『監獄のお姫さま』の1話のあらすじ(ネタバレ)と動画。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で!

10月17日の夜10時から始まる新ドラマ「監獄のお姫さま」のキャストと1話のあらすじ、感想、スタッフなどを紹介します。脚本は宮藤官九郎で、主演は小泉今日子さんです。いまだかつてないクライムエンターテインメントです!

スポンサーリンク

「監獄のお姫さま」1話のあらすじ

年の瀬も押し迫ったクリスマスイブ。

カリスマ経済アナリストとして有名な 勝田千夏 (菅野美穂) とイケメン社長として人気を集める 板橋吾郎 (伊勢谷友介) は、生放送のテレビ番組にゲスト出演しています。収録中にADが出したカンペに “息子が誘拐された” と書いてあり驚いた吾郎はMCのコトバも上の空になってしまいます。

実は、スタジオに入り込んだ 馬場カヨ (小泉今日子) がすり替えたものです。五郎が朝、マンションから出て行くところから、すべて勝田千夏 、 大門洋子(坂井真紀)、足立明美(森下愛子)たちによって計画されたもので、五郎の息子は、洋子が誘拐しています。

番組CM中に、吾郎が妻の晴海(乙葉)に電話すると、息子の勇介(前田虎徹)といっしょに戦隊ショーを見ているということで安心します。

カヨが洋子に確認してみると、服装はいっしょでしたが、丸っきりの別人です。カヨが収録中の千夏にカンペで報告すると、千夏は吾郎をホテルに連れ込みます。

カヨと洋子、明美の3人でファミレスでどうするか相談して、ふたば(満島ひかり)に連絡すると、妻の晴海は美容院を予約していてそこにいるという情報を得ます。カヨたちは、その美容院にいって勇介を誘拐することができます。

明美は着物に着替えて競馬場に行って吾郎といっしょにVIPルームで競馬をしています。吾郎は学校を作るのが夢なので、融資してくれと明美にお願いしています。そこに、秘書のふたばから吾郎に電話が来て、勇介が誘拐されたので本社にすぐに帰ってきてくれといわれます。

吾郎が本社に戻ると、妻の晴海が泣き崩れています。会社の幹部も集められて対策を考えさせられましたが、日曜日なのでお金はすぐに用意ができないということです。

 

勇介は、カヨたちのアジトに連れてこられて、クリスマスのプレゼントをもらっています。そこに、吾郎からの電話が明美にあります。学校の話が急に進んだので、夜までに2000万円用意してもらいたいということです。明美は、用意しておくと答えてきります。その次は、千夏にかかってきて、3000万円用意すると答えます。吾郎は身代金を用意しようとしてるようです。

カヨは、身代金ではないこちらの要求を伝えようといって、じゃんけんすると、カヨが電話をすることになります。要求は、

  • 警察に通報すること
  • 夕方5時半のイベントの囲み取材で、すべてを正直に話すこと

の二つです。「カメラの前ですべてを白状しなさい。すべての罪を」とカヨが言うと、吾郎は自分で電話を切ってしまいます。そして、警察には知らせないといって、「絶対に、金で解決する」と周りのひとに話します。

実は、6年前の2011年に、江戸川乳業では後継者争いが起きます。三代目の社長が病気になって、社長のひとり娘の江戸川しのぶ(夏帆)と副社長の吾郎の間で社長の座を争うことになったのですが、吾郎としのぶは付き合い始めます。ただ、吾郎には恋人がいたのですが、遺体で発見されます。実行犯が捕まりますが、しのぶからお金をもらってやったと証言したので、しのぶが逮捕されて刑務所に行ってしまったのです。つぶれかかった江戸川乳業を、社名をEDOミルクに変えて業績を持ち直したのが社長になった吾郎です。その後、吾郎は自社のCMタレントと結婚します。

夕方のイベントが終わりましたが、吾郎は一切何も話しませんです。ふたばは作戦延長を指示します。カヨは変装してステージに上がりましたが、電話がかかってきます。すぐにステージを下りて電話に出てみると、検事の長谷川(塚本高史)です。カヨからEDOミルクのことで手紙をもらったといってきます。見に覚えのないカヨはとりあえず忙しいといって切ります。

吾郎が会社に戻ると、警察が来ています。幹部が通報したようです。吾郎がその幹部を怒ってると、電話がかかってきます。出てみると、息子の勇介です。電話が切れた後、本人ではなくて犯人たちが操作混乱のためにかけてきたんだと推測します。

警察は、6年前の事件のことを聞き出しますが、吾郎は怒ってそれは関係ないといいます。そしてお金はいくらでも出すからと土下座します。

 

その頃、カヨはひとり息子の公太郎(神尾楓珠)にケーキを渡して、「今度はもっとながくなるかもしれない」と言って分かれます。公太郎は、カヨの後姿に「もう怒ってないからね」と声をかけます。

スポンサーリンク

EDOミルクでは、吾郎がふたばに、自分のうわさを聞いてるかと聞いています。黒いうわさならさっき聞いたというと、誰が言ってるのかを教えてくれと言って、そういう情報を集める仕事をしてくれと頼んでいます。そこに、晴海が出てきて、犯人からお金の要求があったと叫びます。同時に吾郎に明美から電話が来て、2000万円用意できたといわれます。ふたばはすぐに会員制バーを予約して、吾郎はそこでお金を受け取ります。

吾郎が明美のネイルに気がつきます。1本ずつ、明美や佳代達の顔がはってあります。バーテンダーは、洋子です。吾郎はあせってバーを出てエレベーターに乗ると、カヨと千夏がいて、二人に教われます。駐車場まで逃げてくると、ふたばがいます。吾郎はふたばに助けてくれと後ろに回ると、ふたばは特殊警棒を取り出して、冗談に構えます。そして、振り向きざま吾郎の頭をうちつけます。

倒れた吾郎に、ふたばは駆けつけた佳代たちに号令して縛り付けます。最後は、スタンガンで気を失わせます。

吾郎が目を覚ますと、サンタの衣装を着ていて、カヨたちのアジトの中で縛られています。足元には爆弾が縛られています。そして、勇介は解放されます。吾郎は会社に電話をさせられて、開放されたことを警察に話します。カヨは吾郎に

「姫のことについて聞きたいことがあります」

といいます。ふたばは、覆面した勇介が話してる動画を見せます。

「われわれは、6年前に起こった爆笑ヨーグルト姫事件の裁判のやり直しを要求します」

カヨは、

「ヨーグルト姫事件の真犯人はあなたですね」

と吾郎に言います。

(⇒2話のあらすじ

ドラマ「監獄のお姫さま」の1話から最終回までの全話を、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで見れます。パラビは月額1,017円(税込)でTBSとテレビ東京、WOWOWのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料体験をしていますので、それを利用して「監獄のお姫さま」を無料で見れます。詳しくはこちらから。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

「監獄のお姫さま」のキャスト

  • 馬場カヨ 小泉今日子、夫を刺して服役
  • 若井ふたば 満島ひかり、刑務官
  • 板橋吾郎 伊勢谷友介、EDOミルク社長
  • 江戸川しのぶ 夏帆、板橋の恋人、通称姫、冤罪で服役
  • 大門洋子 坂井真紀、通称女優、横領や詐欺で服役
  • 足立明美 森下愛子、通称姉御、違法薬物不法所持で服役
  • 勝田千夏 菅野美穂、通称財テク、脱税などで服役
  • 小島悠里 猫背椿、通称しゃぶ厨、薬物中毒で服役
  • 長谷川信彦 塚本高史、検事
  • 板橋晴海 乙葉、板橋吾郎の妻
  • 板橋勇介 前田虎徹、板橋吾郎の息子
  • 馬場公太郎 神尾楓珠、馬場カヨのひとり息子
  • 護摩はじめ 池田成志、女子刑務所所長

「監獄のお姫さま」のスタッフ

「監獄のお姫さま」のスタッフは、

  • 脚本 宮藤官九郎
  • 演出 金子文紀
  • 主題歌 安室奈美恵「Showtime」

脚本の宮藤官九郎さんは、1970年生まれの47歳の脚本家、俳優、映画監督です。作詞や作曲など多くのことをされています。日本大学芸術学部を中退されたあと、松尾スズキさん主宰の劇団「大人計画」に所属されて、バラエティ番組の放送作家をされて芸能界にはいられます。「木更津キャッツアイ」や「タイガー&ドラゴン」などの脚本家として有名になって、多くのドラマの脚本を書かれています。朝ドラの「あまちゃん」の脚本をかかれて多くの賞を受賞されています。2019年の大河「いだてん」の脚本を手掛けることになっています。最近では、「ゆとりですがなにか」映画「謝罪の王様」「土竜の唄」「TOO YOUNG TO DIE!」などを書かれています。

演出の金子文紀さんは、1971年生まれの46歳の演出家、映画監督です。宮藤官九郎さんの脚本を良く演出されています。最近では、「逃げ恥」「カルテット」「あなたのことはそれほど」などを演出されています。

各話のあらすじと視聴率

以上、ドラマ「監獄のお姫さま」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)と動画、感想やスタッフなどの情報です。

スポンサーリンク


コメント

  1. […] 。2000年の映画「バトル・ロワイヤル」で知名度が上がられました。最近では、「スーパーサラリーマン左江内氏」「コック警部の晩さん会」「監獄のお姫さま」などに出られています。 […]

タイトルとURLをコピーしました