんは、こういう役をするといきいきしていてとても見ごたえがあります。バディの二人も良かったですし、山本美月さんの演技もすごかったです。最後の「ありがとう」には、涙が出てしまいます。

途中で、犯人たちに取調室で焼を入れる刑事、多々木挙男を演じていた仁科貴さんは、川谷拓三さんの息子さんだったんですね。最後に来てとても雰囲気が似てる場面が出てきて面白かったです。

ただ、冷静に考えてみると、横島は、河合の奥さんを暴行したこととゴーストライターをつかっていたことしかやっていなくて、弓神があの時点で全てを発表していたら、今回のようなことは起らなかったんじゃないかなと思います。ウソがテーマの回がありましたが、弓神がついた嘘のせいで、みんながしあわせになったのかどうか、弓神本人も迷ってるのではないかと感じます。そのあらわれが不当操作とか、適当な事ばかり話してるところに出てるのではないかと思います。

とは言え、横島は逃げてますので、このメンバーでシーズン2をぜひやってもらいたいです。

「刑事ゆがみ」の原作

原作の井浦秀夫さんは、1955年生まれの62歳の漫画家です。早稲田大学の漫研に所属していて、東海林貞夫さんアシスタントを経て、1979年にデビューされます。長野県出身で、弁護士の北村晴男氏とは高校の同級生です。其れには関係がないと思いますが、「弁護士のくず」という漫画を描いていて、ドラマ化されています。

「刑事ゆがみ」のキャスト

  • 弓神適当(ゆがみゆきまさ) 浅野忠信、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 羽生虎夫 神木隆之介、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 菅能理香 稲森いずみ、うきよ署刑事課強行犯係係長
  • 多々木挙男 仁科貴、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • 町尾守 橋本淳、うきよ署刑事課強行犯係の刑事
  • ヒズミ(氷川和美) 山本美月、ハッカー

最終話以外のあらすじ

以上、ドラマ「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と動画、感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました