ハゲタカの6話のあらすじ(ネタバレ)と動画。VS.ハイエナ 総理の秘密を買う⁉︎

ハゲタカ

(引用:番組HP

ドラマ「ハゲタカ」の6話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

6話のあらすじ

総合電機メーカー『あけぼの』とPCメーカー『ファインTD』が統合に向けて動き出す中、それを阻止するべく、鷲津(綾野剛)率いるサムライファンドは『あけぼの』に対してTOBを行うことを発表します。記者会見を開き、『あけぼの』現経営陣と『ファインTD』の社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)を真っ向から非難します。

滝本は、鷲津を料亭に呼び出して土下座して「あけぼのをあきらめてくれませんか」とおねがいします。そして、10億円を見せて鷲津への純粋なプレゼントだと言います。すると鷲津は滝本のカバンの中から盗撮カメラを取り出して、自分がお金に飛びつくところをとりたかったと思うけど、残念だったと見破ります。そして、手を引くつもりはないと言います。

滝本は、ふたたび「犬でも構わない、金ならいくらでもはらう」と泣き落としをはじめます。なおも鷲津が断ると、滝本は人がかわったかのように、鷲津を破滅させるしかないとおどします。鷲津はそのまま帰っていきます。

滝本は、マスコミをつかって鷲津に対する一大ネガティブキャンペーンを開始し始めます。鷲津はTV局への出演をうけます。

あけぼのでは、芝野(渡部篤郎)が諸星元社長(筒井道隆)にクーデターを起こせと話しています。

一方、みやびホテルの株はクラウンセンチュリーホテルに売却されています。クラウンセンチュリーホテルの役員がやってきていて、契約書を提示されています。そこには受け入れがたい条項が並んでいて貴子(沢尻エリカ)はサインしませんです。

ホライズンジャパンのアラン(池内博之)も解雇されています。サムライジャパンからの1200億円の買い取りを拒否したからです。

鷲津は、TVに出演してファインの後ろにはアメリカの軍需産業のプラザグループがいるとばらします。滝本はプラザグループの会長に連絡します。

鷲津があけぼのにやってくると、芝野に連れられてレーダー部門を見にいきます。そのあとレーダー部門の中尾部長の病院にお見舞いに行きます。中尾部長は今でも新見会長をまだ信じてると言います。鷲津は、この騒動の当事者は新見会長と中尾部長だと宣言します。病院を出た所で、プラザグループが直接TOBを仕掛けたと諸星元社長に連絡が入ります。

事務所に戻った鷲津は、プラザグループに対するFBIの極秘資料を佐伯(杉本哲太)達に見せて、徹底的に洗えと命じます。

あけぼのでは、レーダー部門の社員たちが新見会長に聞きたいことがあるといって呼び出します。今後どうなるのかと聞くと、善意対処中だと答えます。帰ろうとすると、諸星元社長は、プラザのことを知っていてファインと提携を結ぶのが会長の意思だったら、みんなそれに従うと言います。退院した中尾部長がみんなを説得したというと、中尾部長が前に出てきて、「会長は俺たちのことを一番に考えてる、そうでしょ」といいます。諸星元社長も、自分たちは新見会長を信じてるといって、これからのあけぼののことを言ってくれというと、新見会長は芝野に向かって、社員たちの技術を生かせる会社を今からでも探せるのか?と聞きます。大丈夫だというと、臨時取締役会議を開いて会長を辞任すると言います。そして、社員に向かって、「すまなかったね、信じてくれていたのに」と泣きながらつぶやきます。

芝野はサムライジャパンに来て、新見会長が辞任して諸星元社長がふたたび社長になると伝えます。佐伯たちは芝野にプラザグループの不正が書かれてるFBIの資料のことを伝えて、それがつかめないと終わりだといいます。

みやびホテルでは、妹の珠香(木南晴夏)が、多香子が決めたことは受け入れるので、一人で抱え込まないでといいます。貴子がイヌワシを見れる高原に行くと、鷲津にあいます。貴子は、みやびホテルを絶対に守るので、何年後かにもう一度この場所に見に来てくれと言います。

スポンサーリンク

東京に戻ると、プラザグループの不正を調べてる弁護士の中にアランの父親がいることがわかります。急いで呼び出すと、なにも言わないうちに、プラザグループの不正の情報が入ったUSBを差し出します。話題になったときから調べていたと話します。鷲津がサムライファンドに来ないかと誘うと、アランはにやりと笑って断ります。

鷲津は日本ルネッサンス機構の特別顧問の飯島(小林薫)に会いに行きます。そして、内閣総理大臣望月に会わせてくれといいます。見返りは2億で、飯島は受けます。

 

しばらくして鷲津は望月総理大臣(角野卓造)と会います。そして、プラザのTBOを政府から非難してくれとお願いします。望月が断ると、鷲津は特別高額寄付金リストを望月に渡します。そして、マスコミにわたすかどうかは返答次第だと脅します。帰り道、飯島はそのリストを3億で買うと鷲津に言います。

翌日、政府からプラザグループを非難する声明が出されます。それを受けてサムライファンドのTBOを友好的買付だと認めます。鷲津は買い付け価格を1円高い1021円に支持します。

鷲津はファインの本社にやってきて、あけぼのからてをひけといって、ファインがもってる6%を売ってくれと言います。もう勝負はついてると滝本が言うと、その通りだと鷲津はいいます。そのとき、ニュースを見てくれと連絡が入ります。ニュースではプラザグループの会長や役員たちが贈賄容疑で逮捕されたと発表されています。

鷲津は、要求がのめないならファインに対してTOBを仕掛ける、猶予は24時間だといって出ていきます。

7日後、サムライジャパンはあけぼのを買収することができます。新社長は諸星になります。新見会長は辞任を発表します。

貴子は、契約書にサインして正式にクラウンセンチュリーホテルの傘下になります。貴子は生活のためにサインしたわけじゃなくて、これから戦いが始まると役員に伝えます。

鷲津は新見会長に会いに行って、「おつかれさまでした」と頭を下げます。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「ハゲタカ」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

ハゲタカの無料視聴はこちら

キャスト

  • 鷲津政彦 綾野剛、ホライズンジャパン・パートナーズ社長
  • 佐伯宗徳 杉本哲太、鷲津の部下
  • 中延五朗 光石研、鷲津の部下
  • アラン・フジタ 池内博之、鷲津の部下
  • 飯島亮介 小林薫、三葉銀行常務
  • 芝野健夫 渡部篤郎、三葉銀行資産流動化開発室室長
  • 芝野亜希子 堀内敬子、健夫の妻
  • 宮部みどり 佐倉絵麻、健夫の部下
  • 松平貴子 沢尻エリカ、ホテルフロントマネージャー
  • 松平珠香 木南晴夏、貴子の妹、ホテルみやび従業員

原作の真山仁さんは、1962年生まれの小説家です。同志社大学卒業後、中部読売新聞の記者として活躍されあとフリーライターになられます。2003年に作家デビューされています。主な作品は、

などたくさんあります。どれも面白いのでぜひご覧になってみてください。

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ハゲタカ」の6話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました