限界団地の4話のあらすじ(ネタバレ)。

ドラマ「限界団地」の4話のあらすじ(ネタバレ)や無料動画を見れるサイトなどを紹介します。

4話のあらすじ

夫の高志(迫田孝也)が家を出ていってから、江理子(足立梨花)と穂乃花(渡邊詩)はますます寺内(佐野史郎)の家族と親しくなっていきます。自治会長の金田(山崎樹範)も、寺内の秘密に気が付いたかのように、寺内の自宅内を盗聴しています。

ある日、江理子の家に、アパートの住人の住人の加代子(江波杏子)の家に、寺内が命を奪った白骨遺体があると言う謎の手紙が投げ込まれます。

翌朝、江理子は以前たずねてきた菊池史代(朝加真由美)のことを聴きましたが心配ないと言われます。その日、定例会に行くと、いままでの定例会とは違って、みんなやる気でいろいろな提案が出てきます。金田は最近起こったことや江理子の旦那のことを聴きましたが、うやむやにされます。

定例会がおわって江理子が加代子の家に行って、家の中を調べましたがなにもありませんです。それどころかいきなり後ろに現れてびっくりします。団地の他の人たちに加代子のことを聞くと、昔旦那がいて女をつくっていつの間にかいなくなってしまったということです。

その日の夜、江理子が加代子の旦那のことを聴くと、昔のことは関係ないと言われます。

寺内は幽霊が出ると言われてる部屋に行ってのこぎりで何かを切っています。金田はジョギングに出かける寺内の姿を見ています。

次の定例会の日、金田が加代子を連れてきて、みんなで加代子の部屋を片付けてあげようと提案します。消防署からも言われてるといってみんなで一緒にやることになります。

そのあと、寺内は加代子に「絶対守るから」とつぶやきます。

その日の夜、江理子が昔の団地の文集を読んでると会談でものすごい足音がします。後をつけていくと寺内が大きなカバンを持って幽霊の部屋に入っていきます。すると、金田が現れます。江理子は、白骨遺体の手紙を見せると、金田もそれを知っています。金田は、あのかばんは、加代子の家から持ってきたもので、中に入ってるものが何なのか、それが問題だと言います。そして、幽霊部屋のカギを持っていて何度も出入りしてると言います。

さらに、夫の高志がいなくなった後に大きなスーツケースを運んでいたといって、もしかしたら・・・とつぶやきます。そして、幽霊部屋の中を確かめたいと言います。

翌日、金田は調べ上げた寺内の行動を、入院してる菊池史代のところにメールで連絡します。すると、その幽霊部屋をしっかり確かめろと言われます。江理子は高志に連絡をしようとしましたが、留守電ままです。

その日の夜、金田と江理子は幽霊部屋に侵入します。スーツケースを開けようとしてると、いきなり寺内が現れます。寺内は江理子に「開けろ」と命じます。江理子が言われた通り開けると、プレゼントがでてきます。

江理子と金田が驚いていると、寺内は笑いだして、実は穂之花のために誕生日パーティーを開こうとおもって準備をしていたといいます。そして、その部屋は昔自分が住んでいて、今でも借りてるんだと明るくいいます。寺内は江理子を帰して金田にもう一つのトランクを開けさせます。すると、その中には白骨遺体があります。

寺内は、それは加代子の旦那で大事なものだと白状します。寺内が加代子の旦那も、自分の息子の命を奪ったのは本当だったと金田が驚いて腰を抜かしてると、加代子のことはそっとしておけと脅迫します。そして、全て史代の命令だな?と確認します。

週末、金田は加代子の家の掃除の中止をを命じます。

スポンサーリンク

 

その日の夜、金田は白骨遺体があったことを史代に連絡します。すると、史代のところに寺内が現れます。

寺内が団地に帰ってくると、加代子が旦那の白骨遺体を燃やしています。そして、寺内がこの団地に来たから、旦那のところに行く勇気が出たとつぶやきます。そして、寺内は自分を守ってくれたけど憎いというと、

「僕は、団地にふさわしくないひとを葬っただけだ」

「だから、あなたがいる団地にいたくはない。誠司君はこの団地にふさわしいのかな?地獄で待ってるわ」

寺内は加代子を車に乗せて団地の外に出ていきます。後ろの座席にはロープと鉄アレイが載っています。行った先は海です。

団地に帰ってきた寺内は穂之花を寝かした後、泣き崩れます。

 

寺内は、加代子が老人ホームに行ってしまったと言って、江理子といっしょに掃除を始めます。そのときこの間の白骨遺体の手紙の話になって、史代は加代子のことは知らないと教えてもらいます。

掃除のあと、江理子は公園にいた穂之花にはなしかけます。すると、だれもいない方向を見て「ママ」とつぶやきます。

そのころ、自治会長の金田は寺内の家に言っています。そして、白骨遺体や、病院で史代がタイミングよく亡くなったことはだれにも言わないので500万円用意しろと寺内を脅迫しています。

寺内がすぐに用意すると言うと、「明日、集会所で」と言って出ていきます。

ひとりになった寺内は、包丁を持って

「父さん。ぼく、もう疲れちゃったよ。何もかも嫌になった。しのうか?ぼくといっしょにしんでくれ」

と、父親の部屋に入っていきます。すると、父親の仁(山谷初男)は元気よく立ち上がって逃げ出します。

それを見た寺内は、いきなり元気になった父親を見て、白骨遺体の手紙を送ったのが父親だと気づいて問い詰めます。

「誠司、まってくれ」

「父さん、50年前の約束破ったね。ひどいよ。ぼくが加代子さんの旦那さんの命を奪ったのは僕と父さんの秘密・・・」

(⇒5話のあらすじ

ドラマ「限界団地」を見逃してしまったら、こちらのFODプレミアムで無料で見ることができます

U-NEXTへ行く

キャスト

ドラマ「限界団地」のキャストです。

  • 寺内誠司 佐野史郎
  • 寺内穂乃花 渡邊詩、誠司の孫
  • 寺内仁 山谷初男、誠司の父親
  • 桜井江理子 足立梨花
  • 桜井高志 迫田孝也、江理子の夫
  • 金田鉄平 山崎樹範
  • 菊池史代 朝加真由美
  • 東加代子 江波杏子

各話のあらすじ

以上、ドラマ「限界団地」の4話のあらすじ(ネタバレ)などの情報です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました