家売るオンナの逆襲の6話のあらすじ。ライバルとまさかの最強タッグ!?

家売るオンナの逆襲

ドラマ「家売るオンナの逆襲」の6話のあらすじなどを紹介します。2016年7月から放送された「家売るオンナ」のシーズン2になります。シーズン1では北川景子さん演じる三軒家万智と仲村トオルさん演じる屋代大が結婚して離島に行ってサンチ―不動産をおこしましたが、シーズン2ではどんな展開になるのでしょうか?

ドラマ「家売るオンナの逆襲」の6話のあらすじ

留守堂(松田翔太)の正体は同級生の“ドジスケ”こと三瓶良雄であることが発覚しました!ふたりが通っていた小学校で、万智(北川景子)は留守堂から愛の告白をされました!屋代(仲村トオル)はそのふたりをみていましたが、急にくしゃみがしたくなってその場を離れます。

その間に万智は「愛してない」と答えますが、留守堂は心からの愛をこめて挑み続けると宣言します。屋代が戻ると、二人ともいませんです。

屋代が帰り道にスーパーをよると、白洲美加(イモトアヤコ)がいます。話してると、とても優しげな女性店長・三郷楓(真飛聖)に出会います。

そんな中、万智と庭野(工藤阿須加)は美容院を経営する八十多湊人(武田航平)・つぐみ(内山理名)夫妻を担当する。湊人は芸能人の髪も担当する超有名人気美容師です。万智は内見をさせながら風水的にとてもいいと説明します。すると、ビジネスパートナーでともだち夫婦だと言われます。家はすんなり売れましたが、万智は夫の湊人を庭野に尾行させます。

すると、主婦のまり(筧美和子)と途中で逢って、手をつないであるいてきます。庭野に気づくと、妻も良くわかってるといわれます。

家で万智が待ってると、妻のつぐみが忘れた傘をとりにもどってきます。万智は夫婦間のプライバシーの分け方を教えてくれとおねがいします。家の中にはいると、つぐみは恋愛感情は卒業してビジネスだけの夫婦になってるといいます。そして、お互いに外での恋愛は自由にしてるといいます。

事務所に帰った庭野は、お互いの不倫を公認している“友達夫婦”の八十多家の突飛な夫婦観を新宿営業所メンバーに話して、おおさわぎになります。そこに町が帰ってきて、くだらない議論だと一蹴します。

一方、留守堂はバーちちんぷいぷいで大学教授の尾田順平(橋爪淳)から家探しの相談を受けてます。妻のまりの愛を独占したいと話す順平でしたが、夫婦関係は新鮮味を失っていて様子も変だということです。

その夜、屋代から留守堂の正体を聞いた庭野は、留守堂が万智に近づくことに激しい抵抗を覚え、本人に直訴しに行きます。しかし、『密かに思う心の自由』は誰にも侵すことはできないと諭され、いつの間にか留守堂と意気投合してしまいます。

心を許した庭野から八十多家の話を聞いた留守堂は、自分の客・順平の妻と万智の客が不倫関係にあることに気づきます。

翌日、契約のために来店した湊人のところに、妻の不倫に気づいたまりの夫の順平が乗り込んで来ます。湊人はお互いに納得して付き合ってると説明しますが、順平は怒ってけんかになります。

スポンサーリンク

順平が帰った後、屋代と万智が湊人に話を聞きます。すると、家の契約はいったん白紙になります。

二組の夫婦の家探しが暗礁に乗り上げる中、万智が協力を呼びかけたのは留守堂です。翌朝、留守堂がテーコー不動産にやってきます。万智は運命の出会い大作戦を行うと宣言します。万智の計画の元、みんなが動き始めます。

計画は、つぐみと順平を引き合わせて恋愛感情にさせることです。計画通り、ふたりはひかれあいます。

万智は順平夫婦と湊人夫婦を会社に呼んで家を買ってくれとお願いします。4人の関係はそのままで、同じマンションを買ってくれと留守堂とふたりでプレゼンします。4人はマンションを買うことにします。

その日の夜、屋代がスーパーにいくと、白洲美加が缶詰を倒します。おもわずいっしょにいた店長の三郷楓をからだを呈してたすけると、抱き合ってるところを白洲美加に写メをとられてしまいます。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「家売るオンナ」シリーズはHuluで見ることができます。Huluは月額1,009円(税込)ですが、個別課金は全くなしで色々なドラマや映画をみることができます。たったの1000円で見放題ですので、ドラマ好き、映画好きのあなたにおすすめです。入会してから2週間、月額料金が無料になるお試しキャンペーンをしています。2週間以内に解約すれば完全に無料です。

ココをクリックしてHuluに行く!

ドラマ「家売るオンナの逆襲」のキャスト

  • 三軒家万智 北川景子、テーコー不動産チーフ
  • 屋代大 仲村トオル、万智の夫、課長
  • 庭野聖司 工藤阿須賀、テーコー不動産社員
  • 足立聡 千葉雄大、テーコー不動産チーフ
  • 布施誠 梶原善、テーコー不動産契約社員
  • 宅間剛太 本田力、テーコー不動産社員、白洲とは離婚
  • 八戸大輔 鈴木裕樹、テーコー不動産社員
  • 鍵村洋一 草川拓弥、テーコー不動産社員
  • 床嶋ゆかり 長井短、テーコー不動産デスク
  • 珠城こころ 臼田あさ美、バーちちちんぷいのママ
  • 白洲美加 イモトアヤコ、バーちちんぷいのホステス
  • 留守堂謙治 松田翔太、万智のライバル

各話のあらすじ

以上、「家売るオンナの逆襲」の6話のあらすじです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました