『監獄のお姫さま』の4話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。姫が妊娠?

ドラマ「監獄のお姫さま」の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想と、無料動画です。カヨたちの雑居房に爆笑ヨーグルト事件の姫がやってきます。カヨは姫が妊娠してることに気がつきます。なんとかふたばにつたえようとしますが・・・

スポンサーリンク

「監獄のお姫さま」4話のあらすじ

2012年初夏。

カヨ (小泉今日子) の夫・武彦 (赤堀雅秋) が突然面会に来ます。5年生になる息子の様子を話しながらも、事件に対して怒りも恨みもなく、自業自得だったとカヨに詫びます。ですが、武彦は一方的に離婚届を出して帰ろうとします。 「息子に会いたい」 と願うカヨに、何も答えませんです。

 

2017年12月24日。

縛られた吾郎(伊勢谷友介)に、カヨたちは、子供の勇介の母親の名前を聞いていましたが、吾郎が晴海(乙葉)だというと、再び手や足を結束されてしまい本当の母親の名前は誰だとふたば(満島ひかり)に聞かれます。

そのとき、カヨに電話がかかってきます。検事の長谷川(塚本高史)です。すぐにこの倉庫の場所に来いといって電話を切ります。

 

2012年初夏。

カヨは姫の妊娠をふたばに告げようとしますが、ふたばが忙しくて取り合ってはくれませんです。しかたなく、体操のときに大騒ぎして独居房にいきます。ふたばがきて二人きりになると、妊娠になったらどうなるのかと聞きます。そして、姫が妊娠してると告げますがふたばは番号じゃないとわからないといわれてしまいます。そして、縫製工場から経理工場に配属転換になります。そこは千夏(菅野美穂)が働いていて、給食を作ってる工場です。

カヨは作業しながら姫は冤罪で入っているらしいと聞きます。姫以外にも、姉御(森下愛子)も罪をかぶって入ってると聞きます。姉御はクラブのホステスから関東極端会三代目組長足立鉄也(高田純次)に見初められて極道の妻になります。ある日、夫の足立鉄也にはめられて麻薬の売買をしたことになってつかまってしまいます。そして出たら再婚しようと足立鉄也に言われて離婚もしてしまいます。

ある日、姫の妊娠が所内にわかってしまいます。出産日は7月末です。

所内にはかん口令がしかれて、カヨたちに誰にも言うなと命令されます。ふたばたちが出て行くと、カヨたちは姫の妊娠について話し合います。千夏は妊娠がわかっていたんで、吾郎に気づかれたくないので控訴せずに刑務所に来たんだろうと言います。そして吾郎はなぜ姫を犯人したのかとカヨが聞くと、千夏は姫がいると吾郎が社長になれないからだと言いいます。全員が納得します。

そのとき、TVのブランチに吾郎がちょうど出ています。みんなで盛り上がってみてると、カヨに面会が来ます。行って見ると、検事の長谷川です。先月、子供が面会に来たのですが面会回数オーバーで追い返されたと報告にきたんです。カヨはそれを聞いて、今月ももう会えないと気づいて長谷川に怒ります。そのまま雑居房に帰ろうとしましたが、長谷川に再審請求のことを聞きます。

 

2017年12月24日。

長谷川が倉庫にやってきます。長谷川は酔っ払っていましたが板橋吾郎に気がつきます。びっくりしてると、ふたばが「結束!」と叫んで長谷川は近くの階段に縛り付けられてしまいます。

そして千夏が吾郎の前に立って、昔の父親の話をし始めます。千夏の父親や工場の社長でしたがバブルに乗り損ねて借金を残して蒸発してしまいます。母親はいくつも仕事をして千夏たち兄弟を育てます。高校のときに同級生相手に高利貸しを始めて20歳で経済アナリストになります。

 

2012年初夏。

カヨの面会が終わると、千夏に面会があります。父親(ベンガル)です。千夏のことを雑誌にリークしたのは父親です。こりもせず輸入食材の会社を立ち上げて千夏のブログで紹介してくれと言ってきます。千夏は、タイムマシンがあったら生まれる前に戻って母親と父親を絶対にあわせないと言い捨てて出て行きます。

スポンサーリンク

千夏は給食の味見をしながら、昔のことを思い出しながら、「そうでもないか」とつぶやきます。

次の日、姫が洋裁工場に復帰します。雑居房は今までと同じままです。姫はゆるきゃらを書いています。名前は勇介君です。そして、

「嘘ついてごめんなさい。わたし、この子を守るためにここに来たんです」

 

2017年12月24日。

カヨは、そのときのことを五郎に話して、

「わかった?勇介君の名付け親は姫です。私達は証人です」

「つまり、姫が服役中に産んだ子です」

「認めますね、社長」

 

2012年初夏。

姫は陣痛が来て救急車で運ばれていきます。

(⇒5話のあらすじ

ドラマ「監獄のお姫さま」の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して「監獄のお姫さま」を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

「監獄のお姫さま」4話の感想

おもしろかったですね。このドラマは、ストーリーを追いかけるのではなくて、おばさんたちの会話を楽しむものではないでしょうか。なので、男性は、見ていても面白くないと思います。

とは言え、だいぶストーリーとなぞが出てきます。なぜ姫は吾郎に隠れて産もうとしたのか?さらにはその子が今、吾郎と晴海がなぜ育てているのか?晴海は自分の子供でないのに本当の親子みたいに接してるのはなぜ?など細かいなぞが出てきます。もしかしたら、同時期に晴海が出産していたのですが流産してしまったのかもしれません。そのあたりが来週から明かされますので楽しみです。

また、しゃぶ厨こと小島悠里(猫背椿)が全く出てきませんし、姫の冤罪をどうして自分たちで犯罪を犯してまで明らかにしようと思ったのか?です。ふたばは刑務官だったのに、その仕事をなげうって犯罪に加担しています。どんないきさつなのか、そのあたりは、徐々に来週から明らかになってくと思います。

とは言え、合コンのときの満島ひかりさんは最高です。あれだけ二面性がある女性は最高なのではないでしょうか。それを演じることができる満島ひかりさんもすごいとおもいます。

おそらく、最終回では、みんな仲良くおなじ雑居房で食事をするシーンで終わると思いますが、EDOミルクは姫が社長になっていてもらいたいですね。

「監獄のお姫さま」のキャスト

  • 馬場カヨ 小泉今日子、夫を刺して服役
  • 若井ふたば 満島ひかり、刑務官
  • 板橋吾郎 伊勢谷友介、EDOミルク社長
  • 江戸川しのぶ 夏帆、板橋の恋人、通称姫、冤罪で服役
  • 大門洋子 坂井真紀、通称女優、横領や詐欺で服役
  • 足立明美 森下愛子、通称姉御、違法薬物不法所持で服役
  • 勝田千夏 菅野美穂、通称財テク、脱税などで服役
  • 小島悠里 猫背椿、通称しゃぶ厨、薬物中毒で服役
  • 長谷川信彦 塚本高史、検事
  • 板橋晴海 乙葉、板橋吾郎の妻
  • 板橋勇介 前田虎徹、板橋吾郎の息子
  • 馬場公太郎 神尾楓珠、馬場カヨのひとり息子
  • 護摩はじめ 池田成志、女子刑務所所長

4話以外のあらすじ

以上、ドラマ「監獄のお姫さま」の4話のあらすじと動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました