グッドドクターの最終話のあらすじ(ネタバレ)。

グッドドクター

(引用:番組HP

ドラマ『グッドドクター』の最終話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

最終話のあらすじ

新堂湊(山﨑賢人)はステージ4のガンで倒れた司賀明(柄本明)を病室で付き添ってると、森下伊代(松風理咲)の急変を知らせる連絡が入ります。

瀬戸夏美(上野樹里)ら小児外科医を集めた高山誠司(藤木直人)は伊代が肝硬変も患っていると話します。そして、放置すれば肝不全になるため、すぐにでも肝臓の移植手術が必要だと続けます。しかし、伊代は小腸の移植も予定されています。高山は肝臓と小腸の同時移植以外に伊代を助ける方法はないと告げるも、小腸と肝臓の同時移植は国内で実施された例は少なく、高山ですら行ったことがありませんです。そこにER(救急救命室)から川で溺れた少女、吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれたと連絡が入ります。

夏美はすぐにERに言って救命措置をとります。とりあえず、心肺は再開しましたが、意識はなく自発的な呼吸はなく、脳に多大な損傷があってこの先目を覚ます可能性がとても少ないと両親に話します。両親は何度も夏美に頭を下げて治療してくれとお願いします。

高山と湊は、伊代の姉の汐里(松井愛莉)に、同時移植しか助かる手はないと説明して、自分たちに預けてくれとお願いします。

高山は役員会議で伊代の同時移植をさせてくれとお願いしましたが、却下されます。

ERに運び込まれた美咲の検査結果が出ます。ほとんど脳死の状態です。まだ望みを捨てない両親を見て夏美はどうすればいいのか迷っていす。湊は、まだ1週間あると励まします。

翌日、夏美は美咲の両親に脳死だと考えられる、目を覚ますことは残念ながらありませんと話します。あと1週間で心臓も停止するので、みさきのためになにができるのかいっしょに考えていきましょうといいます。そして、同じような境遇になってしまった人たちの記録を見せます。その中には臓器提供をしたという家族もいましたが、二人とも怒ってあり得ないといって席を立ちます。

両親は担当を変えてくれと訴えて、間宮(戸次重幸)は湊を担当にします。

翌朝、湊は美咲の部屋に行ってあいさつをします。そして、カーテンを開けて何も言わない美咲に回診を始めます。

 

東郷美智理事長(中村ゆり)は伊代のところに話に行きます。伊代は、この病院じゃないとがんばれなかったかもしれないといいます。

スポンサーリンク

その日の夜、12時を過ぎると、美咲の7歳の誕生日を迎えます。湊は花の絵を書いて渡しに行きます。父親がなぜこんなことをするのかと湊に聞くと、湊は渡したいものがあるといって夏美が渡そうとした同じ境遇の家族の記録をわたします。

病室に帰った父親は、今までの美咲のことを母親と話して、この先美咲が稲人生はかんがえられないといって泣きだします。

翌朝、両親は湊に話があるといって誕生日会をさせてくれとお願いします。両親は夏美も読んでくれと言って、やってきた夏美と湊に臓器提供することに決めたと話します。

そのあと、多くの看護師たちがやってきて美咲の誕生日をお祝いしてくれます。

 

再び会議で高山がドナーが見つかったので手術をさせてくれというと、ふたたび却下されます。ところが、理事長は融資をしてくれる人に融資はいらないから手術をすると言って、高山に準備を勧めろと命じます。

翌日、移植手術は成功します。

夏美は、美咲の両親たちの所に行って、移植はすべてうまく行った、美咲はそれぞれの場所でまだ生きてると報告します。

しばらくして、美咲の両親のところに伊代からの手紙が届きます。そこには、今では元気にやってると書かれていて、命をつないでくれたおかげでいつか小児外科医になりたい、一緒に生きていくと書かれています。

(おわり)

ドラマ「グッドドクター」は、動画配信サイトのFODで見ることができます。FODは月額976円(税込)で、個別課金作品と見放題作品を見れます。「グッドドクター」は見放題作品です。月額会費を初回2週間無料お試しをしていますので完全に無料で見れます。

コチラをクリックして、ドラマ「グッドドクター」をご覧ください。

FOD公式サイトへ ≫

キャスト

  • 新堂湊 山﨑賢人、小児科後期研修医
  • 瀬戸夏美 上野樹里、小児外科医
  • 高山誠司 藤木直人、小児外科主任
  • 間宮啓介 戸次重幸、小児外科長
  • 東郷美智 中村ゆり、理事長
  • 橋口太郎 浜野謙太
  • 猪口龍之介 板尾創路、副院長
  • 志賀明 柄本明、院長

各話のあらすじ

以上、ドラマ「グッドドクター」の最終話のあらすじ(ネタバレ)です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました