「ホリデイラブ」の1話のあらすじ(ネタバレ)と動画。仲里依紗がサレ妻に!

1月26日(金)の夜11:15から始まる新ドラマ「ホリデイラブ」は、マンガ雑誌アプリで連載中の大人気のこやまゆかりさんの漫画が原作です。仲里依紗さん演じる高森杏寿は、夫の純平と娘の七香と幸せな家庭を築いています。ある日、単身赴任の純平が同僚とうわきをしているという電話が、相手の夫からかかってきます。さて、杏寿は別れるのかやり直すのか?どうするのでしょうか?ドラマ「ホリデイラブ」のキャストと1話のあらすじ、相関図などをまとめます。

スポンサーリンク

相関図

ホリデイラブ相関図

1話のあらすじ

自宅でネイルサロンを経営する高森杏寿(あず、仲里依紗)は、愛する夫・純平(塚本高史)と娘・七香(渋谷南那)に支えられ、ごく普通の幸せな家庭を築いています。そんな折、大手ゼネコンに勤務する純平が思いがけず、静岡へ単身赴任することになります。離れ離れになってもうちだけは大丈夫、そう杏寿はおもっています。

1年後、静岡に行った純平が帰ってくる日、杏寿は友人の春田龍馬(平岡祐太)のサロンに行ってヘアセットしてもらって待っています。ところが、純平は何も気づかずに、夕食のときも七香とばかり話をしています。そこに、ネイルの予約の電話がかかってきます。名前は坂口麗華(壇蜜)です。夕飯の後、気合を入れてお風呂に入った杏寿でしたが、純平はさっさと寝てしまいます。

翌朝、杏寿は不機嫌でしたが順平は気づきませんです。

 

静岡に戻った純平の会社に、新しく井筒里奈(松本まりか)という女性が入ってきます。純平は顔を見ると「なんで」とつぶやきます。おんなっけがない事務所では、大騒ぎです。

予約をした坂口麗華がやってきます。寝入るをしてるといきなり、

「ねえ、ひとつ聞いていいかしら。杏寿さん、ご主人との菅家に悩んでいませんか?」

といわれます。順平からどうして女として見られないんだろうと悩んでると図星をつかれます。そして、他の男性から見ると充分いい女だといわれて、「麗華の部屋」というスマホアプリをみせてモニターになってくれと言われて強引にアプリを入れられます。

数日後の夜、春田と姉がやってきています。そこに純平が帰ってきます。外まで迎えに行くと、めずらしくお土産を買って来たと言って渡されます。夕飯の後、七香が純平のスマホで遊んでると開かないといいます。杏寿がもらって開こうとすると、井筒里奈から「東京に帰ってるときごめんなさい」というメールが来ます。そこに純平がお風呂から上がってきます。そのことを聞くと、リーダーだからみんなから相談を受けてるとごまかされます。

 

数日後、再び麗華がやってきます。麗華は春田といっしょのところを見たといって、男女の友情はありえないと言い出しますが、杏寿は本当にただの友達だと言います。そして、お茶をいれてるあいだに、杏寿のスマホを見てアプリを開きます。そこにはたくさんの男がコンタクトを求めてきています。みてみると、その中に同業者のネイルサロンを経営してる黒井由伸(山田裕貴)がいます。同じセミナーに行く事を聞いた麗華は勝手に「セミナーでお会いしましょう」と返信してしまいます。すると、黒井からメッセージが帰ってきます。

 

ある日、杏寿が買い物から帰ってくると、一人の男が家の前にたっています。そして、

「あなたの旦那、最低の人間ですよ。わたしの妻と浮気してるんです」

といいます。そして、「何も話していないか」とつぶやきます。無視して家に入ろうとすると、純平がやってきます。純平の顔は殴られた後がたくさんあります。そして、順平が

「ごめん、本当にごめん。」

というと、その男が自分で殴ったといって、昨晩、純平が妻と二人で裸でベッドにいたと言います。その男は井筒里奈の夫の井筒渡(中村倫也)です。そして、慰謝料を請求するといいます。「約束は守れよ」と純平に言うと帰っていきます。杏寿はわけわからず、「なに、これ?」と話しかけます。

スポンサーリンク

家に入った純平は、

「ごめん、本当に後悔してる」

と謝ります。そして、井筒里奈とであった経緯を説明します。取引先の結婚式のときに出会って、ちょっとずつ会い始めて行きますが里奈の夫にばれそうになって別れます。ところが、純平の会社に新入社員として入ってきたんです。

それを聞いた杏寿は、

「偶然なんて。だってその人、純平の会社知ってたんでしょ。そんな偶然あるわけないでしょ」

と純平をにらみつけます。

 

そのころ、井筒渡はタクシーに乗って、妻の里奈に電話をしています。純平が泣きながら謝ったといって電話を切ります。里奈は、杏寿のネイルアロンのサイトを開いて、杏寿の画像を見ます。そして笑顔になって鼻歌を歌ってキッチンにもどっていきます。

(⇒2話のあらすじ

ドラマ『奪い愛、冬』は、TELASA(旧auビデオパス)という動画配信サービスで見れます。TELASAは月額562円(税抜)で、テレビ朝日のドラマや映画をメインに見れるサービスです。「相棒」や「刑事7人」「未解決の女」などを見れます。

15日間無料のお試しをやっていますので、それを利用して無料で見ることができます。詳しくはこちら。

TELASA(テラサ)公式サイトへ ≫

キャスト

  • 高森杏寿 仲里依紗
  • 高森純平 塚本高史、杏寿の夫
  • 黒井由伸 山田裕貴、正体不明のイケメン
  • 春田龍馬 平岡祐太、杏寿の友人
  • 坂口麗華 壇蜜、謎の女、スピリチュアルアプリをすすめる
  • 井筒里奈 松本まりか、純平の浮気相手
  • 井筒渡 中村倫也、里奈の夫
  • 小泉駿 飯島寛騎、純平の後輩
  • 一ノ瀬真人 岡田龍太郎、純平の後輩

スタッフ

ドラマ「ホリデイラブ」のスタッフは、

  • 脚本 渡辺千穂
  • 演出 松田礼人
  • 原作 原作:こやまゆかり/漫画:草壁エリザ

脚本の渡辺千穂さんは、脚本を書かれている渡辺千穂さんは、1972年生まれの45歳の脚本家です。2014年にフリーアナウンサーの羽鳥慎一さんと結婚されます。OLとして勤められていた2000年に、「ふぞろいの林檎たち」のシナリオ本をきっかけに、脚本家になられることを決意されて、2002年の「天体観測」で脚本家デビューされます。最近では、「戦う!書店ガール」「永遠のぼくら」「ウチの夫は仕事ができない」朝ドラ「べっぴんさん」映画「植物図鑑」などの脚本を書かれています。

演出の松田礼人さんは、「瀬戸内少年野球団」「この世にたやすい仕事はない」「フェイス」などのドラマの演出をされています。

原作のこやまゆかりさんは、1988年にデビューされた漫画家で、恋愛にかかわ普遍的な女性の喜びや悩み、不遇な立場を扱う作品が多く、多くの女性たちの共感を呼んでロングセラーになってるものが多いです。「スイート10」や「バラ色の聖戦」はドラマ化されています。

マンガ「ホリデイラブ」は、楽天ブックスで電子書籍でも紙の本でも購入することができます。

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ホリデイラブ」のキャストや1話のあらすじ(ネタバレ)と動画、スタッフなどの情報です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました