犯罪症候群

ドラマ「犯罪症候群」4話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!桜田ひよりが事件に関係してる?

ドラマ「犯罪症候群」4話のあらすじと感想です。武藤とジーニアスの戦いは終わりました。が、環に言わせると「終わりではない」ということでした。さらに、武藤の娘の真梨子(桜田ひより)が事件に巻き込まれているようです。

ドラマ『犯罪症候群』を無料で見る方法

『犯罪症候群』4話の動画を無料で見る方法はこちらです。

ドラマ「犯罪症候群」4話あらすじ

環から、小沼豊という男性を探してくれと武藤は依頼されました。小沼豊は、21歳のときに、大学進学のために北海道から出てきて、今年の2月に失踪したと言うことでした。環は小口誘拐ではなくて、別な事件を追っていて、たまたまジーニアスが関係しているのでは?と考えたと語ります。本当の目的は何か?と武藤が訪ねると、「追えばわかると言ったでしょ」という答えしか返ってきませんでした。そして、ここ数年、失踪した若者たちを集めたファイルを手渡されます。

武藤は、小沼が通っていた大学に行きますが、だれも触れたがらないような感じに違和感を覚えました。翌日も、大学に行って聞いてみると、小沼が失踪した後に、チンピラみたいな連中が探しにやってきたと聞きます。なるべく関わり合いになりたくないので、みんな黙ってると教えてくれました。そして、小沼は、インドにもフラッと行ってしまうよなちょっと変わってる男だったと教えてくれました。

環にその話をすると、小沼は住民票を転々と移していると聞きます。そして、最後の住民票の場所に行ってみると、小沼とは違う青年が住んでいました。環からは、その青年の正体を確認してくれと言われました。翌朝、その部屋から出てきた青年の顔を見ると、環からもらった失踪した青年たちのファイルの中の「吉住計志」だと気が付きます。すぐに環に連絡します。武藤は直接、小沼と名乗ってる吉住計志に、戸籍を交換して入れ替わったんじゃないかと、話を聞きました。

戸籍の入れ替えは認めましたが、本物の小沼の居場所は知りませんでした。そして、武藤を置いてで行ってしまいました。環にそのことをつげると、危険な連中が吉住を小沼だと思ってどうにかする前に小沼を探し出さないといけないと言われてしまいます。家に戻った吉住は、「どうにかしてくださいよ」と誰かに電話をしていました。

その頃、武藤の娘の真梨子(桜田ひより)は、ZECKというバンドのライブハウスに来ていて、バンドのメンバーに紹介されてました。

 

翌日の夜、吉住がタトゥーをした二人組に襲われますが、武藤が現れて何とか助かることができました。武藤は、「だから、いっただろ。新しい人生手に入れたって、それで危険な目にあったら何の意味もない」と怒りました。武藤は吉住の家にあがって、話を聞きました。ゲーム好きという話から吉住の心を解きほぐしていって、失踪した理由なんかを聞き出しました。ただ、戸籍を仲介した人のことは言えないと言います。親に言われたらおしまいだからという理由でした。

それを聞いて武藤は本気でおこりました。

「悔しくないのですか?小沼さんは危険な戸籍を押し付けたかもしれない」

「それなら、また戸籍を交換しますよ。いっぱいいるから」

「それで何回やり直すつもりなんだよ。しぬほどつらいんなら、逃げたっていいと思うよ。でも、どっかで踏みとどまんなきゃ、逃げる意味すらないんじゃないのか。ゲームじゃないんだ。永遠にリセットはできないよ」

吉住は「すみません」と言って泣き崩れました。

武藤は、吉住の周りのパトロールを依頼しました。家に帰ると、遅く帰ってきた真梨子が母親の雅恵(鶴田真由)に責められていました。武藤も真梨子と話をしようとすると、「もう、ほっといてよ。警察じゃないんだから、かまわないでしょ。私が何をしたって」と言って、自分の部屋に行ってしまいました。雅恵は、武藤が警察をやめた本当の理由を言ったらと言いますが、警察官だったおれはそんなことは言えないと武藤は突っぱねました。

スポンサーリンク

その後、武藤は環にもらったファイルを見ていると、一人の女性の情報に目が奪われます。山口早希代という女性でした。翌日、早希代を訪ねました。早希代の弟が武藤の妹の命を奪ったんです。家に上がると、早希代は正座をして謝りました。武藤は「そういうつもりで来たんじゃないです。もうやめてください」と言って、戸籍の仲介人を聞き出そうとしました。早希代は新星エステートという不動産会社の中の馬橋康雄(小松利昌)に話を持ちかけられたと教えてくれました。武藤がそこに行くと既に営業時間外で閉まっていました。環にそれを伝えると、吉住が遺体で発見されたと聞かされます。小沼の居場所を聞き出そうとして、拷問もされた様でした。それを聞いて武藤はショックを受けて涙を流しました。

家に帰ると、真梨子が家を出たと雅恵から聞きました。雅恵と口論して出て行ってしまったようです。真梨子はいつものライブハウスに行っていました。そこに、ZECKのメンバーがやってきました。その中のひとりの首に、吉住を襲った男と同じタトゥーがほられていました。

(⇒ 5話のあらすじ

ドラマ「犯罪症候群」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

犯罪症候群の無料視聴はこちら

ドラマ「犯罪症候群」4話の感想

おもしろかったですね。やはり、人生から逃げることはできないと思います。生きてる限り、つらいことや楽しいこと、いろいろありますが、それを全部受け入れて行くことが大事じゃないでしょうか。ただ、そう言うことはカンタンですが、武藤が言ったように、いつも真正面からうけとめるのではなくて、逃げたりしても良いと思います。結局は受け入れないといけないとは思いますが、いろんな手を使って逃げたり、人に頼ったりすることも大事だと思います。

そんなとき、一番いけないのは、自分で限界を決めてしまうことだとわたしは考えています。どうしてもネガティブな状況になってしまうと、考え方が制限されてしまって、新し考え方や、柔軟性のある考え方はできなくなります。その結果、こうしなきゃいけないとか、ゼッタイそうなってしまうと言ったような、自分で自分の首を絞めてしまうような考え方に陥ってしまうことが多いです。なかなか難しいですが、そういった自分で決めてしまう限界を突破して、いろんな方法を考えてみることが大事だと思います。そのために一番いい方法は、多くの人に話を聞いてもらうことです。家族はもちろん、友達、カウンセラーなど、自分が思ってることを話すだけでも解決になることがあります。

多くの人は、それが恥ずかしいことだと考えがちです。変な風に思われる、友達でなくなってしまうなど、かんがえがちですが、大概、逆です。「あなたの顔は、あなたしか興味ない」と心理学的に言われていますが、他人にはどうでもいいことが多いです。どうしてもなら、友達が悩んでいるということにして、相談してみるのもイイかもしれません。

まずは、多くの人が言っていますが、自分一人で悩まない事です。わたしはそれが一番大事だと思います。

ドラマ「犯罪症候群」のキャスト

  • 武藤隆 玉山鉄二、調査員
  • 鏑木護 谷原章介、捜査一課刑事
  • 環敬吾 渡部篤郎、警務部人事二課
  • 武藤雅恵 鶴田真由、武藤隆の妻
  • 武藤真梨子 桜田ひより、武藤隆の娘
  • 酒井信宏 古川悦史、刑事部長
  • 浜村明彦 芹沢名人、捜査一課課長
  • 小沼豊  上杉柊平、失踪した若者
  • 吉住計志 大内田悠平、失踪した若者
  • 馬橋康雄 小松利昌、不動産会社社員
  • 村木了  平松賢人、バンド「ZECK」のメンバー
  • 長谷宏治 水野勝、バンド「ZECK」のメンバー
  • 池上昇平 辻本達規、バンド「ZECK」のメンバー

原作の小説『失踪症候群』や『誘拐症候群』とは、設定がかなり違いますので、気をつけてください。

4話以外のあらすじ

以上、ドラマ「犯罪症候群」の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

スポンサーリンク>


ミック

投稿者の記事一覧

いつもお読みいただいてありがとうございます。このドラマの感想を下のコメント欄に書いていただけるとうれしいです。

関連記事

  1. 犯罪症候群 ドラマ「犯罪症候群」2話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!
  2. 犯罪症候群 ドラマ「犯罪症候群」3話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!武藤…
  3. 犯罪症候群 ドラマ「犯罪症候群」5話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!
  4. 犯罪症候群-タイトル(FOD) 犯罪症候群の動画を無料視聴できる方法。フジテレビのドラマをもう一…
  5. 犯罪症候群 ドラマ「犯罪症候群」6話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!
  6. 犯罪症候群 「犯罪症候群」7話のあらすじ(ネタバレ)と動画!
  7. 犯罪症候群 ドラマ「犯罪症候群」の1話のあらすじ(ネタバレ)と動画の無料視聴…
  8. 犯罪症候群 「犯罪症候群」最終回のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!犯人逮捕…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

今読まれてる記事

  1. 愛という名のもとに(FOD)
  2. ドロ刑
  3. チアダン
  4. パーフェクトワールド
  5. 義母と娘のブルース
  6. 過保護のカホコ
  7. ラジエーションハウス
  8. いつまでも白い羽根
  9. 東京たられば娘(公式ページ)
  10. 黒革の手帖

免責事項

当サイトは有料の動画配信サイトで見ることのできる韓国ドラマの動画をまとめた動画リンク集サイトです。運営者は動画の違法アップロード、またはそれの推奨、援助を含め著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。動画、音声、画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがありましても、当サイト運営者に責任が及ばないものとします。

PAGE TOP