「警視庁いきもの係」5話の動画とあらすじ(ネタバレ)と感想!リスザルを愛した容疑者

ドラマ「警視庁いきもの係」の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。圭子が知人からリスザルのことで相談を受けて出向いて行って見ると、知人の恋人が亡くなっているのを見つけて第一発見者になってしまいます。知人の飼っていたリスザルがあばれまわり・・・

スポンサーリンク

ドラマ「警視庁いきもの係」5話のあらすじ

圭子(橋本環奈)に、記憶喪失だと指摘された須藤友三(渡部篤郎)は、刑事をやめることを決めて辞表を書いてきます。いきもの係に入ると、ライバル店ができてつぶれそうな駅前の居酒屋屋に、つぶれないようにするために誘われます。戸惑う友三は、弘子(浅野温子)や弥生(石川恋)には、記憶喪失なんて関係ないといわれて、辞表を破かれてしまいます。

その日の夜、その居酒屋で飲んでると、友三に連絡が入ります。事件です。遺体の第一発見者は、圭子です。

友三が行ってみると、2階に圭子がいます。

圭子は、知人の五反田徹也(鈴之助)からリスザルのことで相談を受け、近くのカフェで7時近くまで生態や飼育方法を話して、リスザルの「ゴハン」を一緒に見てもらいたいと、マンションに来たのは、夜8時半前です。五反田が先に入ると、五反田の恋人の名子(渡辺瞳子)が亡くなってるのを見つけたと証言します。被害者は、車島名子で、鉄アレイで後頭部を殴打されたのが亡くなった原因です。

リスザルの部屋に戻ると、異様に扱ったので、エアコンのリモコンを探すと二つあって、ひとつには血がついています。圭子も警察署に連れて行かれます。

 

翌日、生き物係室に石松がやってきて、事件のことを教えてくれます。

鉄アレイから五反田の指紋が出ていたのと、五反田が分かれたがっていたのが決め手で、五反田が逮捕されたと話しています。五反田の趣味は剣道で、最近再びやり始めて鉄アレイで訓練しています。キッチンにおいてあった鉄アレイをもって寝室まで追いかけていって襲ったと推測されます。

そこに、捜査一課から電話があって、リスザルが暴れてるから何とかしてくれと依頼があります。圭子と友三が行って、なんとかケージに戻すことができます。圭子はケージのストッパーがゆるいのが気にかかります。

捜査ファイルを二人で見てると、名子がおしゃれ好きなのと、公衆電話から名子になんどかかかってるのが気になります。さらに、外に干してあるカラスよけのネットと、お風呂場に置いてあるおもちゃが気になります。圭子たちはリスザルを連れて帰ります。

いきもの係に帰ってくると、五反田社長室長の葛田という男性がいます。会長は、つかまった五反田徹也のおじです。徹也は一族の鼻つまみで、唯一会長からかわいがられていて、リスザルの「ゴハン」の面倒を見るために、あのマンションに住まわされていたんです。さらに、名子の親友とも付き合っていたと、葛田はいいます。

名子の親友のところに話を聞きに行くと、事件の日、名子に会っていたときに、電話があったといいます。「ちんぺ」と言う名前を言っていたと証言します。そして、五反田とは何もないといって行ってしまいます。

ペットショップ「ちんぺ」に行って店長の矢吹に話を聞くと、五反田がサルを虐待してると名子から連絡があったといいます。矢吹は、事件当日、相談したいと言われて7時半に行ってみると、すでに名子は亡くなっていたと言います。リスを連れて行こうとして腕をかまれてパニックになって、警察に連絡しなかったと言います。そのときに、サルの部屋が暑かったったんで、リビングからエアコンの端末を持ってきたと話します。

圭子は、矢吹がリスを出そうとしたときじゃなくて、オリに入れようとしたときに腕をかまれたと言います。そこから、名子がゴハンをオリから出そうとして失敗して、追いかけてるうちに、ゴハンがキッチンにおいてあった鉄アレイを落としてしまったと推理します。そして、たずねてきた矢吹がすべてを理解して、名子を寝室まで運んでいって、ゴハンを折りに戻したんだと推理します。

石丸に言うと、サルが犯人で落ち着きそうです。

友三はいきもの係の部屋に帰ると、圭子が泊り込んでいます。矢吹の事情聴取が始まって、ゴハンのえさのキーウィが腐ってたと言うと、圭子は、何かに気がつきます。五反田の部屋から出た腐ったキーウィを見てみると、中からピアスが出てきます。圭子は、「犯人が誰だかわかりました」と友三に言います。

翌日、五反田が釈放されると、圭子はいきもの係に五反田を呼びます。「ゴハンを犯人にしたいんでしょうが、そうは行きません」とはっきり言います。五反田は、分かれようと思ってた名子の頭を殴り、ゴハンに罪をなすりつけようとしましたが、店長の矢吹が来て偽装工作をしてしまいます。それで計画が狂ってしまいましたが、なんとかゴハンに擦り付けます。ところが、名子は最後にピアスをしていたと証言していしまいます。ピアスは、ゴハンがキーウィの中にかくしたと言うと、モップの棒で友三を襲い掛かって着ます。何とかやっつけて逮捕することができます。

スポンサーリンク

(⇒ 6話のあらすじ

ドラマ「警視庁いきもの係」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)でフジテレビのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料トライアルをしていますので、その間に「警視庁いきもの係」を無料で見れます。詳しくはこちら。

FOD公式サイトへ ≫

ドラマ「警視庁いきもの係」5話の感想

面白かったですね。リスザルの習性がわからないと、謎は解けなかったように思います。実際の現場ではこんなことは起きないとは思いますが、いがいなところに盲点があって、その関係性を操作されてると思います。

ドラマ「警視庁いきもの係」の原作

原作は、大倉崇裕さんです。1968年生まれの48歳の推理作家です。学習院大学法学部を卒業されて、会社勤めをされた後、1997年「三人目の幽霊」で創元推理短編賞佳作を受賞されて、2001年にデビューされます。今回のドラマの原作は、

この4冊をベースにされています。他にも、面白いドラマや、ドラマ化されたものがあります。

「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」にも10位以内で選ばれていますので、ドラマを見てオモシロかったら読んでみてください。

小説「小鳥を愛した容疑者」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

ドラマ「警視いきもの係」のキャスト

  • 須藤友三 渡部篤郎、いきもの係警部補
  • 薄圭子 橋本環奈、いきもの係巡査
  • 田丸弘子 浅野温子、いきもの係事務
  • 三笠弥生 石川恋、警察博物館受付
  • 石松和夫 三浦翔平、捜査一課巡査部長
  • 日塔始 長谷川朝晴、捜査一課係長
  • 桜井薫 清原翔、捜査一課刑事
  • 二出川昭吉 でんでん、警察官OB
  • 鬼頭勉 寺島進、捜査一課管理官
  • ナオミ ティティ、猫

5話以外のあらすじ

以上、ドラマ「警視庁いきもの係」5話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました