『監獄のお姫さま』の5話のあらすじ(ネタバレ)と動画。刑務所で子育て?

ドラマ「監獄のお姫さま」5話のあらすじ(ネタバレ)と感想と、無料動画です。板橋吾郎 (伊勢谷友介) が行方不明になってから3時間が経過しようとしています。そんな中、弁護士が動画サイトで吾郎の姿を発見します。それは、カヨ (小泉今日子) たちが “爆笑ヨーグルト姫事件” の裁判やり直しを要求するため、吾郎に文面を読ませたものです。

スポンサーリンク

「監獄のお姫さま」5話のあらすじ

現代。

板橋吾郎 (伊勢谷友介) が行方不明になってから3時間が経過しようとしています。そんな中、弁護士たちが動画サイトで息子の脅迫文を読んでる動画を見てると、吾郎が椅子に座らされてなにかをしゃべってる姿を発見します。

「こんばんは、板橋吾郎です。ご覧の通り、おばさんに誘拐されています。爆笑ヨーグルト事件の裁判のやり直し、それがおばさんの要求である」

と、カヨ (小泉今日子) たちが吾郎に文面を読ませたものです。

監禁してる倉庫では、年間2件しかないという再審の難しさを訴える検事の 長谷川 (塚本高史) は自白じゃなくて証拠が必要だと言います。その証拠を見つけ出すのが長谷川の役目だといわれてしまいます。

 

2012年夏。

江戸川しのぶ(夏帆)が男の子を生んだと知らせがきます。そして、しゃぶ厨(猫背椿)が仮釈放されていきます。社会で連絡を取り合わないように突然知らせられるということです。

カヨたちは一箇所に集められて美容師、看護士、保育氏などの資格を取るという話を聞いています。ふたばは美容資格をもっていて、その話をします。ふたばの父親は、同じ刑務官で栃木の北関東刑務所に勤めています。ふたばは、2ヶ月にいっぺんその刑務所に父親に会いに行ったついでに髪の毛を切ってもらっています。そこにいた刑務所の囚人の美容師が好きだったからです。あるとき「仮釈放」されて出て行ってしまいましたが、また帰ってきたそうです。そのときに、なんとなく事情はわかったけど、美容師になりたいと思って資格を取ったということです。ただ、普通の美容師はチャラくてなじまなかったので、刑務官になったとはなします。カヨだけが美容コースをとります。

しゃぶ厨が出て行くのと入れ替わりにしのぶがあかちゃんをつれて帰ってきます。

 

現代。

吾郎がついに、勇介は自分としのぶの子供だと告白します。

 

2012年。

しのぶは所長の前に連れて行かれて子育てをどうするのかと聞きます。しのぶはいっしょに暮らしたいと言いますが所長たちに反対されます。ふたばもはじめは反対していましたが、囚人達のメンタルにもよいので全国のモデルケースにもなるし、いっしょに暮らすほうが良いんじゃないかと所長を説得します。

それから、カヨたちが協力し合って勇介を育てていきます。

ある日、カヨに夫が面会にやってきます。子供に会いたいといいますが、学校でいじめられてるようだからつれて来れないと言われます。

スポンサーリンク

2013年正月。

しのぶや勇介たちといっしょにお正月を迎えています。しのぶは、昨年は拘置所で子供を生むか裁判するのか迷っていたと言います。無実はわかっていたのですが、勇介を守るために刑務所に入ったと言います。

勇介が1歳になります。しのぶは所長に法律では1歳半までしか保育はできないので、どうするのか聞かれます。しのぶは、乳児院に預けるのではなくて、母親に手紙を書くと言います。手紙が母親に届くとすぐにやってきます。そして、母親にぜったいに勇介を吾郎に渡すなと念を押します。

しばらくして、母親が迎えに来ます。勇介は泣き止みませんでしたがカヨたちがあやして何とか、母親に渡すことができます。母親が車まで連れていくと、ふりかえって「ごめんなさいね」とつぶやきます。すると、助手席から板橋吾郎が出てきます。泣き叫ぶ勇介を抱いて車に乗り込みます。

(⇒6話のあらすじ

ドラマ「監獄のお姫さま」の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して「監獄のお姫さま」を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

「監獄のお姫さま」のキャスト

  • 馬場カヨ 小泉今日子、夫を刺して服役
  • 若井ふたば 満島ひかり、刑務官
  • 板橋吾郎 伊勢谷友介、EDOミルク社長
  • 江戸川しのぶ 夏帆、板橋の恋人、通称姫、冤罪で服役
  • 大門洋子 坂井真紀、通称女優、横領や詐欺で服役
  • 足立明美 森下愛子、通称姉御、違法薬物不法所持で服役
  • 勝田千夏 菅野美穂、通称財テク、脱税などで服役
  • 小島悠里 猫背椿、通称しゃぶ厨、薬物中毒で服役
  • 長谷川信彦 塚本高史、検事
  • 板橋晴海 乙葉、板橋吾郎の妻
  • 板橋勇介 前田虎徹、板橋吾郎の息子
  • 馬場公太郎 神尾楓珠、馬場カヨのひとり息子
  • 護摩はじめ 池田成志、女子刑務所所長

5話以外のあらすじ

以上、ドラマ「監獄のお姫さま」の5話のあらすじと動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました