ハゲタカの4話のあらすじ(ネタバレ)と動画。史上最大の買収劇…社員1万人!! リストラを阻止せよ

ハゲタカ

(引用:番組HP

ドラマ「ハゲタカ」の4話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

4話のあらすじ

鷲津(綾野剛)の策略で三葉銀行の隠し口座の件が公となり、常務取締役の飯島(小林薫)が失脚してから9年後の2010年。

鷲津率いるホライズンジャパン・パートナーズは国内有数の大手電機メーカー『あけぼの』の買収を画策しています。その矢先、三葉銀行を辞め、企業再生のスペシャリストとして活躍していた芝野(渡部篤郎)が『あけぼの』の再生担当執行役員に就任するというニュースが流れてきます。あけぼのの諸星社長と芝野は大学の同級生です。

役員会議で紹介された芝野は、早速赤字部門を売却、工場閉鎖、縮小、開発費の見直し、リストラを提案してると、新見会長(竜雷太)が無言で席を立って出ていってしまいます。あわてて諸星社長(筒井道隆)と芝野が追いかけて話しかけると、「必要ないな。あんな再生案は話にならん。あけぼのにはほこりがある。それなりの敬意を払っておこなってくれ」といいます。芝野が無理だと言うと、諸星社長に一から見直せと言って歩いて行ってしまいます。

事務所に戻った鷲津はあけぼのの買収を一旦保留しろと命じます。ところが、アラン(池内博之)ははんぱつします。鷲津はそれにはとりあわず、第二候補のサンシャイン電工に買収を仕掛けろと命じます。

そんな中、PCメーカー『ファインTD』の社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)が『あけぼの』買収に動き始めます。滝本は芝野が作った再生案を手に入れて中身を見た後に、諸星社長と芝野に会いに行きます。

滝本が持ってきた業務提携の提案書は、赤字部門の遺跡と資金投資で大規模なリストラを回避するという内容です。芝野が、以前同じように買収した企業に、約束したことをほごにしたことを言って、芝野は提案をきっぱり断ります。すると滝本は、TOB(株式公開買い付け)をしかけるとおどします。そして、1週間時間をあげるのでよく考えてくれといって帰っていきます。

その日の夜、鷲津と中延(光石研)は日本ルネッサンス機構の懇談会に参加します。日本ルネッサンス機は企業を救済する団体です。そこに、滝本もいて、鷲津の顔を見るとすぐに近づいてきてあいさつします。そのとき、滝本がTOBを仕掛けてるという情報が鷲津の携帯に入ります。鷲津は近いうちにまた会いましょうと言って帰ります。

しばらくして、ホライズンジャパンの本社から、あけぼのから手を引けと指示が来ます。それを読んでると、佐伯(杉本哲太)がやってきて、滝本の裏には大物がいると言ってやってきます。鷲津はすぐに芝野に会って話したいといって諸星社長と芝野を呼び出します。

やってきた二人に、滝本の後ろにはプラザ・グループがいると言います。プラザ・グループは、アメリカ最大の軍需産業ファンドです。プラザが狙ってるのはあけぼののレーダー技術だと説明します。軍需産業のプラザは表だって日本で動けないのでファインTDの滝本を操ってると言うことです。プラザの資金は8兆円なので、TOBをしかけられたら必ず買収されると明言します。そして、鷲津は、有る提案をします。

その日の夜。クラブで飲んでる滝本のところに諸星社長と芝野が行きます。そこで、滝本の提案を断ると言います。そして、二人の後ろから鷲津があらわれて、ホライズンジャパンがあけぼののホワイトナイトになることにしたと言います。ホワイトナイトとは、敵対買収に対抗して、企業を守るために友好的買収を行う会社のことです。鷲津はあけぼのを買収してレーダー部門を非公開化すると言います。

そして、アメリカの軍需産業に身売りするよりもうちに売ることを諸星社長は決心したといいます。

そのころホライズンジャパンの事務所では、アランがどこかに電話をしています。

スポンサーリンク

翌日、滝本は鷲津や芝野のプロフィールを見ています。そこには、家族のことも書かれています。

 

しばらくして、芝野の娘のあずさが今やってるプロジェクトから外されて子会社に出向になります。取引先からのクレームで、その取引先はファインの子会社だと芝野に報告します。家に帰ってきた芝野は、大量のお酒が送られてきてることにびっくりします。宛先はすべてアルコール中毒の治療中の妻の亜希子です。すべて滝本の仕業だと気づきます。

その日の夜、鷲津が自分の部屋に行くと、アランが座っていて本社の社長とネットで会話をしてます。アランが画面を鷲津に向けると、本社社長から鷲津が解雇されます。そして後釜はアランだと告げられます。鷲津が買収阻止したプラザとホライズン本社はつながっていたんです。鷲津は、「これはおまえにとってベストな選択か?」といいます。アランは、書類を見せてそれにサインすると、25億円の違約金をもらえると言って渡します。ただ、同じ業界では働けず、守秘義務もあると言うことです。

鷲津は隣の部屋にいた社員に「解雇された」といって出ていきます。

翌日、ホライズンジャパンにホワイトナイトは白紙にするとアランが連絡します。芝野は鷲津に連絡して二人で会います。あけぼのは自分たちの手で守るしかないと言って帰ろうとすると、

「わたしはまだ生きてる。これから宣戦布告です」

と鷲津が吠えます。

鷲津は滝本に会いに行きます。そして、新たにファンドを立ち上げると宣言します。そして、そのファンドで予定通りあけぼの買収を行うと言って帰っていきます。

ホライズンジャパンでは、佐伯と中延たちがアランに辞表を出して部屋を出ていきます。

(⇒5話のあらすじ

ドラマ「ハゲタカ」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

ハゲタカの無料視聴はこちら

キャスト

  • 鷲津政彦 綾野剛、ホライズンジャパン・パートナーズ社長
  • 佐伯宗徳 杉本哲太、鷲津の部下
  • 中延五朗 光石研、鷲津の部下
  • アラン・フジタ 池内博之、鷲津の部下
  • 飯島亮介 小林薫、三葉銀行常務
  • 芝野健夫 渡部篤郎、三葉銀行資産流動化開発室室長
  • 芝野亜希子 堀内敬子、健夫の妻
  • 宮部みどり 佐倉絵麻、健夫の部下
  • 松平貴子 沢尻エリカ、ホテルフロントマネージャー
  • 松平珠香 木南晴夏、貴子の妹、ホテルみやび従業員

原作の真山仁さんは、1962年生まれの小説家です。同志社大学卒業後、中部読売新聞の記者として活躍されあとフリーライターになられます。2003年に作家デビューされています。主な作品は、

などたくさんあります。どれも面白いのでぜひご覧になってみてください。

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ハゲタカ」の4話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました