イノセンス冤罪弁護士の3話のあらすじ(ネタバレ)。白い巨塔で医療事故?罪を着せられた医師の冤罪を晴らせ

イノセンス冤罪弁護士

ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」の3話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。坂口健太郎さん演じる黒川拓弁護士が、科学者、ジャーナリストたちの協力を得て、意外な実証実験で冤罪事件を解決していくヒューマン・リーガル・エンターテインメントドラマです。

ドラマ「イノセンス」の3話のあらすじ

大学3年の時に理工学部から法学部に移ったという拓(坂口健太郎)の珍しい経歴を聞いた楓(川口春奈)は驚きます。

その頃から拓を知る湯布院(志賀廣太郎)は弁護士を目指す前の拓は今とは正反対の几帳面な性格だったと話しますが、拓が変わったきっかけについてはお茶を濁します。

そんな中、聡子(市川実日子)が青ヶ島病院の看護師・白山美紀(青野楓)を連れてきます。美紀は、手術中に人工心肺が停止し患者が亡くなった医療ミスの責任を問われて逮捕された執刀医・雲仙(平岳大)の冤罪を晴らしてほしいと懇願します。

雲仙がおこなってた心臓の僧帽弁置換手術で人工心肺が数分間止まるトラブルが発生して、翌日、患者は心不全でなくなります。その後、雲仙は医療ミスで逮捕されます。実直な雲仙に思いを寄せる美紀は、当日、研修医の赤城が自分のミスだと雲仙に謝ってるのをみています。普通は研修医が切られるのですが、院内の内部告発が決め手となり雲仙一人に罪がなすりつけられたと言います。

早速雲仙に接見した拓と楓は、雲仙が遺族側に直接説明したいと何度も頼んでいたにも関わらず、病院に止められていたことを知ります。患者を救えなかった事実に変わりはないと自らを責める雲仙ですが、拓は遺族のためにも事実関係を明らかにすべきだと弁護を持ちかけます。

拓と楓が遺族に会いに行くと、内部調査だと言って書類を渡されます。そして、なんで犯罪者の弁護をするのかとないて訴えられます。拓は、何が真実なのかまだわからないと言います。

そのあと、雲仙から話が出た同期で出世頭の医師・磐梯(山本耕史)を拓と楓がたずねます。磐梯につれられて現場をみます。ただ、手術に立ち会った看護師や赤城にあわせてくれというと、嘘を言われて合わせてもらえませんです。

拓と楓が病院の内部調査書を雲仙に見せると、うそばっかりだと言います。まず、。臨床工学技士はたちあっておらず、人工心肺を操作したのは赤城だということです。さらに、詳しい指示はまったくしていないし、操作ミスではなくて電源が落ちたことによる人工心肺の停止だといいます。病院側は雲仙個人の医療ミスとして事態を終息させるため、雲仙の指示ミスに見えるような嘘の記載をしているようです。

事務所に戻った拓と楓は、電源が落ちた原因を探ることにするというと、すべて改ざんされているのでむずかしいと穂香(趣里)がいいます。ところが、その前に立ちはだかったのはなんと別府所長(杉本哲太)と登別(正名僕蔵)です。使っていた人工心肺のメーカーと顧問契約している保駿堂事務所がメーカーの機械トラブルを暴けば、事務所にも大損害が及んでしまうといって余計なことをするなと指示されます。

拓は事務所の不利益になる結論を出せば解雇されるのを承知の上で、徹底的な真実の追究を誓います。そんな中、雲仙の起訴が確定します。拓たちは、看護師や赤城にはなしをききますが、かん口令がひかれています。ただ、病院をでると、美紀から電話がかかってきます。赤城がすべてを証言してくれるように説得したと言うことです。

スポンサーリンク

ところが、裁判の日、赤城と連絡が取れなくなります。裏で磐梯がうごいています。雲仙にそのことをつたえると、調査書をよんだときに磐梯が動いていることに気づいていたと言われます。雲仙から依頼されて、そのことを磐梯に伝えに行きます。磐梯は病院を変えるためにやったことだと言います。拓は、頼まれていた雲仙のパソコンのパスワードを渡して、雲仙はこの病院を改革してもらいたいといっていたと伝えます。

2人が帰ろうとすると、おばあちゃんから洗濯室を教えてくれと言われます。いっしょに連れて行くと、洗濯していたおばさんから、一旦テレビが消えたとききます。そのときも、その日と同じように雨が降っていたとききます。すぐに屋上に見に行くと、あることに気づきます。

そして、秋保(藤木直人)の助けを借りて、またもや大規模な実証実験を始めます。そして証拠を提出します。

 

裁判の日、手術と同じ日に拓は病院内で壊れた電気機器のリストを提示して、実験を録画した映像を流します。原因は落雷です。問題は病院の中の電気系統が悪いからだと秋保が説明します。さらに、メーカーから至急改善を促されていたのですが、高額だったため無視していたと楓が説明します。拓は、問題が起きてる今を変えないといけないと、傍聴席にいる磐梯に向かって言います。

病院にもどった磐梯は雲仙のパソコンを開いて、丁寧にまとめられた改善策をみます。

後日、雲仙に懲役1年と情状酌量が言い渡されます。因果関係は推測の域を出ないと言うのが理由です。雲仙は判決を認めます。裁判の後、遺族から、結局誰が悪かったのかと拓が問い詰められます。

病院では、磐梯が赤城たちに謝って、これから直していくと頭を下げます。さらに、病院長のところにいってこれからうみを出していくと宣言します。

後日、雲仙と美紀が事務所に来て、僻地医療に向かうといいます。拓は申し訳ないといって顔を出しませんです。

楓が秋保に会いに行って裁判に負けたことを伝えます。楓が、なぜ拓が弁護士に成ったのかきくと、拓の父親から調べろといいます。

(⇒4話のあらすじ

ドラマ「イノセンス」のキャスト

  • 黒川拓 坂口健太郎、弁護士
  • 和倉楓 川口春奈、新人弁護士
  • 城崎穂香 趣里、拓付きのパラリーガル
  • 湯布院和人 志賀廣太郎、弁護士
  • 別府長治 杉本哲太、保駿堂法律事務所所長
  • 登別次郎 正名僕蔵、弁護士
  • 石和徳則 赤楚衛二、パラリーガル
  • 黒川真 草刈正雄、拓の父親、エリート検察官
  • 指宿林太郎 小市慢太郎、東京地方検察庁検察官
  • 秋保恭一郎 藤木直人、東央大学理工学部物理学科准教授
  • 有馬聡子 市川実日子、テレビ日本ディレクター

各話のあらすじ

以上、ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」の3話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました