義母と娘のブルースの9話のあらすじ(ネタバレ)と動画。大決断な愛の告白!私の愛の最終選択か!?二人で歩んだ9年間

義母と娘のブルース

(引用:番組公式サイト

ドラマ「義母と娘のブルース」の9話のあらすじ(ネタバレ)などを紹介します。

ドラマ『義母と娘のブルース』9話の動画を無料視聴する方法

ドラマ『義母と娘のブルース』9話の動画は、Paraviで無料視聴できます。

義母と娘のブルースを今すぐ見る方はコチラ

9話のあらすじ

「ベーカリー麦田」 の新装オープンの日を迎えます。

亜希子 (綾瀬はるか) は、元戦国部長の名にふさわしい営業戦略でオープンの日を決めます。その日は、駅前でキャラクターショーが行われていて、その帰りのお客さんを狙うと下山 (麻生祐未) たちにはなしをします。すでに、ママ友の 晴美 (奥貫薫)たちは、キャラクターショーの会場でチラシを配っています。

さらに、みゆき (上白石萌歌) に頼んで友人たちを連れてきてもらって、キャラクターのコスプレをしてもらって会場からお客を連れてきてもらいます。大樹 (井之脇海) は厨房で麦田 (佐藤健)をサポートします。

その結果、5時18分で完売になります。

その結果に喜んでる亜希子と麦田を見て、みゆきは複雑な表情をしています。帰り道、みゆきは「好きな人できても当たり前だよね」と大樹にいいます。家に帰ったみゆきは、もう10年も自分によりそっていてくれたんだとしみじみ思います。

 

2019年1月。みゆきは大学の経営学部の願書をネットで送ります。みゆきは、麦田との関係が変わったかどうかを亜希子に聞くと、みゆきの思いとは別に、部長になったと名刺をもらいます。

亜希子がベーカリー麦田に行くと、麦田が今日のインタビューの練習をしています。従業員がどうにかしてくれと亜希子に頼みます。お昼ぐらいにメディアがくると、インタビューアーは亜希子のところにやってきます。そのあとに、亜希子が麦田を紹介する感じになります。

その日の夜、実は、麦田のパンが安っぽく見えないように亜希子が戦略を立てて、あんな感じのインタビューにしたと聞かされます。それを聞いた麦田は、亜希子の所に行って思い切って告白します。

「宮本さん、一生俺のパン食べてくれますか?一生つうか、毎日というか、おれ、宮本さんのためにもっとうまいパンを焼きますから」

「それは、さすがにお引き受けできかねますね」

「でも、おれのパンが世界一うまいって」

「店長、この際なのでこくはくしますが、わたし、本当はご飯党なんです」

麦田がショックを受けてると、商品としては世界一だと思っていますと慰めます。

家に帰ってきた亜希子は、ネット販売のサイトを立ち上げます。帰ってきたみゆきに、麦田を不安に刺せてしまったからパフォーマンスを発揮しないといけないからだと言います。

そのころ、麦田がバーで飲んでると、となりに亜希子の元部下の田口朝正(浅利陽介)が座っています。二人はお互いに亜希子のこととは知らずに、亜希子のことで盛り上がります。そこで、田口の結婚式にロシアンアンパンを250個納品することを受けます。

翌日、その話をすると、亜希子もネット販売をしたいといってサイトを見せます。すると麦田が喜んでハイタッチしようとすると、亜希子がつまずいて抱き合ってしまいます。その姿をみゆきと大樹が外から見ています。

麦田は鼻血を出してしまいます。そこで亜希子の夫、良一(竹野内豊)のことを聴きます。亜希子はやさしくて陽だまりのような人だったといいます。

そのあと、亜希子が帰った後、大樹がやってきて亜希子に恋人がいるらしいといいます。それを聞いた麦田が起こり始めて自分の腕をまくりあげます。そこには「あきこ命」とあります。びっくりした大樹は、もしも麦田が亜希子と付き合うならみゆきの気持ちを考えてほしいといいます。

すると、麦田はあっさりとみゆきが嫌なことはしたくないといって、腕にかかれた「あきこ命」をはずします。シールです。

みゆきが亜希子と一緒にインタビューの動画を見てると大樹から電話がかかってきます。大樹は麦田が言ったことを繰り返すと、「それは違う」と言って、家を出ていきます。

みゆきは大樹と合流して麦田の所に行きます。みゆきは、

「店長とお母さん、うまく行ってほしいと思ってるから」

と言います。そして、亜希子と良一が契約結婚だと麦田に話します。そして、自分のために9年も使わせてしまったので幸せになってもらいたいと思ってると言います。そして、「ウチの母を幸せにしてあげてください」と頭を下げます。麦田はやる気になります。

翌朝、みゆきは麦田のことを話しだして、結婚するには良好物件だとそれとなく言っておきます。亜希子は、みゆきが麦田と結婚したいんじゃないかと勘違いします。

亜希子はベーカリー麦田に行きますが、麦田のことを徹底的に避け始めます。おかしいと思った麦田はみゆきに電話すると、今朝思いっきりプッシュしておいたから照れてるんじゃないかといわれます。そこに、田口がやってきて、奥さんになるひとにロシアンアンパンを買って来いと怒られたといってやってきます。

麦田が田口をお店の中に入れると、田口と亜希子がびっくりしてお互いを見つめます。そして、従業員がパンを並べてるのを麦田が注意したところを見ていて、田口はむかしバイク便で間違えたのが麦田だったとおもいだしまいた。

亜希子は、ロシアンアンパンをプレゼントするというと、嫁に怒られるといって断って帰っていきます。そのあと、麦田と亜希子は食事をいっしょにすることになります。

麦田と居酒屋に行った亜希子は、みゆきとはどういう思い出つき合ってるのかと問いただします。そして、もてあそぶなと言うと、麦田が何か間違ってるといいます。亜希子は、昨晩から今朝のことを話して、みゆきと付き合うなら真剣勝負で付き合ってくれと真顔で言います。

麦田は笑いだして、みゆきに手をだしたら大樹にめっちゃ怒られるといって否定します。すると、二人はケンカをはじめます。

そのあと、麦田がバイク便のあと何をしていたのかと聞き始めます。すると、バイク便のあとは奇跡の花屋をしていたというと、良一が買ってきてくれたとしみじみ亜希子が話します。最後に霊柩車に乗っていたときに、小さな女の子がずっと泣いてたのでパン屋になったといいます。

その日付を聞いた亜希子は、そのときの小さな女の子はみゆきで、横にいたのが自分だと亜希子が言います。そして、そんなことが起こるのは、麦田が自分にとって小さな奇跡だからだといいます。

店からでると、亜希子がふらついていたので川沿いのベンチに座ります。そして麦田は、

「ありがとう、だんなさん。宮本さんに引き合わせてくれてありがとうございます。おれがうまれてから今までで、いちばん出会えて良かったひとは宮本さんです」

スポンサーリンク

と空に向かって叫びます。すると、亜希子は、このくらいで満足してはいけない、これからもっと努力してキムタヤになるというと、麦田は、

「好きだといってます。さっきからめっちゃめちゃ宮本さんのことが好きだといってます」

と叫びます。亜希子は「理解はしたと思います」というと、下を向いてしまいます。

麦田は、良一にしてあげたかったこと、してもらいたかったことをしてあげたい、幸せにしますと言って、一生お世話させてくださいと言って手を差し出します。

 

みゆきと大樹がベーカリー麦田の前で待ってると、難しい顔をした麦田が帰ってきます。みゆきがどうだったのかと聞くと、麦田は無言で親指をたてます。

亜希子は良一のことを思い出しながら家に向かって歩いています。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』はParaviで見ることができます。2週間のお試し無料をしていますので、完全に無料で見ることができます。もちろん、2週間以内に解約すれば大丈夫です。

義母と娘のブルースの無料視聴はコチラ

キャスト

  • 岩木亜希子 綾瀬はるか、光友金属社員
  • 宮本良一 竹野内豊、桜金属工業社員
  • 宮本愛 奥山佳恵、良一の亡くなった妻
  • 宮本みゆき 横溝菜帆、良一の娘
  • 宮本みゆき(高校生) 上白石萌歌
  • 麦田章 佐藤健
  • 友井智善 川村陽介、麦田の友人
  • 西条乙女 橋本真実
  • 猪本寧々 真凜
  • 前原大輔 村本大輔(ウーマン・ラッシュアワー)、亜希子の部下
  • 田口朝正 浅利陽介、亜紀子の部下
  • 笠原廣之進 浅野和之、良一の上司
  • 下山和子 麻生祐未、下山不動産のおばちゃん

各話のあらすじ

原作

原作は桜沢鈴さんがかいてる4コマ漫画です。全2巻ですが、とても面白いと評判です。

以上、ドラマ「義母と娘のブルース」の9話の動画を無料視聴する方法と9話のあらすじ(ネタバレ)です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました