ドラマ「今からあなたを脅迫します」の7話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!

ドラマ「今からあなたを脅迫します」の7話のあらすじ(ネタバレ)や感想、、無料動画などを紹介します。千川(ディーン・フジオカ)がシングルマザーのあかね(佐伯日菜子)を助けるために脅迫した蔵井(飯塚悟志)がレストランで謎の感電で亡くなってしまいます。脅迫現場を見ていた蔵井の息子の目撃証言から千川とスナオ(間宮祥太朗)、目黒(三宅弘城)は容疑者になってしまいます。

スポンサーリンク

「今からあなたを脅迫します」7話のあらすじ

テレビから、蔵井が事故でなくなったというニュースが流れてきます。蔵井は北条愛梨(横溝菜帆)の母親を脅していた男の仲間です。

千川(ディーン・フジオカ)がフォーを食べてると、警察が千川たちの似顔絵をもって聞き込みに来ます。千川はアジトに逃げ込むと、スナオ(間宮祥太朗)が来てから変なことが続いてる言って、スナオををのぞいてみんなで調べに行きます。スナオが澪(武井咲)の病院にきて愚痴ってると、千川が病院にいる愛梨と愛梨の母親のあかね(佐伯日菜子)にあいにきます。あかねは、「雨だれの会」でお世話になってるといいます。

翌日、蔵井がなくなった現場のレストランに千川とスナオのふたりでいきます。レストランでは、店員の桃花(阿部純子)に話を聞きます。その日、同級会が行われていて、蔵井はいつもと違う席に通されたといいます。そして、運悪く同じときにイルミネーションの工事をしてたようです。レンジとオーブンを同時にかけてブレーカーが落ちたときに、水を持った店員が蔵井にそのみずをかけてしまい、たまたま蔵井がイルミネーションの電線を持ったときに、ブレーカーを入れてしまったといいます。

心臓が悪かった蔵井は、そのまま亡くなってしまったということです。同級会を受けたのは店長の若林(橋本じゅん)です。

アジトに戻った千川は、間違いなく事件だといって、容疑者は4人いるといいます。

ひとり目は店長の若林、2人目は、新人アルバイトのソム・チャイ、3人目は電気業者の山岡、4人目はパートの水川です。千川は、全員脅迫して真犯人を突き止めてやるといいます。

千川とスナオは、まずパートの水川を脅迫します。いつもはホール係で、二ついっしょにスイッチを入れたらブレーカーが飛ぶなんて知らなかったといいます。ソム・チャイは、まったく白です。山岡はたまたま古いものを持っていったといいます。

スナオは、誰でも弱みがあるんですねと言って、千川にも弱みがあるんですかと聞きます。困った千川は、スナオに店長の弱みを握って来いと命じます。

千川は、アジトにはいって、黄色いバラの入ったオルゴールを開いて音楽を聴いています。そして、亡くなった恋人の来栖稚奈(松下奈緒)のことをおもいだしています。

そこに、轟がやってきます。轟は借りを作るのがイヤだと言って、澪を救ったさっさと謝礼だった望みをさっさといえといいます。そして、澪が退院するので病院にいけと脅迫して帰っていきます。店から出て行くところをスナオが見ています。

 

病院で澪があかねのことをみてると、雨だれの会の富永絢子(真野響子)がはなしかけてきます。あかねと愛梨をずっとサポートしていくといいます。病室にもどってくると、千川がみかんをたべています。千川は少し話すと今夜退院パーティをやるから家で待ってろと言ってでていきます。すれ違いに、澪の担当医の高ノ森(笠原秀幸)がはいってきます。

スナオは、レストラン店員の桃花(阿部純子)に店長の若林の事を聞きます。

若林は奥さん想いでしたが、バイクに乗ったひったくり犯に道路を引きずられてなくなってしまったとききます。若林へのプレゼントがあったのでバッグを話さなかったというと、突然千川が「それ何年前の話?」と聞いてきます。7年前に亡くなっていて蔵井とは関係がなさそうです。

アジトに戻ると、栃乙女と目黒が手巻き寿司の準備をしています。スナオも戻ってくると、全員がぐるじゃないかと言い出します。千川はあるかもしれないといって、一度脅迫してみろといいます。そして、このアジトに全員集めろといってスナオを呼びに行かせます。千川と目黒、栃乙女は3人でうちあわせをします。

 

数時間後、4人を集めてスナオが脅迫しはじめます。しかし、若林は証拠を何か持ってるかと聞くと、スナオがこまってしまい4人に詰め寄られます。すると、千川はスナオが暴走してすみませんでしたとあやまって、4人を帰します。

みんなが帰った後、目黒が帰ってきます。千川は、4人はまったく無関係だけど何か結び付けてるものがあるんじゃないかと思って、4人を呼び寄せて留守にさせて、目黒に家を調べさせたといいます。栃乙女が防犯カメラの映像を手に入れたといって、見てみましたがあやしいところはありませんです。ところが、目黒が持ってきた中に雨だれの会の手紙がまざっていて、千川がそれに気づきます。中を見てみると新聞の切り抜きに気が付きます。

そのとき、警察は蔵井の事件は事故だとニュースで発表しています。事件じゃなくなって、この件は終わりで澪の退院パーティーをしようということになります。準備を始めると、千川が手巻き寿司にイカがないといって買いに出ます。その途中で、轟にあることをおねがいして、若林のレストランに行きます。

 

千川はレストランにつくと、店長の若林を脅迫します。すべてを言わないと、蔵井の命を奪ったことを警察にバラスといいます。そして、千川はからくりを話し出します。あの日の団体客の同窓会は、本当の同窓会ではなく若林がばらばらにあつめて、蔵井を特定の席に座らせたといいます。そして、わざと大量のイルミネーションを発注して、水をなみなみとそそいで、手間がかかる料理を頼んで偶然をつくったといいます。

そして、蔵井は弱いものをいじめていたけれども、命を奪う必要はなかったんじゃないかというと、若林は、ころされて当然のくずだといいます。千川は、若林の家にあった新聞の切抜きを見せます。それは妻の命を奪った引ったくり犯が、偶然、エレベーターの事故でなくなった記事です。これも若林がやったのかと聞くと

「それはおれじゃない。すくってもらったんだ。だから、今度は俺の番だった」

といいます。千川は若林の背後にいる人間を言えとおどします。

 

その頃、スナオはパーティーが中止になったといって手巻き寿司を澪の家まで運んできます。そして、隣に引っ越してきたというと、恐怖を思い出した澪は家に入ってしまいます。スナオは3分だけ時間をくれと言って話し出します。

「ぼくは、わざとあなた方に近づきます。前に言いましたよね。来栖稚奈さんという人が亡くなったって。彼女は、僕の姉貴だよ。そして、千川さんの恋人でもあったんだ」

スポンサーリンク

それを聞いた澪はドアを開けて出てきます。スナオはスズメバチに刺されて亡くなったと言うニュースを澪に見せます。

「でも、ぼくは事故でなくなったとは思ってない。命を奪われたと思ってる。きっと、千川さんもそう思ってるはずだ」

 

レストランでは、千川が若林を壁に押し付けて脅しています。

「お前の背後には誰がいるんだ。ほかにもこうやって事故を装って命を奪ったやつがいるんだろ。言え、若林」

「おれは脅迫には屈しない。警察に言いたければ言え。俺は自分がどうなったってかまわない。女房がいない人生に意味はない。それに俺が逮捕されても仲間がいる。雨だれは石をうがつんだ」

そのコトバを聴いた千川は恋人の稚奈が歌ってたのをおもいだします。そのとき、若林はにやりとわらいます。後ろから何者かが殴ってきます。崩れ落ちた千川がうしろを振り返ると、病院にいた澪の担当医の高ノ森が特殊警防を持って立っています。高ノ森がその棒をふりおろすと千川の意識がなくなります。

(⇒8話のあらすじ

ドラマ『今からあなたを脅迫します』1話から最終回までの全話を、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは月額1,026円(税込)で日テレのドラマや映画、海外ドラマなどを別途レンタル料金なしで見れます。

Huluは2週間の無料お試しをしていますので、それを利用して無料で見れます。詳しいことはこちらから。

Hulu公式サイトはこちら ≫

「今からあなたを脅迫します」7話の感想

すごく面白くなってきます。一番初めからこのテイストでやればよかったのにと、今さらながら残念でなりません。やはり、武井咲さんは降板して、同じ事務所の剛力彩芽さんや上戸彩さんに頼めば良かったように感じます。

ディーン・フジオカさんは、やはりカッコいい役はメチャクチャハマりますよね。相手の橋本じゅんさんもスゴイいい役者さんなので、その分画面がしっくりきたのかもしれません。間宮さんも身元が分からないような危ない感じを出すのが、とてもうまくてこれから伸びていく役者さんだと思います。

それにしても、偶然を装った事件というのは、怖いですね。凶器はないですし、たまたまの偶然が起こる確率を、環境を変えることであげただけですので、犯人はいないから逮捕もされません。もしも失敗しても、何も起こらずに次の機会をうかがえばいいだけですから、証拠も残りません。

その裏には、ピタゴラスイッチを楽しむような心と、背後にいる人物に対する尊敬や臣従があるんじゃないかと思います。少し前のドラマですが、「犯罪症候群」のような、被害者の心情を利用したような犯罪だと思います。

この組織はたぶん、雨だれの会だと思いますが、袴田吉彦さんのエピソードなしに、こっちをメインにしたほうが良かったような気がします。ただ、もしかしたら、テコ入れのために6話、7話から脚本が変えられたのかもしれません。それまでの脚本とはちょっとテイストが変わったような気がします。

あと2話しかないようなので、楽しみです。

「今からあなたを脅迫します」の原作

原作の藤石波矢さんは、1988年生まれの29歳の小説家です。栃木県出身で、大正大学を卒業されて、東京ビジュアルアーツ映画学科を卒業されています。第一回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞を受賞されています。今までに6冊出されています。

また、小説の「今からあなたを脅迫します」シリーズは、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

「今からあなたを脅迫します」のキャスト

  • 千川完二 ディーン・フジオカ、脅迫屋
  • 目黒 三宅弘城、千川の仲間、凄腕盗み屋
  • 栃乙女 島崎遙香、千川の仲間、凄腕ハッカー
  • 金坂澪 武井咲、お人よしお嬢様
  • 轟雄之助 近藤正臣、澪の祖父
  • カンちゃん 山賀琴子、澪の親友
  • ぱるこ 佐藤玲、澪の親友
  • 京田カオル 鈴木伸之、澪の隣に引っ越してきた好青年
  • ロビン 蛭子能収、BAR「青龍」
  • レイチェル 内藤理沙、BAR「青龍」

7話以外のあらすじ

以上、ドラマ「今からあなたを脅迫します」の7話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

  1. […] 7話のあらすじ […]

タイトルとURLをコピーしました