ドラマ「今からあなたを脅迫します」の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!千川が恋人の復讐を?

ドラマ「今からあなたを脅迫します」の8話のあらすじ(ネタバレ)や感想、、無料動画などを紹介します。レストランでの感電死事件の背後に大きな力が動いていることに気づいた千川(ディーン・フジオカ)だったが、なんと医師の高ノ森(笠原秀幸)に背後から襲われてしまいます。一方、スナオ(間宮祥太朗)から自分が千川の亡き恋人・来栖稚奈(松下奈緒)の弟であることを明かされた澪(武井咲)は、千川が未だに恋人の不審な死の真相を追っていると知り、かつて稚奈がオリジナルのTシャツ屋を営んでいたアトリエを訪ねます。

スポンサーリンク

「今からあなたを脅迫します」8話のあらすじ

澪(武井咲)は、スナオ(間宮祥太朗)から自分が千川の亡き恋人・来栖稚奈(松下奈緒)の弟であることを明かさます。そして、事故ではなくて誰かに命を奪われたといいます。

その頃、レストランの店長の若林(橋本じゅん)に会いにいって裏に誰がいるのかを聞いていた千川(ディーン・フジオカ)でしたが、医師の高ノ森(笠原秀幸)に背後から襲われてしまいます。

 

翌日、目黒(三宅弘城)と栃乙女(島崎遙香)は、アジトで帰ってこなかった千川のことを話しています。そこに、スナオも千川を探しにやってきます。スナオは、自分が来栖稚奈の弟だと二人にいいます。新戸部を脅してる映像から千川ではないかと思って、澪に近づいたといいます。

その頃、澪が稚奈のアトリエに行くと、千川が血まみれで倒れています。

 

4年前。

千川は、血まみれで稚奈の前に現れたんです。ニュースでは窃盗犯が逃げてると流れていましたが、稚奈は何もいわずに助けます。翌日、千川は気がつくと、ナイフをうばって稚奈のクビにつきつけてわけを聞きましたが、怪我してるだけだから助けただけだと笑顔で言われます。

それから、稚奈は千川を介抱し始めます。稚奈は介抱をしながら施設で育ったことや今までのことを話します。施設の富永綾子(真野響子)という女性に、母親代わりに育てられたということです。

少し良くなると、千川は自分が脅迫屋で父親も脅迫屋だったといいます。警察が巡回に来ましたが、稚奈は何も言わずに返します。千川はなぜいわなかったのかと聞くと、

「あなたは、犯罪者。だけど今は傷ついて弱ってる一人の人間。罪を犯していても、そんなひと放り出せない」

「千川完二。俺の名前だ」

「来栖稚奈。よろしく」

そのまま、千川は稚奈の家に住み着きます。

 

ある日、学生達が万引きをしています。稚奈はお客を疑ってるようで防犯カメラはいやだといいます。千川が「だったらみせがつぶれるぞ」というと、それはもっとイヤだといいます。それを聞いた千川は、万引きした学生達を探して、稚奈の前につれてきて謝らせます。

学生達が帰ると、「こんなやり方間違ってる」と稚奈がいいます。そして、

「どうしても、脅迫がしたいなら、誰も傷つけない、人が救われる脅迫をして」

とお願いします。千川は無言で家を出て行きます。

その日の夜はクリスマスでしたが、千川は帰ってきませんです。パトカーの音を聞いた稚奈は心配になって外に探しに行きます。ベンチで座ってると雪が降ってきます。その姿を遠くから見た千川は、稚奈の前に出て行きます。稚奈は笑顔で立ち上がり、

「もう帰ってこないかと思った・・・さっき、言い忘れた。ありがとう。もうしばらく、うちにいない?まだ怪我も治っていないし。わたしひとりじゃ、部屋も寒いし。それに、うちに用心棒がいたら、安心が・・ぽーる」

「あんしんがぽーる?道理で冷えるはずだ。コーヒー入れてくれよ。君の料理は個性的過ぎる。でも、コーヒーなら俺の口に合う」

そういって、ひとりで歩いていきます。その後を小走りについていきます。

家に帰ると、二人で、クリスマスの食事をします。それから、二人は、たのしく暮らし始めます。

 

現在。

雨垂れの会に、澪の友達のカンちゃん(山賀琴子)とぱるこ(佐藤玲)がボランティアに加わります。そこに、高の森がやってきて千川に逃げられたことを代表の富永に報告しています。富永はみんなで探そうといいます。

 

4年前。

稚奈は、富永に千川のことを話しています。仕事はどうなのか聞かれると、最近、地上げ屋の松尾(相島一之)から立ち退きをいわれてるといいます。家に帰ってくると、松尾がきて嫌がらせをしています。松尾が帰った後、千川は、脅迫で何とかするといいますが、自分で何とかするからと稚奈はそれをことわります。

数日後、千川をイメージした狐のイラストが入ったTシャツを着てデートをしようと約束をしてると、新聞に松尾が事故で亡くなったという記事が載っています。稚奈は千川に疑いの目を向けますが、「おれじゃないぞ」と千川は否定します。それを聞いた稚奈は、富永のところに行って話をします。

その日、千川は神戸への出張です。家に帰ってきた稚奈は、明日はデートだから、ちゃんとTシャツを着て帰ってきてよといいます。そして

「完二、ありがとね。わたし、完二がいるからあきらめないでがんばろうって思える。人を変えるのは人だから」

「何かあったのか?」

「明日はなす。じゃあね」

それが、稚奈との最後の会話です。

 

翌日、稚奈が店の準備をしてると、玄関のとってに袋がつる下がっています。その中には、プレゼントの箱があって、黄色いバラが入ったオルゴールが入っています。それをならしてると、窓からスズメバチが入ってきます。

 

千川が急いで横浜に帰ってきて、いわれたきつねのTシャツをきて待ち合わせ場所で待ってましたが稚奈は来ませんです。しばらくすると、稚奈から電話があります。「おせーなー。いつまでまたせるんだ」と千川が出てみると、

「おそれいります、神奈川県警です」

と、男性の声が聞こえてきます。

 

千川は、警察の慰安室に置かれてる稚奈に会いにいきます。

警察からは、稚奈は昔スズメバチに刺されたことがあって、再び刺されてアナフィラキシーショックで亡くなったと聞きます。デスクにおいてあった黄色いバラの入ったオルゴールに、柑橘系の香りがついていて、それにスズメバチが誘われたようだと説明してくれます。

千川は、稚奈の葬儀には出ませんです。

家に帰った千川は、稚奈のことを思い出しながら涙を流します。

 

現在。

稚奈と千川のことを聞いていた栃乙女と目黒のところに、千川のお客様が来たと言って、レイチェル(内藤理沙)が飛び込んできます。お客は、不破組長(小沢 仁志)です。昨晩、偶然、千川を見たと聞きます。それを聞いたスナオは部屋を飛び出します。

外に出たスナオは、稚奈のブティックにむかいます。ブティックに入ると、ちょうど、千川は目を覚まします。スナオは、

「アニキ、はなしたいことがあります」

と真剣な顔をします。千川は、「今すぐ、きみのおはぎが食べたい」と澪にいって部屋から追い出します。

スナオは、今までのことをすべて千川に話します。そして、3分間だけ、僕に時間をくださいといって、

「あねきがしんだとき、どうしてそばにいてくれなかったんですか?あなたがいたら、あねきはしななかったかもしれない」

「あの日、俺を神戸に呼び出した依頼人は現れなかった。稚奈をころすために、おれがかえれないように仕組まれた」

「あねきは、ころされる直前、悩んでいます。それは、裏切られたと感じた人がいたからです。」

そういって、最期にあった日のことを話します。稚奈は、

「日はは浅いのに信じられる人もいれば、長くいた人を信じられなくなる人もいる。しりたくなかった。でも、絶対に見過ごすわけにはいかない」

と言ったといいます。稚奈はその人物を問いただしたので、命を奪われたんじゃないかといいます。そして、スナオは千川は、その犯人に復讐する気ですねというと、「3分、たったな」といいます。

スポンサーリンク

 

澪が家に帰ると轟がいます。部屋に入れると、今の千川は危ないといいます。雨垂れの会によって、恋人の命を奪われたと確信してるといいます。そして、その復讐をかなえるものを頼まれたといって、懐から封筒を取り出します。もう千川を止められないといって、「これをおまえにたくす」と渡します。

 

千川は、スナオを眠らせてからコートを着て外に出ます。そこに、轟から預かったものとおはぎを持って澪がやってきます。千川が轟からの封筒を見ると、中にはカードが入っています。何も言わずにカードを持っていこうとすると、澪は、

「待ってください。雨垂れの会に行かれるのですか?復讐するために」

「だったら」

「わたしもいっしょに行きます」

「おれたち、ただの顔見知りだろ」

「顔見知りの中でも、特別な顔見知りです」

千川は無視していこうとすると、その腕を澪がつかみます。そして、

「今から、あなたを脅迫します。いかないでください。さもないと、わたしが悲しくなります」

「へたくそだな、脅迫」

そういうと、千川は一人で歩いていきます。

 

アジトでは、栃乙女が防犯カメラで千川の行方を追っています。すると、高の森の姿も映っています。その車の番号から、雨垂れの会の車だとわかります。

雨垂れの会では、富永が、「この人を見つけてください」と千川の写真つきで会員にメッセージを送っています。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ『今からあなたを脅迫します』1話から最終回までの全話を、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは月額1,026円(税込)で日テレのドラマや映画、海外ドラマなどを別途レンタル料金なしで見れます。

Huluは2週間の無料お試しをしていますので、それを利用して無料で見れます。詳しいことはこちらから。

Hulu公式サイトはこちら ≫

「今からあなたを脅迫します」8話の感想

おもしろかったですね。はじめからこのテイストでやってくれれば、きっと大ヒットしたんじゃないかと思います。今日のディーン・フジオカさんと松下奈緒さんは最高です。

ディーン・フジオカさん演じる千川が、ヘタなダジャレをいう秘密がやっとわかります。というか、そういう設定があったんですね。今回のお話を見てから、初めから見直してみると、すごい、切なさが伝わってきます。面白くないんだけど、必死にダジャレを言ってるという感じがつたわってきます。

今回の心に響いた言葉は、稚奈がスナオに話したコトバで、

「日はは浅いのに信じられる人もいれば、長くいた人を信じられなくなる人もいる」

です。稚奈は、玄関に倒れてる千川の顔を見た瞬間に、信じられる人だと感じたんだと思います。千川は、首にナイフを突きつけたときに、それを感じたんじゃないでしょうか。そういう出会いっていうのは、なかなかないんですが、人生の中にはかならず1回はあるんじゃないかなと思います。というか、あると考えてることで、訪れてくるはずです。

ただ、勘違いしてしまうこともあります。運命の人だとおもったら、遊ばれていたとか、暮らしていくうちにぎすぎすしてしまったとかです。

その違いは何でしょうか?

わたしは、欲望が目を曇らせてしまうんじゃないかなと感じます。イケメンや可愛い子がいないかな~、つき合いたいな~と考えながら接してることで、自分の気持ちを無理やりそれに合わせてしまう様な気がします。何の欲望もなく接することで、本当にその人と合うのか同課が分かるような気がします。

稚奈の場合は、看病しないといけないという気持ちから、千川は、追ってから逃げてかくまってもらってるという状況から、おたがいに感じたんだと思います。これがもしも、合コンであったとしたら、初めの気持ちがちがっていますから、結びつかなかったように思います。

ですから、運命の人を探していても、心をフラットな状態にして接することをお勧めします。

そのためには、相手にいろいろ聞くのではなくて自分のことを話していった方が良いと思います。しかも、自慢じゃなくて失敗したことや出来なかったこと、かるいコンプレックスなどを話しながら、相手の目を観察することです。相手が何を考えてるのかな~と想像しながら話を続けることで、かなり心はフラットな状態になるはずです。いちど、試してみてください。ポイントは、失敗談と相手の目です。

来週は、最終回ということで千川たちが雨垂れの会に潜入します。証拠がない犯罪に対してどんな方法で復讐するのか、とても楽しみです。

「今からあなたを脅迫します」の原作

原作の藤石波矢さんは、1988年生まれの29歳の小説家です。栃木県出身で、大正大学を卒業されて、東京ビジュアルアーツ映画学科を卒業されています。第一回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞を受賞されています。今までに6冊出されています。

また、小説の「今からあなたを脅迫します」シリーズは、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

「今からあなたを脅迫します」のキャスト

  • 千川完二 ディーン・フジオカ、脅迫屋
  • 目黒 三宅弘城、千川の仲間、凄腕盗み屋
  • 栃乙女 島崎遙香、千川の仲間、凄腕ハッカー
  • 金坂澪 武井咲、お人よしお嬢様
  • 轟雄之助 近藤正臣、澪の祖父
  • カンちゃん 山賀琴子、澪の親友
  • ぱるこ 佐藤玲、澪の親友
  • 京田カオル 鈴木伸之、澪の隣に引っ越してきた好青年
  • ロビン 蛭子能収、BAR「青龍」
  • レイチェル 内藤理沙、BAR「青龍」

8話以外のあらすじ

以上、ドラマ「今からあなたを脅迫します」の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました