いつまでも白い羽根の7話のあらすじ(ネタバレ)と動画。

いつまでも白い羽根

(引用:公式サイト

ドラマ『いつまでも白い羽根』の7話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

7話のあらすじ

番匠学園長(加藤雅也)が学校を辞めることになります。

菱川(清原翔)がそれを聞いてあわててやってきて、副校長にはなしを聞きます。遺族から、現場に戻すのなら裁判を起こすというクレームがきたということです。

瑠美(新川優愛)は菱川に呼び出されます。菱川から、なぜ藤香(さとうほなみ)が番匠を見つけ出すことができたのか?といわれます。瑠美がなにも言わないでいると、藤香が付き合っていたのが番匠だったと気づきます。

瑠美は「だまっていてごめんなさい」といいますが、菱川は「ぼくが復讐をとめられていたら」と自分を責め始めます。瑠美は、「まだそんなにすきなんだ」とつぶやきます。そして、人生に一度くらいは、なにがあっても好きになってしまう出会いがあるといって帰っていきます。

そのころ、番匠は藤香をよびだします。番匠は「ぼくの負けだ」といってあるいていきます。

翌日、看護学生に番匠がやめたことを告げられます。

 

瑠美たちは、小児科の最終実習に戻ります。

ある日、瑠美が千夏の実家でチャーハンを食べてると、瞬也(瀬戸利樹)がきます。食べた後、送っていく途中、

「わたし、友達としてしか好きになれない」

と瞬也に言います。

瞬也はそれでもいいといいますが、瑠美はそんな自分が嫌いだというと、瞬也はあきらめてくれて一人で帰っていきます。

すると、父親の信吾から早めに帰ってくれといわれます。母親の智子(榊原郁恵)が具合が悪くてねてるということです。瑠美はすぐに帰って卵おじやを作ってあげます。

その日の夜、信吾と話をすると、瑠美の小さい頃の写真をみてひきこもりから抜け出すことが出来たと聞きます。

翌日、智子の具合が良くなります。

瑠美が病院にいくと、友香(住田萌乃)に呼吸苦があったとききます。病室にいくと、酸素マスクをつけてぐったりとした友香がいます。血圧を測ってると、菱川がやってきます。瑠美が菱川に聞くと、母親が帰った日にいつも呼吸が弱くなるとききます。

そのあと、瑠美は友香が眠るまで絵本をよんであげます。

瑠美が医局で休憩してると、先輩看護師から

「命と向き合ってるのよ。ただなつかれればいいってもんじゃないのよ」

といわれます。すると、瑠美は、いきなり立ちあがって、

「夜勤明けなんですね。お疲れ様です。夕べは大変だったみたいですね。私でよければ手伝いますけど」

といいます。遠くで千夏がそれを見ていて手で丸をつくってくれます。

お昼に、よくがんばったと千夏にほめられます。でも、看護師もほんとうにたいへんなんだと二人ではなします。そして、千夏は今担当してる赤ちゃんを絶対元気にして退院させてあげたいと話します。そのあと、その赤ちゃんを抱いてる姿を瑠美が見て、千夏の天職は看護師だとほめてくれます。

瑠美が友香ちゃんのところにいくと、髪の毛をシャワーで浴びたいといいだします。先輩看護師に頼んでると、菱川が、サチュレーションが下がらなければ大丈夫だといってくれます。

瑠美はそのあと、病室で髪の毛だけを洗ってあげます。

千夏が赤ちゃんを抱いてると、呼吸がおかしいことに気がつきます。先輩看護師に言おうとしますが、検査に呼ばれていってしまいます。休憩室に行ってその話しをしたあとに、病室にふたたび戻っていきます。瑠美が病室に行こうとエレベーターの前でまってると菱川がやってきます。友香は、いまのままだと手術はうけれないし、次の急変では駄目かもしれないとききます。

その日の夜、藤香は番匠に呼び出されます。藤香は、こういうのが不幸だといって自分の部屋に来ないかと誘います。

病院では、千夏が赤ちゃんについています。すると、アラームがなります。千夏が見ると呼吸していませんです。すぐにナースコールをして医者と看護師をよびます。

 

翌日、瑠美が病院に来ると、先輩看護師が死亡診断書をさがしています。休憩室をみると、千夏が泣いています。声をかけると、何も出来なくて見てるだけしか出来なかったといいます。そして、病室では泣けないから涙を止めにきたといいます。千夏は涙を拭いてなくなった後の処置をしにいかないといけないとたちあがります。

瑠美は、髪留めを直してあげて、

「しっかりするの。千夏のせいじゃない。担当してる患者さんが亡くなるのはどうしようもないこと。看護師になるには、こういうこともうけいれなきゃいけないの」

「わかってる。だいじょうぶだよ」

千夏はでていきます。

病室の整理が終わって帰ってくると、先輩看護師から、千夏のレポートのなかのある部分をけしてくれといわれます。「数秒、呼吸が止まった」という部分です。報告を受けていないので、消してくれということです。消さないと実習放棄とみなすといわれた千夏は、たちつくします。

しばらくして瑠美が休憩室に来ると、千夏の看護師の帽子が机の上に置かれています。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ「いつまでも白い羽根」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)でフジテレビのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料トライアルをしていますので、その間に「いつまでも白い羽根」を無料で見れます。詳しくはこちら。

FOD公式サイトへ ≫

「いつまでも白い羽根」の原作

原作は、藤岡陽子さんの『いつまでも白い羽根』という2009年に出されたデビュー作品です。藤岡陽子さんは、1971年生まれの46歳の小説家です。同志社大学文学部を卒業されたあと、報知新聞社のスポーツ記者としてはたらかれます。その後、タンザニアの大学、慈恵看護専門学校、大阪文学学校を卒業した後に北日本文学賞選奨を受賞されます。2009年に「いつまでも白い羽」で作家デビューされます。

スポンサーリンク

今までに12作品を出されています。楽天市場で購入することができます。

【中古】 いつまでも白い羽根 光文社文庫/藤岡陽子【著】 【中古】afb

楽天で購入

 

キャスト

  • 木崎瑠美 新川優愛
  • 山田千夏 伊藤沙莉、同期の看護学生
  • 佐伯典子 酒井美紀、同期で主婦の看護学生
  • 遠野藤香 さとうほなみ、同期の看護学生
  • 日野瞬也 瀬戸利樹、千夏の幼馴染
  • 菱川拓海 清原翔、瑠美の初恋相手、おなじ系列病院の小児科医
  • 山田健司 柳沢慎吾、千夏の父親、中華料理店店主
  • 木崎智子 榊原郁恵、瑠美の母親
  • 番匠光太郎 加藤雅也、看護学校校長

7話以外のあらすじ

以上、ドラマ「いつまでも白い羽根」の7話のあらすじ(ネタバレ)と動画などです。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました