初めて恋をした日に読む話のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)と無料動画。

初めて恋をした日に読む話

2019年1月15日(火)の夜10時から始まる新ドラマ「初めて恋をした日に読む話」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。深田恭子さん演じる順子は、人生なにもかも上手くいかない、いちいち残念なしくじり鈍感アラサー女子です。が、ある日、永山絢斗さん、横浜流星さん、中村倫也さんという超絶イケメンの3人に囲まれて恋をしていくというラッキーラブコメディです。深田恭子さんの魅力がたっぷりでてきそうな素敵なドラマです。

スポンサーリンク

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」のキャスト

  • 春見順子 深田恭子、塾講師
  • 八雲雅志 永山絢人、順子のいとこ
  • 由利匡平 横浜流星、不良高校生
  • 山下一真 中村倫也、匡平の担任の高校教師
  • 勅使河原勉 高橋洋
  • 西大井司 浜中文一
  • 江藤美香 吉川愛
  • 春見正 石丸謙二郎
  • 由利菖次郎 鶴見辰吾
  • 松岡美和 安達祐実
  • ゴリさん 皆川猿時
  • 梅岡道真 生瀬勝久
  • 春見しのぶ 壇ふみ

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」話のあらすじ(ネタバレ)

恋も受験も就職も失敗した32歳のアラサー女子・春見順子(深田恭子)は、やる気も希望も何もなくクビ寸前な三流予備校「山王ゼミナール」で講師をする日々を送っています。その日も、あせって婚活した男性にもふられてしまい、カラオケで研ナオコのうたをうたってうさをはらしています。そこに、友人松岡美和(安達祐実)がやってきて、厳しいダメ出しをされます。

翌日、道を歩いてると、不良たちに絡まれます。その中に、ピンク髪のイケメン不良高校生・由利匡平(横浜流星)がいます。その日、家に帰って、父親の正(石丸謙二郎)と母親のしのぶ(壇ふみ)に結婚相手にふられてしまったことを報告します。すると、しのぶからは結婚が遅れてる恥ずかしい娘だと言われてしまいます。じつは、東大を落ちてから母親からはずっとおこられてばかりです。

翌日、順子が仕事先の塾にいくと、塾長の梅岡道真(生瀬勝久)から成果が出なかったらクビだと言われてしまいます。すると、生徒からも担当を変えてくれと言われてしまいます。その日の夜、順子が家に帰る途中、この間の不良たちを見かけます。彼らを見てキラキラした青春を過ごせなかった自分を悔やんでると、花火をやっていた水を思いっきり掛けられてしまいます。ひとこと怒って帰ろうとすると、匡平から上着を「やる」と言われてもらって帰ります。

家に帰る途中、いとこで東大出のエリート商社マン・八雲雅志(永山絢斗)と出会ってお好み焼き屋に行きます。雅志は、ひそかに想いを寄せています。帰り際に雅志が「おれもあいてる」と告白しましたが、順子は恋愛方面には全く免疫がなく、「だれか紹介してくれるんだ!」と喜んで家の中に入っていきます。スーパー鈍感な順子は雅志の気持ちに全く気付きませんです。

次の日、順子が塾の教室の中で「初めて恋をした日に読む話」を読んでると、昨日あったピンク頭の匡平が父親の菖次郎(鶴見辰吾)に連れられてやってきます。菖次郎は匡平のことをダメだとか最低、ごみだとぼろくそに塾長に話してどうにかしてくれと言ってます。それを聞いた順子は、こんな父親には反抗して逃げろ、そうしないとつまらない大人になるとおもいっきり菖次郎に文句を言います。

次の日、順子が塾に行って机の上を片付けてると、匡平がやってきて、「ねえ、おれを東大に入れてくれない?」と順子と塾長に言います。そして、すぐに入学願書を書きましたが、匡平が名前を書けば入れるおバカ高校の南高だと聞いて、順子は即座に断ろうとします。匡平は父親が塾のことをぼろカスに言って塾などに行くなと言われたから来たというと、順子はとりあえず恋をしろと匡平に言います。そして、父親に反発することで人生を決めちゃダメだとさとします。

すると、匡平は「自信ないだけだろ、くそばばあ」と言って部屋を出ていきます。その日の夜、順子は友人の美和たちと飲んでぐちります。

一方、南高では、匡平に進路相談の紙が配られて、担任の山下一真(中村倫也)から将来のことをしっかりと考えておけと言われます。匡平が学校が終わってつれたちと道をあるいてると、警察官に声をかけられます。すると、犬の散歩をしていた順子に助けられます。

スポンサーリンク

警察官から逃げた後、順子は匡平と話をして、匡平の髪の毛にさわって「無敵ピンク、良い色」といって歩き出します。すると、匡平が追いかけてきて、塾のテストを出して勉強を教えてくれとお願いされます。そのあと、神社にいって階段に座りながが教えます。そして、塾に戻った方がいいといってるとぎっくり腰になってしまいます。匡平は連れ達を呼んでくれて病院まで運んでくれます。

翌日、順子は塾に退職届を出して、夜に雅志といつものお好み焼き屋にいきます。無職になったことを話すと終身雇用はどうかと言われましたが、順子は全く気づきませんです。そのあとあるいてると、美和の店から出てきた南高の不良たちと出会います。順子はこの間のお礼にとファミレスで食事をさせます。すると、匡平が中学のときに自分たちのせいで父親と仲たがいになったと教えてもらいます。

雅志は美和の店にいって、美和に助けてくれとおねがいすると、雅志がときめかせれば良いんじゃないかと言われます。そして、デートの場所に蟹が食べられるところがいいと教わります。

翌日、順子が塾の先生たちに挨拶して帰ろうとすると、匡平がやってきて英語を教えてくれと言われます。この間のテストで、英語だけができていないということです。雅志に食事に誘われていましたが、すぐに断りの電話を入れます。雅志は蟹が食べられる高いレストランで待っていましたが、笑顔で「大丈夫」と答えます。順子は塾の教室で匡平を教え始めます。

しばらくして教え終わると、匡平から「おれがやってみたいんだ、受験。協力してくれ、パイセン」とお願いされます。そして、順子と匡平は握手をします。

翌日、匡平は担任の山下先生に第一志望に東京大学とかいた進路希望を出します。

その頃、順子は、もう一度働かせてくれと塾長にお願いしています。塾長は退職届をゴミ箱に入れて認めてくれます。純子が教室に行くと、笑顔の匡平が待っています。

(⇒2話のあらすじ

「初めて恋をした日に読む話」はParavi(パラビ)の無料お試し期間を使って、無料で見れます。

パラビ公式サイトはコチラ ≫

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」のスタッフ

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」のスタッフは、

  • 脚本 吉澤智子
  • 演出 福田亮介
  • 原作 持田あき

脚本を書かれてる吉澤智子さんは、明治学院大学社会学部を卒業された後、ケーブルテレビでアナウンサー兼記者を勤めたのち、CM制作会社や新聞社を経て2008年に脚本家としてデビューされます。主な作品は、

  • 大河ドラマ「八重の桜」
  • ヒガンバナ
  • ダメな私に恋してください
  • あなたのことはそれほど
  • きみが心に棲みついた

などです。ダメ恋と似てる設定なので、このドラマも面白くなりそうです。

演出の福田亮介さんは、1977年生まれの演出家です。主な作品は、

  • ダメな私に恋してください
  • あなたのことはそれほど
  • きみが心に棲みついた
  • チアダン
  • 重版出来!

などです。脚本の吉澤智子さんとは3作品一緒にやられていますので、大丈夫だと思います。

原作は、持田あきさんの同名の漫画です。1984年生まれで、高校1年生の時にデビューされます。多くの読み切り作品や連載作品を書かれています。主な作品は、

などです。アマゾンで購入できます。

各話のあらすじ

以上、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)と無料動画です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました