義母と娘のブルースの8話のあらすじ(ネタバレ)と動画。ベーカリー麦田が閉店?復活のカギは親の味

義母と娘のブルース

(引用:番組公式サイト

ドラマ「義母と娘のブルース」の8話のあらすじ(ネタバレ)などを紹介します。

ドラマ『義母と娘のブルース』8話の動画を無料視聴する方法

ドラマ『義母と娘のブルース』8話の動画は、Paraviで無料視聴できます。

義母と娘のブルースを今すぐ見る方はコチラ

8話のあらすじ

亜希子 (綾瀬はるか) が考えたプランに従い、麦田 (佐藤健) は焼きたてパンを提供し、一時は客足も伸びたように見えていた 「ベーカリー麦田」 でしたが、その作戦が仇となってしまい客足が遠のいてしまいます。

このままではまずいと考えた亜希子は、「ベーカリー麦田」 を一度閉店し、リニューアルオープンすることを提案します。理由は麦田のパンが焼きたてでもさほど美味しくなかったので、リニューアルしてお店が生まれ変わったことをアピールするということです。

亜希子は、そのまま早退して近所のパン屋さんを回ってパンを買いあさって家に帰ってきます。

みゆき(上白石萌歌)が大樹と別れて、ベーカリー麦田が閉店するという紙をみて家に帰ると、亜希子の友人たちや下山和子(麻生祐未)を集めて試食会をしています。ベーカリー麦田のパンの方向性を決めるグループ討論をしていたんです。結論は、オリジナルのベーカリー麦田を復活させるのが一番いい方法です。そして、下山に頼んで麦田の父親に会いに行きます。亜希子は秘伝のレシピを貸してくれと頭を下げます。

父親は、教えてもいいけどひとつだけ確認したいといいます。

亜希子はベーカリー麦田に戻って、昔に戻すのが一番いいと提案します。麦田はそれを読むと、教えてくれるはずはないといいます。亜希子は、昔の味に戻すのが嫌ではないということで良いのかと聞きます。麦田は継ぐつもりだったから別にかまわないというと、亜希子は後ろを振り返って父親を呼びます。

亜希子の呼びかけに応じて父親が出てきます。亜希子は、レシピがどこかに行ってしまったので、マンツーマンで教えてくれることになったと説明します。麦田はいやいやながらも教わることに同意して、早速教わり始めます。

亜希子は家に戻ると、友人を呼び出して内装や外装を相談し始めます。そこにみゆきが帰ってきて、昔に戻すというのはいまいちだといって、そのパン屋に行くと楽しくなるような所が良いといいます。すると、案を出してくれとお願いされます。笑顔になって部屋に戻って調べ始めます。

亜希子は翌日からリニューアルに使えるものを集め始めます。ベーカリー麦田に戻ると、麦田の怒鳴り声がきこえてきます。父親が何を食べても何も言わなかったからです。父親は、とりたてて上手くも不味くもないパンだから何も言わなかったといって、ほんとうにうまいとおもってつくってるのか?食べさせたいと思ってつくってるのか?と聞きます。麦田は怒って出ていってしまいます。

亜希子は、なぜ何も言わなかったのかと聞くと、分量もやり方も自分と同じで、ものによっては改良されていたので本当に何も言うことはなかったからだといいます。ただ、うまいのか?っていうとそうでもなく、印象に残らないパンだといいます。亜希子が、何か違うところがあるはずだと食い下がると、父親は思い入れしかないんじゃないかといいます。父親はひとつひとつに対して、おいしく食べてもらおうという思い入れがあったけども、麦田にそう言っても仕方がないんじゃないかと言って、これを続けるのか?と亜希子に聞きます。

そのころ麦田は下山の事務所に行ってます。麦田が下山に追い出されてお店に帰ると、もうお店には父親はいませんです。亜希子に聞くと、「とにかく、自分が世界一うまいと思うパンを作れ」といっていたといいます。そして、父親の味をコピーするのではなくて、スピリッツをコピーすることがたいせつだとわかったといいます。そして、見当違いの提案をして申し訳なかったと亜希子は謝ります。

麦田は、角食のみみはきらいだったといって、おいしい角食のみみを作るというのでも良いのか?と聞きます。そして、麦田はやる気を出してパン作りに取り組み始めます。

翌朝、亜希子がベーカリー麦田は昔の味に戻すのではなくて、作ってるひとがたべたいと思ってるパンをつくることに方向転換したといいます。そして、みゆきはなにか思いついたのかと聞くと、宝探しに行くようなお店にすればイイと言って、その日、亜希子といっしょにお店めぐりをします。

一方、みゆきにすっぽかされた大樹はベーカリー麦田にいって、麦田のみみまでおいしい角食作りを手伝います。

その日の夜、みゆきのところにみみまで美味しい食パンができたと連絡が入ります。二人で行って食べてみると、みゆきは「やばい、これ無限に行ける」とさけびます。亜希子も同じ意見です。麦田は、はじめてパン作りがたのしかったと亜希子に言います。すると、亜希子は30種類のパンのリストを渡して、これを2週間で改良、開発してくれといいます。麦田はさっそくかんがえはじめます。

翌日、亜希子は麦田が作った角食をもって父親の所にいきます。父親の一言目は、「みみまでおいしそうなパンだな」です。一口食べてみると、笑顔がこぼれます。帰り際、父親は亜希子にお金を渡します。亜希子は世界一高いパンになるといって返そうとしますが、麦田のために使ってやってくれと父親はいいます。

戻った亜希子は外装、内装、チラシ、リニューアルプランに着手します。麦田は、サンドイッチ、アンパンと開発が進み、麦田の友人たちがお店の改装を手伝ってくれます。

リニューアルオープン前日の夜、麦田と亜希子、みゆき、大樹がベーカリー麦田にあつまります。そこで、みゆきは宝探し的なパンをまぜたらいいとていあんします。すると、ムズカシイ顔をしていた麦田は、ハートの形をしたロールパンはどう?と言って、乗り気になります。みゆきと麦田はハイタッチします。

皆が帰った後、麦田はいろいろな味のミニアンパンを亜希子に食べてもらいます。すると、亜希子は大興奮してこれはぜったいに売れると太鼓判を押します。そのふたりの姿を忘れ物を届けに来たみゆきがずっとみています。声をかけずにその場を離れると、大樹が待っています。おもわずみゆきは、

スポンサーリンク

「ねえ、店長っておかあさんの事すきなのかな?」

とききます。

翌日。ついにリニューアルオープンの日をむかえます。亜希子はお店のテントは父親からの寄付だと教えます。

(⇒9話のあらすじ

ドラマ『義母と娘のブルース』はParaviで見ることができます。2週間のお試し無料をしていますので、完全に無料で見ることができます。もちろん、2週間以内に解約すれば大丈夫です。

義母と娘のブルースの無料視聴はコチラ

キャスト

  • 岩木亜希子 綾瀬はるか、光友金属社員
  • 宮本良一 竹野内豊、桜金属工業社員
  • 宮本愛 奥山佳恵、良一の亡くなった妻
  • 宮本みゆき 横溝菜帆、良一の娘
  • 宮本みゆき(高校生) 上白石萌歌
  • 麦田章 佐藤健
  • 友井智善 川村陽介、麦田の友人
  • 西条乙女 橋本真実
  • 猪本寧々 真凜
  • 前原大輔 村本大輔(ウーマン・ラッシュアワー)、亜希子の部下
  • 田口朝正 浅利陽介、亜紀子の部下
  • 笠原廣之進 浅野和之、良一の上司
  • 下山和子 麻生祐未、下山不動産のおばちゃん

各話のあらすじ

原作

原作は桜沢鈴さんがかいてる4コマ漫画です。全2巻ですが、とても面白いと評判です。

以上、ドラマ「義母と娘のブルース」の8話の動画を無料視聴する方法と8話のあらすじ(ネタバレ)です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました