『監獄のお姫さま』の7話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。長谷川がカヨに告白?

ドラマ「監獄のお姫さま」7話のあらすじ(ネタバレ)と感想と、無料動画です。エドミルク社長室では、若井 (満島ひかり) が刑事の 池畑 (米村亮太朗) から 吾郎 (伊勢谷友介) 誘拐に関する尋問を受けています。「古井わかば」 という刑務官が存在しないことを問われた若井は…。

スポンサーリンク

「監獄のお姫さま」7話のあらすじ

2017年12月24日。

刑事がふたばに尋問を開始します。偽名を使っていたこともばれてしまいます。まずいと思ったふたばは、しのぶが刑務所を仕切っていたボスだったと作り話を始めます。そして、極悪の四天王がいたといってニックネームもはなしてしまいます。そして、3ヶ月前に社長に狙われてることを話して、極秘に守ることになったといいます。刑事はその話を信じます。

カヨたちは、ふたばの「ばれそう」というメッセージを見て会社に電話をしましたが、勇介の声を聞いてないてしまいます。まずいと思ったふたばは電話を代わってぼろくそに言い返します。

 

2014年。

長谷川検事(塚本高史)は、4回目の

「あんたが好きです。付き合ってください」

といいます。長谷川は獄中結婚を前提に獄中交際をお願いしますといいます。ところが、あと二年半、刑期があると聞くと「一度持ち帰っていいですか」になってしまいます。ただ、同情じゃなくて、刑務所にくるたびにどきどきしていたといいます。

雑居房では、吾郎をどうやって捕獲するか作戦を考え始めます。カヨはきちんと法的措置をとって法廷で自白させるべきだといいます。目的は姫の無罪を獲得することです。どうやって捕獲するかを考えてると、いつのまにかふたばがきいています。しかし、なにもそのことにはふれずに笑顔で去っていきます。

それから、いろいろな資格を取り始めます。決行はクリスマスのケーキ直売会に決まります。

そうこうしてるうちに、女優こと大門洋子(坂井真紀)が満期が来て釈放になります。

 

2017年12月24日。

女優が過去を話し出します。アイドルの大洋泉のファンだと言い出だします。すべての公演に行っていてお金が足りなくなった女優は、複数の男性と結婚するといって少しずつお金を出させます。ストーカー規制法で任意同行されて、結婚詐欺の余罪がどんどん出てきます。だましたお金は親が出してくれていたので、刑務所から出た女優は実家に帰れず、更正施設に入ります。そして、大洋泉がまだアイドルをしてると聞きます。

女優がそのライブに行って見ると、まだ同じことをしていましたが、まったく心はときめかなくなっています。刑務所の中ですごした時間が濃密過ぎたからです。それでも出待ちをして二人で居酒屋で気軽に話をすることができます。ただ、そのあとに、いきなりキスされそうになって逃げ出してきて実家に帰ろうと思ってると、恋神のドラマの撮影現場に出くわします。

 

2014年。

吾郎にどうやって自白させるかを考えています。実行犯のプリンスは、タイの刑務所に行ってしまっています。しのぶは、吾郎が高所恐怖症だといっていたとウソをついたといいます。そして、しのぶがひとりでパラセーリングしてるときに吾郎とプリンスは話をしていたといます。

スポンサーリンク

ふたばは、カヨが書いた復讐ノートが落ちてるのに気がついて全部読んでしまいます。

夕食のとき、カヨはノートを落としてしまったことに気がつきます。そのころ、ふたばはノートをコピーしています。

 

2017年12月24日。

カヨたちが、コンビニに食料を買いに行くと、ニュースでカヨたちのニックネームがばれてしまいます。長谷川はふたばが警察にばらして、潜入秘書なんじゃないかといいます。とりあえず、カラオケに隠れようというと、財テクがハニートラップ中だったことを思い出して、どこにもいけなくなってしまいます。

会社では、晴海が吾郎の居場所をふたばに聞いています。晴海は連れて行ってくれといいます。

(⇒8話のあらすじ

ドラマ「監獄のお姫さま」の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して「監獄のお姫さま」を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

「監獄のお姫さま」7話の感想

おもしろかったですね。今回は女優の過去が分かります。そして、カヨか書き溜めてきた復讐ノートがふたばが拾って、なぜかコピーをしています。来週あたりで、ふたばが今回の計画に加わった理由が判ってるような気がします。

それにしても、吾郎をどうやって自白させるのか、難しいですね。すでに、犯人と刑は確定して自分には何の関係も無くなっているのに、自ら罪をおかしましたとは言わないと思います。決定的な証拠が必要だと思いますが、あの4人ではむずかしそうです。

「監獄のお姫さま」のキャスト

  • 馬場カヨ 小泉今日子、夫を刺して服役
  • 若井ふたば 満島ひかり、刑務官
  • 板橋吾郎 伊勢谷友介、EDOミルク社長
  • 江戸川しのぶ 夏帆、板橋の恋人、通称姫、冤罪で服役
  • 大門洋子 坂井真紀、通称女優、横領や詐欺で服役
  • 足立明美 森下愛子、通称姉御、違法薬物不法所持で服役
  • 勝田千夏 菅野美穂、通称財テク、脱税などで服役
  • 小島悠里 猫背椿、通称しゃぶ厨、薬物中毒で服役
  • 長谷川信彦 塚本高史、検事
  • 板橋晴海 乙葉、板橋吾郎の妻
  • 板橋勇介 前田虎徹、板橋吾郎の息子
  • 馬場公太郎 神尾楓珠、馬場カヨのひとり息子
  • 護摩はじめ 池田成志、女子刑務所所長

7話以外のあらすじ

以上、ドラマ「監獄のお姫さま」の7話のあらすじと動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました