家売るオンナの逆襲の2話のあらすじ。ワケあり客はネットカフェばばあだった?

家売るオンナの逆襲

ドラマ「家売るオンナの逆襲」の2話のあらすじなどを紹介します。2016年7月から放送された「家売るオンナ」のシーズン2になります。シーズン1では北川景子さん演じる三軒家万智と仲村トオルさん演じる屋代大が結婚して離島に行ってサンチ―不動産をおこしましたが、シーズン2ではどんな展開になるのでしょうか?

ドラマ「家売るオンナの逆襲」の2話のあらすじ

テーコー不動産に庭野(工藤阿須加)のお客様の神子巴(泉ピン子)がやってきます。神子は何件も内見をしていて今度こそ決めると言っていたのですが、気が変わった、20件物件を用意しておけと言って帰ってしまいます。帰り際、エレベーターで万智(北川景子)とすれ違います。

その日の夜、庭野は神子に言われた物件を用意していて残業で終電を逃し、生まれて初めてネットカフェ「シーラカンス」に泊まることになります。そのころ、足立(千葉雄大)は趣味のフェンシングに行って噂の切れ者不動産屋・留守堂(松田翔太)と練習をしています。そのあと、ふたりでいつものちちんぷいぷいに行きます。そこに、今日は家に帰れないと言われた屋代(仲村トオル)と布施(梶原善)がやってきます。

屋代は、足立から留守堂だと紹介されてびっくりします。留守堂はしばらく一緒に飲んで帰っていきます。屋代たちから留守堂とは付き合うなと言われます。

万智が道を歩いてると、後ろから留守堂から現れて、「シーラカンス」ですねと言われます。

 

翌日、庭野が神子を内見に連れて行きます。すると、途中、万智が現れます。ところが、神子は万智から家は買わないと言われてしまい、神子と庭野はおやつを食べに行きます。そのあと、ちちんぷいぷいに飲みに行きます。すると、足立と留守堂がいます。

そのころ、万智は神子に家を売ると言って夜の街をさまよっています。

庭野が神子と別れてふたたびネットカフェ「シーラカンス」にくると、万智がいます。万智は、一緒に泊まると言ってカップルシートを頼みます。

庭野と万智はカップルシートに行きましたが、何もせずにずっとシートに座っています。そして庭野が鼻血を出して洗いに行くと、神子とすれ違います。庭野が話しかけると、無言で部屋に逃げ込みます。庭野が外から帰りましょうとはなしてると、隣の部屋から留守堂が出てきます。留守堂は、庭野の認識が違う、みんなここにいるのはあわれじゃないといいます。

そして、自分も30連泊してるといって、部屋に連れていかれて話をします。留守堂は、ここにいる人たちはみんな希望を持っていて、自分の家に価値を見出さないひともいると言います。そして、価値観も多様化していて、ここに住む人を憐れむのは間違ってるといいます。

それを聞いていた神子は留守堂たちの部屋に入ってきます。

神子は、住んでたアパートが取り壊されて出てきたんだけど、身寄りがないからどこのアパートも貸してくれないと涙ぐみながら話します。そして、家を買っても一人だということに気づいて、庭野をひっぱりまわしていたと泣きながらあやまります。

留守堂は、神子の気持ちがよくわかると言って神子を抱きしめます。部屋に帰った庭野に、「優しさだけでは家は売れない」と万智に怒られます。

翌日、ちちんぷいぷいに庭野と留守堂がいます。庭野がセキュリティのついた家を売ればいいいいと思ってるというと、留守堂は、家を売っても幸せにならないと言われます。庭野がなぜネットカフェに住んでるのかと聞くと、留守堂は宝の山だからだよと言われます。

庭野は神子を老人ホームに連れて行きます。すると、子ども扱いされたり、他の年寄りたちを見て神子は怒って帰ってしまいます。

スポンサーリンク

庭野がいっしょにネットカフェに帰ると、あと3日で閉店すると言われます。すると、万智がでてきて、ポケットマネーでここを買ったので、人のためにならないから潰すと宣言します。そして、住んでる人たちに向かって、大切な問題から逃げてるだけだと大声で叫びます。そして、ここにいるひとはすべて頑張ることをあきらめてる甘ったれで、どんな未来も訪れないといいます。

すると、神子は、必死で頑張ってもできないひとはできない、世の中には吹き溜まりだって必要だといいます。

それをきいた万智は、ここを自分から買い取ってネットカフェのオーナー兼住人になればいいといいます。そして、吹き溜まりの殿堂にしろといいます。

それを聞いていたネットカフェの住人たちがでてきて、みんな拍手をはじめて「買ってくれよ」「やってくれよ」と口々に話し始めます。神子はそれを聞いて涙を流します。万智は心の中で、「落ちた」とつぶやきます。

しばらくして庭野がネットカフェの前を通ると、名前がネットカフェ「ばばあ」になっています。中をのぞくと、神子が楽しそうにはたらいています。すると、万智がやってきます。じつは、ネットカフェに住んでた男女が結婚するということで家を売りに来たんです。万智は都内のネットカフェをしらべて家を買いそうな人たちを物色していたんです。

帰り道、庭野が万智に何でネットカフェなのかと聞くと、留守堂と同じように「宝の山だ」と答えます。

その日の夜、残業していた万智が帰ろうとすると、足立から相談を受けます。最近、良いなと思ってる人を見ると、鼻血が出るけどどうしたらいいのかということです。それは普通だというと足立は安心します。ただ、足立の思ってるひとは留守堂です。

ちちんぷいぷいでは、留守堂と屋代、庭野が飲んでいます。留守堂は万智の過去のことを知っていて屋代はびっくりします。

(⇒3話のあらすじ

ドラマ「家売るオンナ」シリーズはHuluで見ることができます。Huluは月額1,009円(税込)ですが、個別課金は全くなしで色々なドラマや映画をみることができます。たったの1000円で見放題ですので、ドラマ好き、映画好きのあなたにおすすめです。入会してから2週間、月額料金が無料になるお試しキャンペーンをしています。2週間以内に解約すれば完全に無料です。

ココをクリックしてHuluに行く!

ドラマ「家売るオンナの逆襲」のキャスト

  • 三軒家万智 北川景子、テーコー不動産チーフ
  • 屋代大 仲村トオル、万智の夫、課長
  • 庭野聖司 工藤阿須賀、テーコー不動産社員
  • 足立聡 千葉雄大、テーコー不動産チーフ
  • 布施誠 梶原善、テーコー不動産契約社員
  • 宅間剛太 本田力、テーコー不動産社員、白洲とは離婚
  • 八戸大輔 鈴木裕樹、テーコー不動産社員
  • 鍵村洋一 草川拓弥、テーコー不動産社員
  • 床嶋ゆかり 長井短、テーコー不動産デスク
  • 珠城こころ 臼田あさ美、バーちちちんぷいのママ
  • 白洲美加 イモトアヤコ、バーちちんぷいのホステス
  • 留守堂謙治 松田翔太、万智のライバル

各話のあらすじ

以上、「家売るオンナの逆襲」の2話のあらすじです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました