花のち晴れの6話のあらすじ(ネタバレ)。

花のち晴れ

(引用:公式サイト

ドラマ「花のち晴れ」の6話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

6話のあらすじ

音(杉咲花)が婚約者である天馬(中川大志)に改めて”告白”している場面に遭遇した晴(平野紫耀)はひどく落ち込みます。メグリン(飯豊まりえ)はそのまま家までついていってカレーを作ってあげます。ところが、執事の小林(志賀廣太郎)がたべると一口でダウンします。メグリンが何を食べたいのか聞くと、晴は、音が作った野菜炒めが食べたいといいます。

音は天馬をいつも働いてるコンビニに連れて行って、紺野亜里沙(木南晴夏)に紹介します。家に帰った天馬は、義母の利恵(高岡早紀)に音と付き合うことになったと報告します。

 

翌日、メグリンが転校してきます。音と同じクラスです。音と晴はひとことも話をしませんです。実は、海斗(濱田龍臣)の作戦です。そして、「英徳のために西留めぐみと付き合え」と晴にいいます。晴はそのままかえっていきます。

メグリンは、音に晴と付き合ってもいいのかきくと、「あいつとは関係ないし」と音はいいます。

晴が学校帰りに公園によると、不良たちにからまれて殴られてしまいます。家で寝てると、父親の神楽木巌(遠藤賢一)から、神楽木家の男としては最低だ、音とは絶対に付き合うな、といわれます。そこにメグリンがやってきます。

そして、落ち込んでる晴にキャラ弁を作って来たと言ってたべさせます。メグリンはデートに行こうとさそいます。

その頃、愛莉(今田美桜)が音の家にやってきて、天馬と付き合うことになったのは本当か?と確かめています。

その日の夜、バイトをしてると、亜里沙から天馬とデートに富士急ハイランドに行けとアドバイスされます。家に帰って電話をすると、天馬も喜んでいます。

 

日曜日、音は天馬と富士急に行きます。ジェットコースターにのって具合が悪くなった音がベンチで寝てると、隣のベンチに晴がいます。隣にはメグリンがいます。メグリンが4人でデートしようというと、天馬が賛成していっしょにあそぶことになります。

はじめは音と晴は無視しあっていましたが、ケンカをはじめてしまいます。晴は天馬に対抗心を燃やして遊具に乗りますが、逆にダウンしてしまいます。

お昼になると、音がお弁当を作って来たと言ってひろげます。メグリンは晴が音の料理をべた褒めしていたとはなします。すると、晴は、こんな弁当は音らしくないと怒ってトイレにいってしまいます。それをきいて天馬は悲しい顔をしています。

晴は天馬をオバケ屋敷にさそいましたが、逆に天馬以上におどろいています。オバケ屋敷の中で、天馬は、晴に音がすきか?とききます。でも絶対に渡さないとにらみつけます。

最後に観覧車に乗ることに鳴ります。最後はペアで乗ろうという話になりましたが、音と晴は、悩みながら歩いていて、つい二人で乗ってしまいます。観覧者の中で、二人は言い合いをしています。

そして、晴は俺の気持ちを知ってるくせにもてあそぶなといって、

「俺の気持ち気づいてるくせに、わかてるだろ、いいか、俺がすきなのは・・・」

と言って告白しそうになります。その瞬間、一番下についてドアがあけられます。音は逃げ出しました

帰り道、音はいつまでも胸がどきどきしています。天馬から話しかけられますが上の空です。遊園地を出たところで、乳母車に乗った赤ちゃんが階段から落ちていきます。それを見た晴と天馬が駆け出しますが、晴のほうが早く乳母車にたどり着いてとめることが出来ます。音とメグリンがかけよろうとすると、メグリンのほうが早くついてだきしめます。

天馬は二人きりにしたほうがいいと音に言って歩いていきます。

メグリンは晴に仮でもいいから付き合ってくれとおねがいします。

音と天馬がレストランにつくと、音は今日1日晴のことを考えていたと思っていて上の空です。そこに、天馬の学校の生徒がやってきます。彼女だと天馬が紹介すると、その中の女子生徒が泣いて出て行ってしまいます。音はびっくりして天馬に何とかしないでいいのかと聞くと、今日1日ずっと悔しい思いをしていたのを気づかなかったのかと天馬は怒り始めます。音は、

「ちょっとだけ時間をください。ハッキリさせるから」

と言ってレストランを出ます。

音は、晴の家に行って、

「あなたはわたしのことが好きなんですか?」

「すきだ。ずっと、頭の中はお前ばかり。何をしていても、ここに江戸川がいればとおもってる。どうしたら好かれるか、好きで好きでたまらない。本当に江戸川のことが大好きだ」

「ありがとう。そんなふうに思ってくれて」

音は晴の手を握って、かつてもらった金の豚をわたします。

スポンサーリンク

「ごめんなさい。神楽木、いままでくるしめてごめんなさい。わたし。天馬君と付き合ってる。これ以上、誰かを傷つけたくない。大事な人にただただ笑っていてほしい」

「意味わからないこというなよ」

「ごめん。けど、そういうことだから」

「江戸川。おまえはこれでいいのかよ、こんなんで終わりかよ」

「神楽木とわたしは何も始まってないよ」

そういって音は家をでていきます。晴は椅子に崩れ落ちて号泣し始めます。

外に出た音は天馬に電話をして呼び出します。音がちゃんと言って来た、わたしが好きなのは天馬君というと、天馬はいきなり音を抱きしめてキスをします。そして、桃園に転校してきてくれといいます。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「花のち晴れ」をもう一度観るには、こちらのParavi(パラビ)がおすすめです。Paravi(パラビ)はTBSとテレビ東京、WOWOWがメインの動画配信サイトです。Paravi(パラビ)は2週間の無料体験をしていますので、無料期間中でしたら完全に無料で「花のち晴れ」を見ることができます。

無料期間中に、見るだけ見てやめても一切お金はかかりません。『グランメゾン東京』『恋どこ』などの大ヒットドラマも見放題です。こちらからドラマ『花のち晴れ』を無料でご覧ください

花のち晴れを今すぐ見る!

ドラマ「花のち晴れ」の原作

原作の神尾葉子さんは、1966年生まれの51歳の漫画家です。小学校のときにはジャカルタに住んでいて、1986年に、「ザ マーガレット」でデビューされます。1992年から2004年まで連載された「花より男子」は、現在のところ、日本最大のヒット作になって世界各国で翻訳されています。始めに台湾で実写ドラマ化されて大成功して、日本や韓国でも実写化されてそれぞれ大ヒットします。「花より男子」連載中の「花のち晴れ」は、アマゾンなどで購入することができます。

キャスト

  • 江戸川音 杉咲花
  • 神楽木晴 平野紫耀(King & Prince)
  • 馳天馬 中川大志
  • 平海斗 濱田龍臣
  • 西留めぐみ 飯豊まりえ
  • 真矢愛莉 今田美桜
  • 成宮一茶 鈴木仁
  • 栄美杉丸 中田圭祐
  • 江戸川誠 反町隆史
  • 紺野亜里沙 木南晴夏
  • 馳美代子 堀内敬子
  • 小林孝蔵 志賀廣太郎
  • 馳利恵 高岡早紀
  • 神楽木巌 滝藤賢一
  • 江戸川由紀恵 菊池桃子

各話のあらすじ

以上、ドラマ「花のち晴れ」の6話のあらすじ(ネタバレ)です。

見逃してしまったドラマ「花のち晴れ」は、Paravi(パラビ)で見れます。Paravi(パラビ)は2週間の無料体験をしていますので、無料期間中でしたら完全に無料で「花のち晴れ」を見ることができます。無料期間中に、見るだけ見てやめても一切お金はかかりません。

こちらからドラマ『花のち晴れ』を無料でご覧ください

花のち晴れを今すぐ見る!


コメント

タイトルとURLをコピーしました