『過保護のカホコ5話』のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。正高が家出!

ドラマ『過保護のカホコ』の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。正高のおかげでカホコは初と再び合えることになります。そんな正高の苦労を知らないカホコと泉は言いたい放題です。それにキレた正高は家を飛び出します。

スポンサーリンク

ドラマ『過保護のカホコ』の5話のあらすじ

カホコ(高畑充希)と泉(黒木瞳)が都合のいい時にだけ自分を頼り、スポンサーとしか思っていないことにキレた正高(時任三郎)は家を飛び出してしまいます。翌朝、正高はいませんでしたが、カホコと泉は、今までと同じような生活を繰り返しています。カホコは正高に連絡したほうがいいと泉に言いますが、ほっておいて大丈夫だと言います。そして、みっちり反省させるために、絶対にカホコから「帰ってきて」と言っては駄目だと念を押します。

正高は、実家に帰っています。正高は、どうせ泉のほうから謝りに来るから大丈夫だと教子(濱田マリ)に言ってます。

カホコはいつものように泉に送っていってもらうと、初(竹内涼真)から「お願いしたいことがある」とメッセージが来ます。笑顔でそれに答えてるカホコを見た泉は、「友達だったら会う必要ないんじゃない?男と女には友情は成立しないから」と余計なことを言いましたが、カホコは笑顔で車を降りていきます。

カホコが初の研究室に来ると、初にモデルになってくれと頼まれてソファにねころびます。そこに泉からメッセージが来ます。初に父親が出て行ったことを言うと、やっぱりそのうち戻ってくるから何もしなくていいといわれます。両親に愛されて育ってきたカホコにはわからない世界です。カホコが初の両親の事を聞くと、父親は小さい頃に亡くなって、母親は家を出て行ってしまったということです。それを聞いたカホコは複雑な表情で初のことを見ています。

カホコがコンビ二に買い物に行くと、コンビニのチャージがなくなっていて買い物できませんです。正高に連絡しようとしましたが、思いとどまります。

その夜、正高が会社を出ると、カホコからメッセージが来ます。

「パパ、カホコは過保護だと思う?」

正高は正直に言うのが一番だと思って、

「今までハッキリいえなかったけど、そう思う。もちろん、パパにも責任があるけど」

と返します。

カホコからは、「そうなんだ、ありがとう」とだけ返ってきます。正高はカホコに電話をしようとしてると、泉から電話がかかってきます。謝りの電話かと思いましたが、聞こえてきたのは、生活費をいれてくれという言葉です。さらに、「明日は夕飯いるの?」と聞いてきます。

正高は、「いるわけねえだろー」と言って切ります。<二度と帰るか!>と心の中で叫びながら、実家に向かって歩き出します。

 

翌日も、カホコはモデルをしていましたが、悩んだままの顔しかできないので休憩になります。そこで、世の中にはひどい家で育った人がたくさんいるし、カホコがどれほそ恵まれているかわかったと初に言います。でも、正高に泣いて帰ってきてと頼んでも解決にならないから、どうやったら帰ってくるのかわからないと言います。初は、ほっとけと言いますが、カホコは納得しません、初は、いなくなったほうが親離れできると冗談を言うと、カホコは落ち込んでしまいます。初は、

「俺が言いたいのは、物事にはなんでも意味があるってことで、神様はこういってるかもしれないだろ。『いい加減親に甘えるのはやめて、将来のことをちゃんと考えたほうがいい!』。人を幸せにしたいって言ってたけど、お前何もしてないだろ。だったら、自分にできることを探してみたらどうだ。いろんな場所で働けばやりたいことが見つかるかも」

カホコは、初の言葉に目が覚めたようにうなずきます。

その日の夜、アルバイトをネットで見つけてると、泉が入ってきます。泉にバイトをしていいかどうか聞きます。泉は、あした学生課に行って一緒に探そうと言われてしまいます。

翌日、一緒に行って、近くの小学校の学童保育のアルバイトを紹介してもらいます。学童に行って詳細を聞きましたが、すべて泉が話して勝手に決めてしまいます。さっそくその日から学童保育で清掃などのケアワーカーとして働き始めます。カホコは張り切ってはじめますが、学童の外側からカホコに見えないように泉がずっと見守っています。一人の女の子が転んで泣き出すと、泉が飛び出てきて女の子を慰め始めます。

泉と一緒に家に帰ってくると、「やっぱり、カホコには無理なんじゃないかな?」と言われます。カホコはがんばると言いますが、「そんな甘いもんじゃないよ、モンスターペアレントがたいへんなんだから、耐えられる?耐えられないよね」と全力で説得を始めます。

その頃、正高はカホコに会いたくて、自宅マンションの玄関の横に来ています。そこに、カホコが降りてきて、正高に気づかずに、もうダッシュでどこかにいってしまいます。

 

カホコが駆け込んだのは、病院です。おばの環(中島ひろ子)が喘息が出て入院してしまったんです。原因は衛(佐藤二朗)がお酒を飲みだしてしまったことだと言います。衛は毎日の仕事でやりきれなくなって飲んでしまったとこぼします。そこに、糸(久保田紗友)の父親の厚司(夙川アトム)がやってきて、糸が逮捕されてしまったので、衛に何とかしてもらえないかと言ってやってきます。

カホコと衛、厚司、節(西尾まり)の4人で警察署に糸を引き取りに行きます。糸は出会い系で知り合った男性とホテルに行くことでもめて補導されたようです。節がつらいのはわかるけどいい気になって何やってるの?と言うと、

「べつに、誰と付き合おうがあんたたちに関係ないし」

節は糸のほっぺたをひっぱたきながら、「何その態度、親に向かって」というと、

「わたし、あんたたちなんか、親と思ってないから。いったいどうしたらそんな退屈な人間になれるの?自分で恥ずかしいと思わないの?正直、顔も見るのもうんざりなの、行っとくけど、しんでもあんたたちみたいな大人にならないから」

カホコも衛も声をかけようとしましたが、「もう帰っていいんですよね」と言ってさっさと歩いていってしまいまいた。節と厚司はその後を追いかけていきます。

 

翌日、初の研究室出モデルをしながら、カホコは眉間にしわを寄せた厳しい顔をしています。初は、その顔を見て中止します。初は、わけを聞くと、

「ほっとくしかないだろ。お前が何かできる問題でもないし」

「初くん、もう一回糸ちゃんに会いに行ってよ」

「うーん、無理だと思うよ。この前、結構ひどいこと言っちゃったからね」

それでも行ってくれといいますが、無理だと言って、「それよりも泉から親離れするのはどうなった?」と聞くと、カホコは悩んでしまいます。初は、「カホコのことはほっといて」と泉に言えといいますが、カホコは「大好きだから、そんなこといえないよ」と反論します。初は、「だったら、このまま一生そのままでいろ!」と怒ります。

カホコはいっしょにお弁当を食べようと言って取りに行くと、前から気になっていた使いかけの赤い絵の具に気がつきます。初にきくと、捨てろと言われます。そして、夜にバイトあるから帰れと言われてしまいます。

 

カホコが、祖父の福士(西岡徳馬)の家に行くと、福士は腹が痛いといって寝ています。病院は嫌いだと言っていた福士は、カホコに言われていくことにします。

福士が着替えに言って二人きりになったカホコは、初代にどうすればいいのかを聞きます。初代はカホコが大人になったと言って喜んでくれます。それも初のおかげかな?というと、カホコは初にも何かしてあげたいと言います。初代は、昔泉にも同じ事を聞かれたと言って微笑みます。そして、お弁当を作ってあげたら?と言っておにぎりを作ることになります。そこに、泉から<迎えは何時にする?>と言うメッセージが来ます。カホコは初代の顔を見て笑顔になって、

<今日、迎えは大丈夫。ちょっとおそくなるし、一人で帰れるから>

と返します。カホコはそのまま、初代のところでおにぎりを作り始めます。

初代は、カホコから少しはなれたところで、泉に電話をします。

「カホコのことなんだけど、あんたが誰よりもカホコを愛してるのはわかるんだけど、もう22才だし、そろそろすきにさせてやったら?」

「なに?また文句?」

「そうじゃないけど、このままだとあの子、社会に出てもやっていけないわよ。それとも、昔はあんなに成長を願っていたのに、今は、娘が成長しないといいとでも思ってるの?」

スポンサーリンク

「何いってんの?そんなわけないじゃない」

「だったら、子離れしたら?あんたが。このごろ、思うのよ。あの子、私たちが思ってるより、ずーっと強い人間なんじゃないかって。確かに、物事を飲み込むのは時間がかかるけど、いったん、納得したら人の何倍もがんばって、こっちが考えてる以上の力出すの。あんたが一番良く知ってるでしょ」

「私は、カホコにできるだけのことをしてあげたいの。ずっと一緒にいたいけど、そうはいかないし。こうしておけばって後悔したくないのよ」

「子育てで後悔しない母親なんていないわよ。私だって、あんたたちにいろいろなことをしてあげればよかったって思ったし。でもね、最後は覚悟を決めるしかないわよ。たとえ、子供が転んでも立ち上がると信じて、愛するより、信じるほうが難しいんだから」

泉は、受話器を握り締めながら何か考えています。

 

正高は実家で、カホコが何も言ってこないことに涙を流しています。そこに、玄関のチャイムが鳴ります。正高が出るとカホコです。

「パパ、お願いが二つあります。うちに帰ってきてください。カホコ、もっと大人になって心配かけないようにするからさ」

「こっちこそ、ごめん、あんなこと言っちゃって。じゃあ、帰るか」

「その前に、二つ目のお願いが。ちょっとよるところあるから先に帰っていて」

そういうと、おにぎりを抱えて走り出します。

カホコは、初がバイトをしてるところにやってきます。おにぎりを作って来たと言って見せると、

「おれ、おにぎり嫌いなんだよ」

と言われてしまいます。理由を聞きますが言ってくれませんです。初が買っておいたパンを取り出そうとすると、捨てたはずの赤い絵の具が落ちます。カホコが拾って、何かいいたそうにじっと見つめると、

「昔、金もねえのに、母親が買ってくれたんだよ。絵がうまいって言われて、何枚も書いていたら、7歳のとき、朝起きたらテーブルにおにぎりと『ごめんね』って言う書置き残して、突然いなくなったんだよ」

そして、施設に入ってバイトしながら奨学金で大学に入ったと言います。カホコは何とかして母親を探そうと言います。初は赤い絵の具を奪って川の中に捨てます。母親に会いたいんじゃなくて、見返すためにとっておいたとカホコに叫びます。そして、「もう帰れ」と言いいましたが、涙をためたカホコは、川の中に入っていって、赤い絵の具を探し始めます。

「何してんだ、ママに怒られるぞ」と初は止めますが、

「私、こんなの初めて。自分が何にもできないのが悔しい。初くんにも家族のみんなにも何かしてあげたいんだけど、しあわにせなってほしいのに、何もできない自分がいやでいやでたまらない。やっぱり、カホコがカホコだからかな?だったらさ、カホコは自分がいやになる。すっごく悔しい」

「だからって、そんなことすることないだろ」

「だって、ほかに考え付かないんだもん。カホコにできること」

カホコは川底を探し続けます。カホコは川のなかでころんでしまいます。それを見た初は、「もういいから」と言ってカホコを抱き上げて岸に向かって歩いていきます。

 

正高は夜になって家に帰っていきます。正高が謝ろうとすると、泉はカホコの昔のビデオを見て笑っています。そして、

「パパ、わたし、カホコのこと、ちょっと甘やかしすぎなのかな?」

正高が勇気を出して答えようとすると、玄関のチャイムが鳴ります。泉が出るとびしょぬれのカホコが立っています。横から初が出てきて、

「僕が悪いんです。ちょっと長いんですが、聞いてもらえますか」

「けっこうです。あなたといると、何でカホコはいつもひどい目にあうんですか。お願いだから、これ以上かかわらないでくれますか。心配なの、あなたといると、これからどうなるか怖くて」

泉がドアを閉めようとすると、初がドアを手で開けて

「いやです。娘さんともう会えなくなるのはいやです。バカがつくほど単純で素直だけど、いつもこっちの予想以上のことをするから目を離せないって言うか、自分もがんばらなきゃって思えるし。お二人が何で娘さんをかわいいって思えるのか、やっとわかります。できれば、交際を許してほしいと思ってますが、今こんな服装なんでまた改めてきます。では失礼します」

家に入ると、泉はカホコに向かって

「お風呂に入りなさい。タオルだしとくから」

「いい。自分でやる。カホコ、もうママに甘えないようにする。朝、自分で決める。洋服も自分で決める。食べた食器は自分で洗って、お弁当も自分でつくる。駅までの送り迎えもしてもらわずに、自分で歩く。花嫁修業も就職のことも、自分で一回考えてからママに伝えるようにする。そうしないと、いつまでたっても大人になれないような気がする。そうしてもいいかな、ママ」

「そう、わかった」

「ありがとう、ママ」

泉はバッグをカホコに無言で渡して自分の部屋に入っていきます。そして、バッグを持って部屋から出てきて、何も言わずに家を出て行ってしまいます。

(⇒ 6話のあらすじ

ドラマ「過保護のカホコ」の1話から最終回までの全話を、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは月額1,026円(税込)で日テレのドラマや映画、海外ドラマなどを見れます。

Huluは2週間の無料お試しをしていますので、その期間中に無料で見れます。くわしくはこちらから。

Hulu公式サイトはこちら ≫

ドラマ『過保護のカホコ』5話の感想

面白かったですね。カホコはやっと自分が過保護に育てられてきたことがちょっとずつわかってきたようです。それは、きっと初の生まれ育った環境とは全く違うということをきいてから、自分のことに置き換えて分かったんだと思います。そして、今まではぜんぶ自分のために、周りの人がしてくれていたことに気が付いて、お返しをしなくてはいけないと気づき始めて、初や親せきに何かをしないといけないと感じたんだと思います。

これから、カホコがどうやって、ほころび始めた家族や親戚たちをまとめていくのか、カホコに何ができるのかが楽しみです。

初代は、おそらく自分の経験から泉に過保護はダメだよと話したんじゃないでしょうか。自分も泉を過保護にしすぎて離さなかったことがあるので、気持ちがよくわかるんだと思います。泉も社会人として仕事をしなかったのはそのせいですね、その分、愛情という執着心がカホコに働いて、初代以上の過保護になってしまったと思います。

そして、最後に家を出て行ったのは、カホコが成長したと無意識に感じたからだと思います。泉自身は、過保護のまんま初代に育てられて、カホコの様な反抗もせず、何も考えたことがなかったので、カホコに対して嫉妬や負けたという感情が湧いてきたのではないでしょうか。次回は、カホコが家事を失敗するようなので、できれば何も手伝わずにこのまましばらく家には帰ってこないでもらいたいですね。

カホコと泉の違いは、正高と初の違いだと思います。正高は、初代に近い感じで、おそらく何でもいいよと泉のことを許していたのではないでしょうか。やはり、初のように、夫婦はお互いに思ってることをいつも話していくべきだと思います。

ドラマ『過保護のカホコ』のキャスト

  • 根本加穂子 高畑充希、超箱入り娘
  • 麦野初 竹内涼真、同じ大学に通う画家志望の学生
  • 根本正高 時任三郎、カホコの父親
  • 根本泉 黒木瞳、カホコの母親
  • 根本正興 平泉成、正高の父親
  • 根本多枝 梅沢昌代、正高の母親
  • 根本教子 濱田マリ、正高の妹
  • 並木福士 西岡徳馬、泉の父親
  • 並木初代 三田佳子、泉の母親
  • 並木環 中島ひろ子、泉の妹
  • 並木衛 佐藤二朗、環の夫
  • 並木節 西尾まり、泉の妹
  • 並木厚司 夙川アトム、節の夫
  • 並木糸 久保田紗友、節と厚司の娘

5話以外のあらすじ

以上、ドラマ『過保護のカホコ』の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク


コメント

  1. さと♪ より:

    カホコのおとうさんは結局家に帰ってきたのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました