イノセンス冤罪弁護士の5話のあらすじ(ネタバレ)。名門フェンシング部で部員が心停止!!原因は教師のパワハラ指導?体罰を撮った動画で裁判は大混乱

イノセンス冤罪弁護士

ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」の5話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。坂口健太郎さん演じる黒川拓弁護士が、科学者、ジャーナリストたちの協力を得て、意外な実証実験で冤罪事件を解決していくヒューマン・リーガル・エンターテインメントドラマです。

ドラマ「イノセンス」の5話のあらすじ

楓(川口春奈)は、なぜ弁護士になったのか拓(坂口健太郎)に聞くと、きっかけになった東央大事件のファイルを渡されます。事務所に戻ると、楓が前に勤めていた法律事務所でセクハラがあったと報道されていいて炎上しています。その音声を聞くと、楓は過去にされたことを思い出してしまいます。

そこに、高校の名門フェンシング部で顧問を務める高松洋介(豊原功補)がやってきて、パワハラと体罰を疑われてると依頼を受けます。

高松は部活の指導中に、高松が剣で突いたエース選手の藤里(清水尋也)が、不整脈による心停止を起こしたことで業務上過失傷害で在宅起訴をされたということです。藤里は一命こそ取り留めたものの、現在も自宅で療養中です。週刊誌にかかれてる必要以上に強く突いたという可能性はないと高松は話します。将来のフェンシング界をしょってたつ藤里とのトラブルもなかったし、体調も普通だったといいます。

藤里に話を聞くため自宅を訪ねる拓と楓、穂香(趣里)でしたが母親に門前払いをくらい学校へいきます。校長と部員たちは優秀な指導者だった高松と藤里の間にトラブルはなかったと証言します。ただ、藤里は母親から過保護に育てられてるとききます。部員の田代(柾木玲弥)に話を聞くと、問題はなにもなくて、高松先生のためなら法廷で証言をしてもいいと申し出ます。

そこに、森吉という生徒が来ましたが、田代はおいかえします。

聡子(市川実日子)が手に入れた事故当時の練習の様子が映り込んだ映像をチェックする拓たちでしたが、肝心の事故の瞬間にちょうどノイズが入っていてよく見えませんです。

そんな中、楓が所属していた大手弁護士事務所の悪質なセクハラの取材依頼を受けています。楓は聡子に相談すると、迷いがあるなら保留にしておけばいいと言われます。

高松の裁判の弁護側証人尋問の日がきます。証言台に立った田代は、言っていたこととは真逆の体罰があった、体調が非常に悪いことを知っていながらしごきのような練習をさせたという発言をします。

そして、藤里のほほを高松がひっぱたいてる映像を見せます。

高松の家に行くと、一度だけほほを叩いたことがあると認めます。藤里のやる気がさがってると感じた高松は、藤里に話をしに行くと、万引きをした、フェンシングをやめたいと思ってるといわれます。そのときに、藤里の拗ねた態度に腹が立って、一度だけ殴ったと言うことです。その時の映像です。

事務所に帰ると、別府(杉本哲太)から罪をみとめさせろと言われます。

スポンサーリンク

おこった楓が湯布院にいうと、別府の兄がおなじように裁判で負けてそれが元で亡くなってしまい、そのせいで別府は厳しくなったと説明します。

翌日、拓は高校にいって部室を調べます。さらに校内をあるいてると、先日の森吉がいじめられてるのを見ます。

事務所に戻って藤里が倒れた映像を見てるとあることに気づきます。いそいで楓と一緒に高校に行って、フェンシングが練習していたステージの下にもぐると、フェンシングでつかれたようなあとがあります。すぐに、秋保(藤木直人)にお願いして検証してもらうことをお願いします。秋保は、これをしても高松の暮らしはかわらず、もっといろいろな人が苦しむことになるかもしれないとアドバイスします。

翌日、拓と秋保たちは高校に行って森吉に話を聞きます。

 

裁判の日。秋保が証人として呼ばれます。秋保はテスラコイルがステージの真下に設置されていて、強力な電磁波が藤里のからだに流れたと説明します。次に森吉が証人として呼ばれます。森吉は田代たちにいじめられていてテスラコイルを設置させられたと証言します。さらに、藤里本人にも自ら命を絶ちたいと頼まれたと話します。

つぎに証人台に立ったのは藤里です。藤里は高松や親の期待が重すぎたといいます。そして、藤里を依怙贔屓してるのが気に入らない田代の発案でこのことをすべて計画したと言います。

そして、どうすればよかったのか教えてくれと拓にききます。拓はわからないけども確かなことは二つあると言います。それは、人に迷惑をかけたこと、まだ生きてることだと言います。そして、生きて償ってたちなおれといいます。さらに、拓は報道陣に向かって、ありのまま、偏見や憶測なしに正確に伝えてくれと頭をさげます。

数日後、高松は無罪となって釈放されます。

事務所に戻った楓が拓から預かった東央大事件のファイルをみると、秋保の妹の名前が載っています。

(⇒6話のあらすじ

ドラマ「イノセンス」のキャスト

  • 黒川拓 坂口健太郎、弁護士
  • 和倉楓 川口春奈、新人弁護士
  • 城崎穂香 趣里、拓付きのパラリーガル
  • 湯布院和人 志賀廣太郎、弁護士
  • 別府長治 杉本哲太、保駿堂法律事務所所長
  • 登別次郎 正名僕蔵、弁護士
  • 石和徳則 赤楚衛二、パラリーガル
  • 黒川真 草刈正雄、拓の父親、エリート検察官
  • 指宿林太郎 小市慢太郎、東京地方検察庁検察官
  • 秋保恭一郎 藤木直人、東央大学理工学部物理学科准教授
  • 有馬聡子 市川実日子、テレビ日本ディレクター

各話のあらすじ

以上、ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」の5話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました