同期のサクラの9話のあらすじ(ネタバレ)。最終回目前、目覚めたばかりのサクラのド正直っぷりが健在すぎてヒジョーにマズい!

ドラマ『同期のサクラ』の9話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。高畑充希さんが北にある小さな離島から上京して大手ゼネコンに入社した女子社員、サクラを演じます。サクラの夢は、故郷の島と本土を橋で結ぶことです。夢に向かって真っすぐに突き進むサクラに、同僚たちも忘れていた夢をおいかけることを思い出していきます。

ドラマ『同期のサクラ』の9話のあらすじ

ドラマ『同期のサクラ』の最終話を、12/25の21:59まで無料で見ることができます。⇒TVer

2019年12月11日。

サクラ(高畑充希)が9ヶ月間の長い眠りから、ついに、目覚めます。

翌日。知らせを受け病室に駆けつけた同期の四人は、意識の戻ったサクラとの再会に喜びます。そんな中、サクラは退職を引き延ばそうとしてくれた黒川(椎名桔平)の力も及ばず、自分が花村建設から解雇されたことを葵(新田真剣佑)からおしえてもらいます。

かける言葉を見つけられない4人です。すると、ドアの隙間からみんなに入れてもらった紙が祖父の柊平だと思ったと言って、「信じ合える仲間と沢山の人を幸せにする建物を造る夢を叶えるために頑張る」とサクラは話しだします。その前向きな姿に、4人は以前のサクラが復活したと感じて安心します。

数週間後。

百合(橋本愛)に付き添われ退院したサクラは、同期たちが折半して契約を延長してくれていた自分の部屋へいきます。ベッドなどの家具もそろっています。

中に入ると、サクラは、百合が自分の経験を生かした託児所を作るために花村建設を辞めて起業しようか悩んでいると相談を受けます。

一方、リハビリの様子を見に来た葵と話したサクラは、副社長になった黒川の元で葵がバリバリ働いていることを知ります。いまだにサクラに思いを寄せつつも百合との関係にけじめをつけて結婚したいと悩む葵に、サクラは苦手分野なのでと言ってなんの助言もできませんです。

職を探すサクラは蓮太郎(岡山天音)と共にかつて同期でよく集まった喫茶店の後にできたネットカフェへいきます。

仙台でボランティア活動をしている菊夫(竜星涼)とネット電話で通話したサクラは、菊夫がNPOの代表になってほしいと頼まれて悩んでいることを知ります。

助けになりたいサクラでしたが、菊夫はバタバタと忙しそうな様子で電話は切れてしまいます。

蓮太郎は重責に悩む菊夫の気持ちがわかると話しだします。営業への異動を言い渡されたという蓮太郎は、子供もできたことだし、設計を続けるために転職をしようか悩んでいます。妻のすみれ(相武紗季)に相談した方がいいと話すサクラだが、蓮太郎はすみれに心配させたくないので秘密にして欲しいと頼みます。

自分が眠っている間にそれぞれの人生に向き合い一歩先を行く同期たちをまぶしく感じるサクラです。

その日の夜、履歴書を書いていたサクラのもとにすみれが様子を見にやってきます。蓮太郎の秘密をバラすまいと焦るサクラをお見通しのすみれは、知ってるけどももう大人だから自分で考えて結論を出したほうがいいと言います。

逆に、嘘がつけないサクラが、就活の面接でうまくいくか心配だと話します。

そして、再び建設会社で働くためサクラの就活の日々が始まります。しかしすみれの心配通り、花村建設を解雇された経緯を正直に話すサクラは軒並み面接で落とされてしまいます。

貯金も底をつき、コンビニでアルバイトをしながら就活を続けるサクラは、今の自分は同期の悩みを聞くしかできないと思って、自宅で行う鍋パーティに誘います。

当日、皆の悩みの解決策を考えながら一人で準備をするサクラの元に、百合が来ます。ただ、これから大事な起業セミナーがあるのでパスさせてくれとお願いされます。サクラは、自分も同じことを考えて居たと言ってあげます。

スポンサーリンク

そこに、蓮太郎や菊夫から次々と欠席の連絡がきます。蓮太郎はこれから退職願を出しに行く、菊夫は代表をやると決めてみんなに決意を話すと電話が来ます。そこにやってきた葵は、「もうサクラのことを吹っ切らないといけないし、これからは本物のリーダーにならないといけないから遠慮させてもらう」と言って帰っていきます。

一人になったサクラは、自分たちで問題を解決していく同期に無力感を覚えます。

数日後、コンビニで働いていたサクラは、客ともめてクビになってしまいます。ふらふらと公園に歩いてくると、いつもの喫茶店のママがベンチに座っています。思わず話しかけると、「古いものは消えていくしかない」としみじみ言われます。そこに島のおばちゃんから電話がかかってきます。サクラは島に帰ることを決意します。

部屋を片付けた後、いつもの喫茶店のあとにできたネットカフェに同期の4人を集めます。

やってきた4人に故郷に帰ることを言いましたが、ウソだとすぐにばれてしまいます。みんなからもったいないと言われますが、自分は何もできないことや文句ばかり言っていたことに初めて気づいたと言って、すぐに出ていきます。

荷物をもって部屋を出たサクラの前に4人が現れて、「連れていきたいところがあるの」と言います。

言った先は、新人研修のときにサクラが社長賞を取るべきだとべた褒めした保育園の建設現場です。サクラに褒めてもらったから、設計者が夢を叶えることができたと蓮太郎が言います。他の3人もサクラはみんなの心の中に幸せな建物を建てることができると説得します。

サクラは、「お前には自分にしかできないことがある。大人になるとは自分の弱さを認めることだ。本気で叱ってあげるのが本当の友だ。辛い時こそ自分の長所を見失うな。本当に大切なのは勝より価値だ・・・」と柊平から言われた言葉を話し出します。

そして、今、柊平に言われたような気がすると言って、「私には夢があります・・」といつものように話します。最後に写真を撮ります。

翌日、再び元気になったサクラは家を出て就活の面接に行きます。すると、その会社の社長から「いつから来れる?」と聞かれます。

そのとき、黒川が入ってきて「花村建設に戻ってこい」といいます。

(⇒最終回のあらすじ

ドラマ『同期のサクラ』をもう一度1話から見るには、動画配信サイトHuluがおすすめです。Huluは月額1,026円(税込)で、5万本のドラマや映画などを見放題できる動画配信サイトです。個別課金などはありませんし、入会してから14日間無料のお試しをしています。

こちらをクリックして、公式ページの無料トライアルでドラマ同期のサクラ』をご覧ください。

Hulu公式サイト!

ドラマ『同期のサクラ』のキャスト

  • 北野サクラ 高畑充希、花村建設社員
  • 月村百合 橋本愛、サクラの同期
  • 木島葵 新田真剣佑、サクラの同期
  • 清水菊夫 竜星涼、サクラの同期
  • 土井蓮太郎 岡山天音、サクラの同期
  • 黒川森雄 椎名桔平、人事部長
  • 火野すみれ 相武紗希、人事部
  • 北野柊作 津嘉山正種、サクラの祖父
  • 脇田草真 草川拓弥、サクラの隣人
  • 中村小梅 大野いと、脇田の妻

各話のあらすじ

以上、ドラマ『同期のサクラ』の9話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました