『監獄のお姫さま』の最終話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。カヨたちが逮捕?

ドラマ「監獄のお姫さま」最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク

「監獄のお姫さま」最終話のあらすじ

2017年12月25日、検事の長谷川(塚本高史)は沖縄に来ています。長谷川は、爆笑ヨーグルト姫事件の元になった動画に、しのぶの頭にカメラがついていたのを見つけたんです。それを手に入れれば証拠になると考えたんです。パラセーリングの会社にいってカメラの事を聞くと警察に押収されたけどSDカードはあるといって出してきてくれます。見てみると、100個以上のSDカードがあります。二人で調べてると、この件が終わったら馬場カヨにプロポーズするつもりだと長谷川がいっています。すると、いきなり、しのぶのカメラのSDカードをみつけます。しのぶは、吾郎の体を見て爆笑していたのがわかります。

一方、吾郎を監禁してる倉庫では、タイ人のプリンスに話を聞いていましたが、「しのぶにたのまれてやった」としか言いませんです。吾郎が今でもお金を送ってきてるようです。しかも、吾郎はプリンスに自分の名前もしのぶだと言っていたんです。

しかたなく、おなじようにずっと質問を続けてると、吾郎が、しのぶは罪を自分にかぶせようとしてるだけだと言い出します。それを聞いていた晴海は「そんなことを言う資格はない」と怒り出します。すると、吾郎は晴海もしのぶにだまされてると説得し始めます。

そして、今開放されれば、誘拐も監禁も何も被害届は出さないと言い出します。ただ、クリスマスイブにおばさんたちと遊んでいたことにするといいます。すると、ふたばが吾郎の前にやってきて「参りました」と頭を下げます。ふたばは笛を吹いて「撤収!」とさけびます。吾郎をそのままにしてカヨたちはいっせいに逃げだします。

 

しばらくして、吾郎が助け出されて倉庫の前で記者に取り囲まれます。吾郎は、「犯人は断じて許しません。弁護士を通じて被害届を出しました」と堂々と話します。

そして、カヨ、姉御、女優、ふたばが逮捕されます。千夏は、自ら警察に出頭して、なぜかスマホを片手にもって天に向かって突き上げます。

 

2018年1月15日。拘留期限の日。長谷川がカヨのところに面会にやってきます。長谷川は吾郎が被害届を取り下げたことと、吾郎に逮捕状が出たことを告げます。長谷川がみつけたカメラの動画が証拠になったということです。

 

2018年4月。吾郎の裁判が始まります。吾郎と一緒にしのびも法廷に入ってきます。検事は長谷川です。長谷川は、動画を見せます。しのぶのカメラには吾郎の頭についていたカメラが移っています。そして、同じようにして吾郎のカメラの何百枚もあるSDカードの中から問題の動画を見つけたといいます。そこには、プリンスに凶器となったナイフを拾わせてるところとか、ホテルで声をかけろとか、時間になったら突き落とせと言ってるところがばっちり移っています。

実は、ふたばが「参りました」という前に、その動画を長谷川から送ってもらって見ていたんです。証拠が手にはいったと全員が確信してその場を引き上げて逮捕されたんです。その上で、千夏がその動画が入ってるスマホを警察に提出したんです。

法廷の長谷川が、「プリンスに犯行を依頼したのはあなたですね」と吾郎に聞くと、汗まみれの吾郎は「うん」とうなずきます。

法廷は休憩が入って、午後になると弁護士からの質問になります。

吾郎は、かつて江戸川乳業のCMでちび社長をやっていたことをはなします。そして、リストラされたことで、江戸川乳業に入って出世することを心に決めたといいます。そして、社長になるためにしのぶと付き合い始めたといいます。

そして、再び長谷川のプリンスへの尋問になります。ホテルでしのぶと話をした後に海岸に行ってナイフで刺して落としたといういと、吾郎が鞘は海に捨てたと思わず言ってしまいます。しばらく考えた長谷川は、ナイフでユキを刺したのが吾郎だと気づいて、吾郎に「あなたが刺したんですか?」とききます。何も答えないので、プリンスに聞こうとすると、「凡人には任せられない」と言って、吾郎が出てきてプリンスを押しのけていすに座ります。

実は、ユキと話をしてるうちに興奮して鞘を触ってしまい海に投げ捨てたんです。そして、背中の傷は吾郎が自分でつけて、そのあとにユキを刺してがけから突き落としたんです。

それを法廷で全部自分で話します。

最後に証人からと言われて、しのぶは、

「かわいそうな人だなって思います。どうでした?社長になった気分は、満たされましたか?かわいそう。誰のことも自分のことも愛せない。悲しい。悲しい人だ。6年間、無駄に過ごしたとは思ってません。当たり前だと思っていたことが身にしみます。人の善意とか、やさしさとか、弱さとか、あと、お節介とか。だって信じられる?知らないおばさんだよ。赤の他人の刑務所に入らないと絶対にあえない、犯罪者のおばさんだよ。でも、信じてみた、信じるしかなかった。人を信じたおかげでわたしは今、ここにいます。経験値だいぶあがります。でもつらかった。なんでわたし?わたしだけ?」

スポンサーリンク

そういうと、吾郎が「すまなかった」といいます。それを聞いたしのぶは

「あやまらないで、こんなところで、かんたんにあやまって終わらせないで。わたし達が経験した苦しみ、あなたは知らないでしょ。あなたが経験する苦しみ、わたしたちはしっています。しっかり罪を償ってください。以上」

と話します。

ふたばは、廊下で待っていた晴海に吾郎がすべて自供したとつたえます。「あなたにとっては余計なお世話でした」といって謝ります。

閉廷したあと、カヨが「69番願います」と手を上げて円陣を組みます。そして、「更正したぞ!」とみんなで叫びます。

吾郎には無期懲役が求刑されます。

 

女優はエキストラ会社に所属して、ドラマにちょくちょく出るようになります。カヨは千夏の専属メイクになり、長谷川からプロポーズされています。ふたばは、所長の計らいで自立と再生の女子刑務所に支援員として再就職します。

そして、しのぶが6年ぶりに釈放される日になります。門の前に見んなそろって迎えに来ます。そこに晴海に連れられた勇介もやってきています。勇介がしのぶの前に来ると、

「おばさん、だあれ?」

といいます。カヨは「お姫様よ」というと

「へ~、はじめまして、お姫様」

と勇介がいいます。しのぶは勇介を抱きしめます。しのぶと勇介、晴海は3人で手をつないで歩いていきます。

3ヵ月後、しのぶは、EDOミルクあらため江戸川乳業の5代目社長になります。

(おわり)

ドラマ「監獄のお姫さま」の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して「監獄のお姫さま」を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

「監獄のお姫さま」最終話の感想

おもしろかったですね。結局、長谷川検事が問題のカメラのSDカードを見つけてくれたおかげで冤罪が証明されて、しのぶが出てくることができます。吾郎は無期懲役になりましたが、ある程度たったら出てくるのかもしれません。すると、ふたたび、しのぶや晴海が洗脳されるかもしれませんね。

とはいえ、しのぶが社長になった江戸川乳業は遅かれ早かれつぶれてしまうかもしれません。今のような立派な会社になったのは、吾郎のおかげだと思います。そのことをわかっていたら、わざわざ犯罪を犯すよりも、待っていた方が良かったように思います。なぜ、犯罪を犯してしまったのかというと、冷静ではなくなってしまったからです。昔の恋人が出てきてしまったので勝手に妄想して暴走してしまいます。

どんな局面でも、どんな場合でも、「冷静に」と考えることがとても大切だと思います。仕事がうまくいかないとき、恋人にきらわれそうなとき、心の中で「冷静に」と考えてみましょう。そして、もう一つ、素敵な言葉があります。それは、「逆に」です。

何かトラブルが起きると、どうしてもそのトラブルに向かって真っすぐにしか考えられなくなります。「冷静に」と考えてもそれを解決するにはひとつの方法しかないような気になってしまいます。そんなときに、「逆に」と考えてみましょう。そうすることで、別な方向から考えることができます。

吾郎の場合は、ユキのことが義理の父親に伝わってしまったときに「逆に」と考えていれば、他の方法があったかもしれません。例えば、左遷されたところで何もしなければ、おそらく会社は赤字になりますから1年後くらいには頭を下げて戻ってきてくれというかもしれません。または、一生けんめいに謝ることで好感度がアップさせるという方法もとれたかもしれません。

まずいことが起きたときにはまず「冷静に」と唱えてから、「逆に」と唱えてみましょう。意外に良いアイデアが生まれてくるはずです。

最終話以外のあらすじ

以上、ドラマ「監獄のお姫さま」の最終話のあらすじと動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました