「警視庁いきもの係」最終回のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!ギヤマンの鐘が!

ドラマ「警視庁いきもの係」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。圭子と友三はギヤマンの鐘と手を組んだ庄野(利重剛)を捜索してると、ギヤマンの鐘の信者たちに取り囲まれてしまいす。

スポンサーリンク

ドラマ「警視庁いきもの係」最終回のあらすじ

須藤(渡部篤郎)は、鬼頭管理官(寺島進)にギヤマンの鐘のことを聞きます。10年ほど前に生まれた進行宗教団体ですが、実態は詐欺集団だということで、鬼頭管理官はたびたび偵察に行っています。近々大規模な集会があるので、それで逮捕しようとしていると話します。

そして、庄野一樹(利重剛)の写真を見せると、圭子(橋本環奈)はバスとファミレスで見かけたといいます。蜂によるテロを主導してると説明します。実は今から5年前、庄野はある事件の容疑者となって、連日警察で鬼頭管理官から取り調べを受けています。ところが真犯人がほかにいて、逮捕されたので庄野は釈放されましたが、そのあいだに、経営していた養蜂場が台風のために全滅してしまったんです。そのときギヤマンの鐘が近づいて、警察をうらんでる感情を利用して手を組んだんです。

鬼頭管理官は、庄野を逮捕して計画を阻止してくれと友三と圭子に頼みます。

 

友三たちは、いきもの係の部屋に行って、庄野の養蜂場の場所を弘子(浅野温子)に聞きます。弘子は懐かしそうにその事件のことを話して、養蜂場が全滅したことから、鬼頭管理官がいきもの係を立ち上げたと話してくれます。

友三と圭子は養蜂場の後にやってきます。犬の鳴き声がちょっと離れた小屋からしてきたので行こうとすると、庄野と怪しげな二人が現れて、パチンコで狙われます。あわてて近くにあった小屋ににげこもうとしましたが、小屋の中に蜂がいるわなだと圭子が気がつきます。圭子は、友三のベルトを使って投石器を作って逆に相手を狙撃し始めます。怪しげなやつらは逃げていきます。

友三がそいつらがたってたところに行くと、スマホが落ちています。鑑識に回します。

友三たちがいきもの係に戻ると、日塔たちがやってきます。石松からの依頼で、ハリネズミ事件の栗原夫妻の過去を洗ってほしいということです。実は、庄野が冤罪で取調べを受けていた事件の容疑者が栗原夫妻です。そのときは、証拠不十分で逮捕されませんです。先日逮捕されたときに、「5年前から見てるぞ」というメッセージカードが送られてきたときに、妻の亜紀子は自首しようとして夫の栗原とけんかになったと供述しています。

栗原を事故に見せかけて命を奪ったのは、庄野です。そのことを石松に話しに行くと、病院の中で、先日、山の中で蜂に刺された今尾がいます。都心の警察病院に転院になったということで、病室で話をしてると鬼頭管理官から電話が来ます。

鬼頭管理官の部屋に行くと、日塔が、スマホの解析結果を話してくれます。使い捨て携帯の電話番号が二つしか入っておらず、写真が3枚入っていただけです。写真は、「09100930」という番号と夕日と警視庁です。

鬼頭管理官は、翌日、ギヤマンの鐘の本部に踏み込むといいます。

友三と圭子はその写真を持って喫茶店に行きます。圭子は夕日の写真に珍しいフルーツコウモリが写ってることを見つけます。1週間前に警察博物館の前で2羽のフルーツコウモリを圭子が保護しています。そして、警視庁の写真は、博物館にかかってるぱねるをとったものだとわかります。そして、数字は、警察博物館で行われる「秋の地域安全フェア」の日付だとわかります。庄野はイベントで蜂をばら撒くつもりだと推測します。

友三が鬼頭管理官に連絡しようとすると、バイケイソウの花が落ちます。それを見て圭子は、

「わたしわかります。わかっちゃったんです。事件の真相」

 

翌日、秋の地域安全フェアが始まります。庄野は警察官に扮装して博物館の中に進入します。すでにイベントは始まっていて多くの人が歌手の歌を楽しんでいます。庄野が白い服に着替えてメインステージに向かうと、友三が、

「やっとあらわれたな。こっちだよこっち」

と声をかけます。周りにいた人は全員警察官です。庄野は観念して蜂が入ってるかごを出して周りにいる人を脅して逃げます。庄野はいきもの係に逃げ込みます。友三は計画は失敗だというと、「失敗?今にわかる」と言って、カウントダウンを初めます。

ゼロになると、

「よっしゃー。われわれの勝利だ。鬼頭管理官はしんだ」

と叫びます。

その頃、病院では、今尾が拳銃を寝てる鬼頭管理官に発射して血がでてきます。ところが、布団を跳ね除けて四十万が起きてきます。石松も医者に変装してかくれていて、今尾を逮捕します。友三に指示されたんです。

実は10分前に今尾が銃を突きつけたのが医者に扮した石松で、四十万がふんした鬼頭管理官のいる部屋に連れてきたんです。拳銃は、朝の検査のときに、四十万が変えておいたんです。今尾もギヤマンの鐘の信者です。圭子は、バイケイソウの花ですべてがわかったといいます。

それを庄野に話してると、鬼頭管理官がロッカーから出てきます。鬼頭管理官が5年前の事件からこの部署を作ったというと、庄野はさらに怒って、おくの飼育室に入っていきます。

そして、「お前たちの大事なものをなくしてやる」と言って蜂のかごを開けようとします。

すると、圭子が「親方ー!」と叫びます。驚いた庄野の手が止まります。友三が「親方?」と聞くと、隣にいた豚の名前だと説明します。圭子は、この場所にいる動物には罪がないといいます。そして、庄野のミツバチに対する愛情もわかったといいます。庄野がもう残骸だというと、ミツバチがたくさんいて、ミツバチが集まってきてるとはなします。

友三は、

「過去にもどることはできない。だが、やりなおすことはできる。あの場所がある限り、いつかミツバチと暮らせる日々を取り戻せることができるはずだ」

それを聞いた庄野は動物たちを見て観念します。

 

ギヤマンの鐘の本部の捜査も完了し、解散させることができます。友三は、鬼頭管理官に呼ばれて、捜査一課に転属を命じられます。が、友三はこのままいきもの係でやっていくといって断ります。

友三がいきもの係りに戻ってくると、ナオミの飼い主が引き取りにきます。

(おわり)

ドラマ「警視庁いきもの係」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)でフジテレビのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料トライアルをしていますので、その間に「警視庁いきもの係」を無料で見れます。詳しくはこちら。

スポンサーリンク

FOD公式サイトへ ≫

ドラマ「警視庁いきもの係」最終話の感想

面白かったですね。最近の月9よりも良いドラマだったとわたしは思います。回を追うごとに、橋本環奈さんの演技はうまくなっていくし、周りの役者さんたちとの息もぴったりあってきてとっても良かったと思います。ぜひ、シーズン2をつくってもらいたいです。毎回1億円使うようなドラマは要らないので、こんな感じの、親子で見れてほんわかとするようなドラマを作るように期待しています。

今回のドラマの中で良かったセリフは、友三の最後のセリフ、

「過去にもどることはできない。だが、やりなおすことはできる」

ですね。どう頑張っても過去には戻れないですし、たとえ戻っても、別な結果が待ってるだけです。逮捕されなくても台風でやられてしまったかもしれないですし。

なので、過去をやり直したいと執着するよりも、過去の出来事の意味を変えたり、もう一度やり押すことに力をつかった方が良いと思います。

この世界には、慣性の法則がります。一度力をくわえられたら、同じ方向に動き続けるという法則です。人間にも、慣性の法則があります。一度やり始めたことで、結果がなかなかうまくいかないときには、そこでスパッとあきらめられないことが多いです。ギャンブルは特にそうですね。「10万円つっこんだから、このままでは止められない」と思ってさらに赤字を大きくしてしまいます。仕事もそうです。うまくいかないのに、無理をして続けていくと、メンタル的に弱ってしまうこともあります。

それが慣性の法則ですが、たまには、思い切ってすっぱり諦めてみるのも、ひとつの手です。「もったいない」とか、「せっかく」とかおもわずに、結城を出して一度立ち止まってみることで、新しい世界を見ることができるときがあります。ミクロ的に見ていたものがマクロ的に見えたり、俯瞰して見ることができるようになります。

まるっきり別な方法を試してみるのも、いいことだと思います。けっしてひとつのやりかたしかないはずじゃないので、違う方法を探してみたり、そのものをやめてみるのも良い経営者としては大切なことだと思います。

「過去にもどることはできない。だが、やりなおすことはできる」

良い言葉だと思います。良い言葉があったら、そのときには、必ず紙に書いて、壁に貼っておくことをおすすめします。100均のコルクボードを買って、そこに貼り付けていくのもいいと思います。今はイイコトバだと思っても、必ず忘れてしまいますので、PCでいえば、外付けハードディスクみたいな感じで、そういったものを利用していくと、考えるスピードが変わってくるとわたしは思います。

ドラマ「警視庁いきもの係」の原作

原作は、大倉崇裕さんです。1968年生まれの48歳の推理作家です。学習院大学法学部を卒業されて、会社勤めをされた後、1997年「三人目の幽霊」で創元推理短編賞佳作を受賞されて、2001年にデビューされます。今回のドラマの原作は、

この4冊をベースにされています。他にも、面白いドラマや、ドラマ化されたものがあります。

「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」にも10位以内で選ばれていますので、ドラマを見てオモシロかったら読んでみてください。

小説「小鳥を愛した容疑者」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

ドラマ「警視庁いきもの係」のキャスト

  • 須藤友三 渡部篤郎、いきもの係警部補
  • 薄圭子 橋本環奈、いきもの係巡査
  • 田丸弘子 浅野温子、いきもの係事務
  • 三笠弥生 石川恋、警察博物館受付
  • 石松和夫 三浦翔平、捜査一課巡査部長
  • 日塔始 長谷川朝晴、捜査一課係長
  • 桜井薫 清原翔、捜査一課刑事
  • 二出川昭吉 でんでん、警察官OB
  • 鬼頭勉 寺島進、捜査一課管理官
  • ナオミ ティティ、猫

最終話以外のあらすじ

以上、ドラマ「警視庁いきもの係」最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました