ドラマ「ホリデイラブ」の3話のあらすじ(ネタバレ)と動画。杏寿が純平を追い出す?

ドラマ「ホリデイラブ」の3話のあらすじ(ネタバレ)です。娘・七香(渋谷南那)の父親を思う姿に心動かされ、クリスマスの2日間だけ浮気した夫・純平(塚本高史)が家に帰ってくることを許した高森杏寿(仲里依紗)。しかし家に戻ってくる直前、純平がまたも浮気相手・井筒里奈(松本まりか)と会っていたことが発覚する! 純平の真意が見えず、不信感を募らせる杏寿。夫婦の復縁を願う純平は「信じてくれ」と懇願するが、もはや杏寿は夫のことが信じられない状態だ。これが家族そろって過ごす最後のクリスマス――そう心に決めた杏寿は、七香の前では以前と変わらぬ“幸せな家族”を演じ抜くことに…。

スポンサーリンク

3話のあらすじ

里奈が暴走?

娘・七香(渋谷南那)の父親を思う姿に心動かされ、クリスマスの2日間だけ浮気した夫・純平(塚本高史)が家に帰ってくることを許します。純平が帰ってくると、七香はとびつきます。家に入った純平に、この二日間、七香のために今までどおりに過ごすけど、最後のクリスマスだからと釘を刺します。食事が始まると、七香は大はしゃぎです。

七香が寝たあと、「ごめん」と純平が謝りますが、井筒渡(中村倫也)から送られた写メが頭にこびりついて「なにをしてるのかわからない」と言って部屋に行ってしまいます。純平はまさかとられていたとは気づいていませんです。

翌日の夜、井筒里奈(松本まりか)が純平たちの写真をみてると渡がいきなりあらわれます。そして、見ていたすまほをとりあげて、

「いっしょうかけて、俺に償え」

とさけびます。

その頃、純平の家では、純平が車に荷物をのせています。七香がいなくなったときに、「純平、元気でね」と杏寿(仲里依紗)はいいます。帰ってきた七香が正月も来てねというと、「仕事なんだ」と言って車を出します。そのあとを七香は追いかけていきます。

家のテーブルで座ってると、井筒渡から電話がかかってきます。

車中生活に

翌日、杏寿は渡と喫茶店であいます。渡は、このあいだ二人が会っていたのは、里奈がただ追いかけていただけだといって、許せそうか?といわれます。そして、まだ里奈のことを好きだといいます。杏寿もまだ混乱の中にいるけど、やり直してもらいたいと応援します。

家に帰った渡は、純平がクリスマスのときに家族団らんで過ごしたことを話します。すると、里奈は心ここにあらずの顔でボーっとしています。

よく日、杏寿のところに、姉の亜沙美(三津谷葉子)がやってきます。順平のことを話すと、許すタイミングを誤っちゃだめだよといわれます。いつまでも怒ってると、離れていってしまうということです。

純平の会社が正月休みに入ります。ホテルを探しますが、どこも開いていませんです。公園のようなところで寝ます。

翌朝、気がついて起きると、変なおっさんが車の中を診ています。車を降りてみると、周りに同じように車中生活をしてる男性達がたくさんいます。

昼になると、そのおっさんから日本酒の差し入れをもらいます。純平はそのおっさんに話しかけていっしょに飲みながら話を聞きます。生きてる限り、取り返しのつかないことはないと教えてもらいます。

杏寿は、アルバムを見ながら亜沙美の言葉を思い出しています。

杏寿が家にひとり

翌日、七香は亜沙美と出かけていきます。杏寿は出掛けに、純平に連絡するつもりだと亜沙美に言います。家に戻って杏寿がブログを更新しようとすると、里奈からメールが来ています。そこには、純平とのことが生々しく書かれています。杏寿はすぐにPCをとじますが、メールを見たことがわかった里奈はスマホを抱いて喜びます。

翌朝、坂口麗華(壇蜜)から夕食をいっしょにしようと電話がかかってきます。強引な誘いに断り割り切れずにうけてしまいます。すると、黒井由伸(山田裕貴)から同業者の新年会のお誘いがありましたがことわります。

スポンサーリンク

杏寿の春田龍馬(平岡祐太)の店に、黒井のル二エールという店の社員がやってきます。黒井と杏寿が知り合いだというと、写真を見せてくれるといいますが、見当たりませんです。

その日の夜、杏寿が指定された場所に行くと、麗華がすでに待っています。食事をしてると、黒井から新年会の二次会にさそわれます。外に出て歩いてると、黒井と出会います。すると、麗華が仕事のトラブルができたといって帰っていきます。杏寿が帰ろうとしましたが、黒井は強引に連れて行きます。杏寿は純平のグチをいいながら飲んでしまいます。店を出てふらふらと歩いてそのままホテルのバーにいきます。

ホテルの部屋で

飲んでると、<なんだか独身時代に戻ったみたい>とおもっています。黒井は

「二番目でもいいから、俺のところに来てほしい」

といって、くどきはじめます。

そして、帰り間際、黒井は壁どんして杏寿にきすをします。杏寿は、黒井を振り払ってそとにいきますが、黒井が追いかけてきて後ろから抱きしめられます。そして、ホテルの中に行きます。そして、シャワーをあびます。その後二人はベッドで抱き合います。杏寿はときめきます。

店が終わって帰ろうとしてる龍馬のところに、昼間のお客のル二エールで働いてる女の子からメールが来ました、そこには黒井社長の写真がありましたが、杏寿とあってる男性とは似ても似つかない人物です。

(⇒4話のあらすじ

ドラマ『奪い愛、冬』は、TELASA(旧auビデオパス)という動画配信サービスで見れます。TELASAは月額562円(税抜)で、テレビ朝日のドラマや映画をメインに見れるサービスです。「相棒」や「刑事7人」「未解決の女」などを見れます。

15日間無料のお試しをやっていますので、それを利用して無料で見ることができます。詳しくはこちら。

TELASA(テラサ)公式サイトへ ≫

各話のあらすじ

ドラマ「ホリデイラブ」の原作

原作のこやまゆかりさんは、1988年にデビューされた漫画家で、恋愛にかかわ普遍的な女性の喜びや悩み、不遇な立場を扱う作品が多く、多くの女性たちの共感を呼んでロングセラーになってるものが多いです。「スイート10」や「バラ色の聖戦」はドラマ化されています。

マンガ「ホリデイラブ」は、楽天ブックスで電子書籍でも紙の本でも購入することができます。

キャスト

  • 高森杏寿 仲里依紗
  • 高森純平 塚本高史、杏寿の夫
  • 高森七香 渋谷南那、娘
  • 黒井由伸 山田裕貴、正体不明のイケメン
  • 春田龍馬 平岡祐太、杏寿の友人
  • 坂口麗華 壇蜜、謎の女、スピリチュアルアプリをすすめる
  • 井筒里奈 松本まりか、純平の浮気相手
  • 井筒渡 中村倫也、里奈の夫
  • 小泉駿 飯島寛騎、純平の後輩
  • 一ノ瀬真人 岡田龍太郎、純平の後輩

以上、ドラマ「ホリデイラブ」のキャストや3話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました