ドラマ「人は見た目が100パーセント」の9話あらすじと感想!動画の無料視聴方法も。

ドラマ「人は見た目が100パーセント」の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。榊が、仕事帰りの順を待ち伏せして、「好きです。付き合ってください」と告白します。さて、どんなデートになるのでしょうか。

スポンサーリンク

「人は見た目が100パーセント」9話のあらすじ

純(桐谷美玲)は、ナノサイバーの研究に戻れることになったと榊(成田凌)に報告します。嬉しそうな純の顔を見つめていた榊は、不意に彼女にキスをして、「好きです。つきあってくれませんか?ボクと」と告白して交際を申し込みます。純は、「よろしくお願いします」と答えます。

翌日、満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)に報告すると、大喜びされますが、純は、「付き合うって何?デートってどうすれば?」と叫びます。満子たちは映画、ドライブ、食事と言いますが、無理と答えます。そこに、榊からメールがきます。お昼の休憩時間にあおうと言うことです。

お昼に二人で会うと、すぐ近くの神社で「あじさい祭」があると誘われます。満子たちに言うと、一緒に行きたいと言われます。そこに丸尾たちが通りかかったので、満子が丸尾(町田啓太)と三沢(堤下敦)を誘って、4人で行くことになります。不安がる純に、とりあえずデート用の新しい服を買うことになります。

ビューティ研究その18として、丸の内ショッピングを実地で体験することになります。事前に調べてきたことは、

  • 店員が近づいてきたら、逃げて距離を保つ・・けど、服を見れない
  • 「最後の一着」は売るための文句・・・のときもある

ただ、上手くいきませんです。その夜から、榊からメールが来るようになります。翌日のお昼にランチをしましょうと言うメールが来て、純は榊のためのお弁当を朝早く起きて作ります。お重に3段、お弁当3個です。榊に食べてもらうと、「おいしい」と褒められます。その時におもしろいビデオを言われると、夜までにしっかり調べて夜の電話で説明します。翌日、満子たちには「デートってこんなに苦行だったとは」と言ってしまいます。

聖良は、丸尾と人気のスイーツを二人で買いに行きます。買ってきて二人で会社で食べてると、「あじさい祭って来週ですよね」と意味深に丸尾に聞かれて、「もしかしたら気があるかも?」と満子に報告します。

純たちが本社の研究室に書類を持っていくと、新商品の開発が上手くいっていない様です。そこで、純が「良かったらやらしてくれませんか?」と言って試してみると、うまくできてしまいます。純が「誰でもできます。すみません」というと、「頭来るね。もっとプライド持ちなさいよ」と言われて、その作業を3人が引き継ぐことになります。

純が仕事が終わって会社を出ると、外に榊が待っています。一緒に二人で買えると、

「大丈夫ですか?急にあんなことしちゃって。良く考えたら、城ノ内さんの気持ちを確認したことないって。ぼくのこと、どう思ってますか?」

「す、好きです。わたしも、榊さんのことが好きです」

「よかったです。なんか、よそよそしいかんじがして、迷惑なのかなって。別に無理しなくていいんですよ」

そういうと、手を握って歩き出します。

ビューティ研究その19「ネイル」をして、キレイにネイルをつけることができます。会社のロビーでは、創立記念日のパーティがあると発表されていて、純たちも出席することになります。

 

翌日、聖良が研究室で仕事をしていると、丸尾がやってきて、話をしたさそうでしたが純たちがやってきて途中になります。そこに、庶務課の二人がやってきて、ふたりもあじさい祭に行くと言います。二人は浴衣に行くと言うことです。それを聞いた純たちは浴衣を着ていくことに決めます。ビューティ研究その20は、浴衣です。一応着てみますが、幽霊と力士と遠山の金さんになってしまいます。そこに、国枝がやってきてダメ出しをします。国枝は初デートと聞くと、「着付けしてもらえば?」と言います。そして、知り合いのサロンに予約してくれます。

あじさい祭の日、聖良は丸尾に、「お祭りの前に時間ありますか?」と言われて有頂天になります。

純と満子がサロンで着付けをしてもらってると、浮かない顔をした聖良がやってきます。丸尾は?と聞かれると、「スイーツが・・」と聖良はごまかします。着付けが終わると、純は榊と待ち合わせの場所に行きます。満子と聖良は会社に戻ります。その途中で、丸尾に言われたことを満子に言います。丸尾は、榊が送ってくれた車の中で知らない女性とキスをしている榊を見てしまったんです。それをこの間から、聖良に伝えたかったんです。聞いた満子はびっくりしてしまいます。

その頃、純が待ち合わせの場所に向かってると、送ってきてくれた車の中で、女性にキスをしている榊を見てしまいます。みていることに気が付いた榊は、笑顔で近づいてきます。

「可愛いですね。浴衣。じゃ、行きましょうか?」

と手を握ろうとすると、純は手を引っ込めて

「あの、わたし、見ましたけど。キス・・・あの人は、彼女ですか?」

「そうです」

「じゃあ、わたしは?」

「彼女です。二人とも彼女です。それじゃだめですか?ぼくは城ノ内さんの事、全部受け入れるつもりです。だから、ぼくのこともすべて受け入れてほしいんです。ぼくは城ノ内さんのことを本当に好きですよ、ずっと大事にしたいと思ってます。だから、これからも一緒にいてくれませんか?」

スポンサーリンク

「はい」

ふらつきながら、おもわず答えてしまいます。

(⇒ 最終回のあらすじ

ドラマ「人は見た目が100パーセント」の1話から最終回までは、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額888円(税込)で、フジテレビのドラマをメインに見れます。

FODプレミアムは2週間の無料トライアルをしていますので、その期間中に無料で見ることができます。詳しいことはこちらからお確かめください。

FOD公式サイトへ ≫

「人は見た目が100パーセント」9話の感想

おもしろかったですね。まさか、榊がゲス男だったとは・・最高のオチです。まあ、いろいろ考えてみると、ありガチかもしれないですね。今までは何とか、面白く、おかしく盛り上げてる脚本だと思いましたが、今回ばかりはちょっと・・・って感じになります。

桐谷美玲さんの演技とか、全く見えない女子モドキのありえない設定とか、いろいろありましたが、百歩譲って全部大丈夫だとしても、榊のゲス男はダメなんじゃないでしょうか。あれで、これまで毎週見てきた人も離脱してしまった人もいると思います。どうみても、恋愛に成れていない女子が、わるい男にだまされてるっていう感じですね。どちらかというと、これからそのドラマが始まって行って、ドロドロになっていくっていう感じです。

このドラマの方向性は、女子モドキ(そういう人がいるとして)の女性たちに向かって、がんばればなんとかなると言うテーマだった思いますが、何か悪意を感じてきてしまいます。彼女が二人いても平気な人は、何人いても平気ですし、必ず捨てられます。来週が最終回なので、ちゃらい男に引っ掛かって、これから頑張ろうではちょっと悲しすぎます。

それに比べて、聖良と丸尾のカップルはいい感じになってきましたので、せめてそちらの方だけでも、ハッピーエンドにしてもらいたいと感じます。

「人は見た目が100パーセント」の原作

原作の大久保ヒロミさんは、1974年生まれの42歳の漫画家で、岡山県出身。大学在学中に、「努力の人」で漫画家デビューされています。

楽天で購入できます。

【在庫あり/即出荷可】【新品】人は見た目が100パーセント (1-5巻 全巻) 全巻セット

楽天で購入

 

また、「人は見た目が100%」の原作は、今話題の、麻生久美子さんがCMをやってる「Renta!」でも読むことができます。

Renta

「人は見た目が100パーセント」のキャスト

  • 城之内純 桐谷美玲、研究員
  • 前田満子 水川あさみ、研究員
  • 佐藤聖良 ブルゾンちえみ、研究員
  • 榊 圭一 成田凌、イケメン美容師
  • 岡部和人 中尾暢樹、美容師
  • 戸川亮介 元木聖也、美容師
  • 岸根香澄 足立梨花、庶務課
  • 森村美優 岡崎紗絵、庶務課
  • 三沢基樹 堤下敦(インパルス)、研究員
  • 丸尾拓馬 町田啓太、研究員
  • 國木田修 鈴木浩介、研究センター長
  • 松浦栄子 室井 滋、統括マネージャー

9話以外のあらすじ

以上、ドラマ「人は見た目が100%」の9話のあらすじと感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました