ドラマ「ホリデイラブ」の2話のあらすじ(ネタバレ)と動画。順平が家を出て行く?

ドラマ「ホリデイラブ」の2話のあらすじ(ネタバレ)です。ずっと信じ続けてきた夫・純平(塚本高史)が浮気をしていた――。これ以上はない裏切りに、高森杏寿(仲里依紗)の心はひどく傷つけられる。事の経緯を説明し、「やり直したい」と必死に許しを請う純平。だが、杏寿には到底受け入れることができない。

スポンサーリンク

2話のあらすじ

純平(塚本高史)と里奈(松本まりか)が裸で抱き合ってるところに乗り込んできた夫の渡(中村倫也)は、純平をぼこぼこに殴ったあと、会社を辞めてすぐこの町から出て行けといいます。さらに、法的手段をとってとことん追い詰めて社会的に葬ると告げます。

純平がそのことを杏寿にそう話して、東京に戻って他のところで働き始めるといいます。杏寿が「そんなにわたしに不満だった?」と聞くと、純平は土下座をして「そんなことはない。許してくれ。本当に後悔してる」といいます。

杏寿は、触らないでと手を振り払って、「どんな言い訳されたって裏切られたことには変わりないから」と言って、ずっとどんな思いで純平のことを待っていたのかを話し出します。純平は「ごめん」と繰り返します。そして、二人を失いたくないからもう一度やり直させてくれといいます。

ところが、杏寿は

「わたしたち、もうおわりね。二度とこの家に帰ってこないで。今すぐ出て行って。本当顔も見たくない。おねがい、出てって」

と言います。

純平は車に乗って涙を流しながら<おわりだ・・・>と思います。

杏寿がソファでぐったりしてると、電話が鳴ります。出てみると、麗華(壇蜜)で、これからやってくれないか?ということです。杏寿がことわると、

「そうよね、さすがに当日じゃ突然すぎるわよね」

と行った後、杏寿の声に何か気がついた麗華は、気分転換しろと教えてくれます。そして、「仕事は決して裏切らないわ」といいます。杏寿が姉と同じことを言ってるというと、麗華はその姉のことを知ってるようにいいます。

その日の夜、娘の七香(渋谷南那)には、純平が日曜日に仕事になったといいます。

里奈の家では、夫の渡が里奈に子供がいるから離婚はしないが、これからは言うとおりにしろと攻めています。たとえ離婚するとしても子供は渡さないと伝えます。

純平が会社にいるとわたるから電話がかかってきます。まだ会社を辞めていないことを聞くと、早くしろと急き立てます。電話を切った純平は、部屋に戻ると、里奈が出社してきます。その腕には包帯が巻かれています。一人になったところを見計らって里奈に話しかけます。純平は、「お互い家族の元に戻れたらいいなって」と言うと、このまま会社でパートを続けると里奈は言います。そこに社員が出てきてすぐに里奈は事務所の中に戻ります。

杏寿は離婚届を撮りに行きます。帰り道、友人の春田龍馬(平岡祐太)に呼び止められて、喫茶店にいってなぐさめられます。そして、離婚しないほうがいいとさとしますた。ですが、杏寿は、純平が里奈に女としてときめいたことが一番許せないといいます。杏寿の気持ちがわかった龍馬は「その女執念深そう」とアドバイスします。

そのあと杏寿は、ネイルのセミナーに行きます。そこで、スモーキーマスタードの寝入るが内科と聞くと廃盤になったと教えられます。それを聞いていた黒井由伸(山田裕貴)が、奥の倉庫からもってきてくれてプレゼントしてくれます。すると、「もしかして、杏寿さんですか?」といわれます。じつは、麗華のアプリで登録したときに向こうからアクセスして来た人です。黒井は杏寿をお茶にさそいますが、断ってるうちに秘書が来て取材だといわれて上に行ってしまいます。

純平は、一人残って残業しながら、娘の七香からもらったキーホルダーを見ながら七香と杏寿のことを思っています。そして、本当に反省してるので帰ってはいけませんか?とメッセージを送ります。すると、すぐに<帰ってこないでください。報告以外の連絡はいりません>と帰ってきます。

翌日、純平は退職願を出します。

麗華が杏寿のネイルサロンにやってきます。寝入るをしてもらいながら、

「この家、マイナスとプラスのオーラが交錯してるわね、根付くか、くずれおちるか、瀬戸際ね」

といわれます。そして、黒井のことを聞かれるといい人だったと当たり障りなく答えます。もしも男と女の関係になったらと麗華に言われると、向きになって否定します。そして、麗華がきっと黒井から連絡が来てるはずだから見てといわれると、探していたものがたくさん店にあるとメッセージが入っています。

スポンサーリンク

翌日、スイーツのお土産を持って黒井の店に行きます。店の下の喫茶店で待ってると、黒井がやってきます。黒井は、今度オーナーの集まりに来ないか?とさそわれます。黒井はなぜアプリに登録したのか聞くと、麗華のことを少し話します。すると、女性社員が杏寿にプレゼントするものを持ってきてくれます。その社員が行った後、素敵な人だというと、1年前に浮気されてやっと最近離婚できたんだと黒井が言います。離婚できて顔も晴れ晴れになったといって、なんでそんなやつと結婚しちゃったのかな~としみじみいうと、杏寿は「男ってそういうモンでしょ」といいます。

それを聞いた黒井は、杏寿にも同じようなことがあったと気がつきます。そして、浮気するやつはそういう人種だから絶対この先も浮気するといいます。そして自分はそういうことは絶対にしないと言い切ります。

家に帰った杏寿のところに、純平が退職願を出したという連絡が入ります。

 

純平の会社の工事現場で事故が起こります。純平は、社員たちを代表して上司にたてついてくれます。その日の夜、後輩達と居酒屋にのみに行きます。そこに、杏寿から電話がかかってきましたが、会計をしていて気がつきませんです。純平が家に帰ってくると、里奈が家の前にいて、「あいたくなっちゃったの」と笑顔で言われます。純平がとうきょうにかえるというと、里奈は

「もういいんじゃないかな、わたしたち、お互い相手と別れていっしょになりましょ」

といわれます。そこに杏樹から、娘がクリスマスにいっしょにいたいと言ってるとメッセージがきます。

それを見た里奈は、「あなたは特別な人なの、こんなに好きになった人はいない。わかってd」といって純平の顔をいとおしそうになでます。

杏寿が家で昔のアルバムを見てると里奈の夫から電話があります。里奈と純平が会ってると言って、「馬鹿が暴走してますよ」といいます。そして、二人が抱き合ってる写真を送ってきます。

(⇒3話のあらすじ

ドラマ『奪い愛、冬』は、TELASA(旧auビデオパス)という動画配信サービスで見れます。TELASAは月額562円(税抜)で、テレビ朝日のドラマや映画をメインに見れるサービスです。「相棒」や「刑事7人」「未解決の女」などを見れます。

15日間無料のお試しをやっていますので、それを利用して無料で見ることができます。詳しくはこちら。

TELASA(テラサ)公式サイトへ ≫

各話のあらすじ

ドラマ「ホリデイラブ」の原作

原作のこやまゆかりさんは、1988年にデビューされた漫画家で、恋愛にかかわ普遍的な女性の喜びや悩み、不遇な立場を扱う作品が多く、多くの女性たちの共感を呼んでロングセラーになってるものが多いです。「スイート10」や「バラ色の聖戦」はドラマ化されています。

マンガ「ホリデイラブ」は、楽天ブックスで電子書籍でも紙の本でも購入することができます。

キャスト

  • 高森杏寿 仲里依紗
  • 高森純平 塚本高史、杏寿の夫
  • 黒井由伸 山田裕貴、正体不明のイケメン
  • 春田龍馬 平岡祐太、杏寿の友人
  • 坂口麗華 壇蜜、謎の女、スピリチュアルアプリをすすめる
  • 井筒里奈 松本まりか、純平の浮気相手
  • 井筒渡 中村倫也、里奈の夫
  • 小泉駿 飯島寛騎、純平の後輩
  • 一ノ瀬真人 岡田龍太郎、純平の後輩

以上、ドラマ「ホリデイラブ」の2話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました