同期のサクラの8話のあらすじ(ネタバレ)。

ドラマ『同期のサクラ』の8話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。高畑充希さんが北にある小さな離島から上京して大手ゼネコンに入社した女子社員、サクラを演じます。サクラの夢は、故郷の島と本土を橋で結ぶことです。夢に向かって真っすぐに突き進むサクラに、同僚たちも忘れていた夢をおいかけることを思い出していきます。

ドラマ『同期のサクラ』の8話のあらすじ

ドラマ『同期のサクラ』の最終回を、12/25の21:59まで無料で見ることができます。⇒TVer

2019年12月―。サクラ(高畑充希)の病室には百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の姿があります。意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人です。

そんな大事なことを決められないと話してると、サクラのアパートの隣人・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が訪れ、こんなことになったのは自分たちのせいだ、と頭を下げます。

2016年11月。

自らの決断で夢だった故郷の橋の建設を諦めたサクラは、祖父・柊作(津嘉山正種)を亡くしたショックも重なり、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えています。

もう一つの夢である“同期の仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ること”を心の支えになんとか仕事を続けるサクラでしたが、その日、重い体を引きずって家を出たサクラの足は、会社にたどり着く前に自宅に戻ってしまいます。

そして2018年1月。百合たちは「体調がすぐれない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配しています。

これ以上休職期間が伸びると会社にもいられなくなるため、なんとかサクラを元気付けようと、4人はいつもの居酒屋で知恵を絞ります。葵はこちらから悩み相談を持ちかければ、サクラの性格上出てきてくれるのではないかと提案します。

翌日。百合は悩みを聞いてほしいとサクラの部屋を訪ねます。髪が伸び変わり果てた姿でドアを開けたサクラは、ごみなどで荒れ果てた部屋に百合を上げます。「外に出る気になれない」と話すサクラに、百合は菊夫がどうしても連れて行きたい場所があると話します。

菊夫がサクラを連れてきたのは、以前菊夫が悩んでいた時にサクラが認めてくれた、二人の思い出の場所の図書館です。そこへ行けばきっとサクラの元気が出ると思った菊夫でしたが、壊れてしまったサクラの心を前にすると、なにもできませんです。

次の番は蓮太郎です。サクラの好きだった実家のラーメンで元気づけようとするも失敗です。さらに自分の設計図について意見を求めると、サクラは突然「何も浮かばない」と堰を切ったように泣き出してしまいます。

そこに駆けつけたすみれ(相武紗季)がサクラを抱きしめるも、その涙は止むことがありませんです。

誰もサクラを救い出せない中、葵はサクラを街に連れ出し、元気づけようと昔の話をしてからプロポーズしますが、サクラに笑われてしまいます。葵は仕方なく、一緒に笑います。

最後は百合です。やけ買いをするあまりに自暴自棄な態サクラの度から百合は夢と島のことを思い出せと言いましたが、逆に口論になってケンカ別れしてしまいます。

いつもの居酒屋で、心を病んだサクラを助けることができず、途方にくれる同期たちです。そこにやってきたサクラは、そんな4人の気持ちに感謝しながらも「感情がコントロールできない」と話して出ていこうとします。

今まで自分たちを救ってくれたサクラの豹変ぶりを前に、前のサクラに戻ってほしいとお願いします。

サクラは、祖父の柊作が送ってくれた最後のファックスの話をして、「頑張れと励まされるのが辛い」「もう仲間なんて思わず、自分のことを見捨ててほしい」と頼んで出ていきます。

4人は何も言えず、それぞれ強い喪失感に襲われます。

数日後。サクラの元に書留が届きます。それは会社から、このままでは解雇になる、という通知です。そして黒川(椎名桔平)からのメモが入っています。そこには、「一度本社に顔を出せ」と書かれています。

サクラは、黒川に会いに行って退職届を出します。

黒川は、入社試験のときに周りの反対を押し切ってサクラを入社させたことを話ます。サクラはそのまま帰っていきます。

スポンサーリンク

帰り道、いつもの居酒屋に行くと、おばさんから店を閉めると言われます。今までは毎日同期の5人がきたから張り合いでやっていたけど、もうこないようだからやめると言われます。

家に帰る途中、話すことにこたえてくれるAIトークが売られてたので買って帰ります。

2019年3月。

サクラの部屋の中に布団も何もなく、サクラはAIとずっとしゃべっています。サクラはなぜ仕事に行きたくないのかを聞くと、的外れのことを言われます。祖父がなくなったことと橋が原因だったから、うそをついても橋を架けたほうが良かったのかと聞くと、わからないと言われます。

さらに、なんのために生きてるのかと尋ねると、乃木坂とかアンパンマンの話をAIが答えます。それを聞くと、そんなのは無理、なんでこんなふうになっちゃったのか、生きてちゃいけないのか、どうしたらいいのか、とずっとしゃべり続けます。そして、ふたたび寝ます。

菊夫は会社を辞めてボランティア活動を始めます。蓮太郎はすみれと結婚します。百合は子供を産みます。父親は葵です。ただ結婚はしないと百合に言われます。まだ葵のこころにサクラがいるからです。

百合の病室に生れたことを聞いた菊夫と蓮太郎がやってきます。すると、百合は、柊作に言われた「サクラをたのむ」という言葉が忘れられないので、最後に一つだけ試したいと3人にお願いします。

2019年3月31日。サクラの誕生日です。サクラがおきて昔の同期の写真を見つけると、電話が非通知でかかってきます。出てみると、ファックスの音が聞こえます。思わず振り向くと、ドアの隙間から

「俺たちはいつまでも待ってる。お前とまた一緒に働ける日を。だからどんなにつらくてもあきらめるな。サクラのいない世界なんかに生きていたくないから」

という紙が出てきます。

サクラはそれを読みながら涙を流してると、もう一枚、

「じゃ、また明日」

という紙が出てきます。

「みんなに会いてえ」と思ったサクラはやっと外に出ることができます。

公園の横まで歩いてくると、隣りの男の子が道に飛び出ると同時にバイクがやってきます。あわててサクラがバイクの前に飛び出て男の子を助けます。

サクラはバイクに吹っ飛ばされて倒れましたがなんとか起き上がります。そして、「私には夢があります・・・」とつぶやきながら、同期の4人のことを思い出しながら家までなんとか歩いて帰り、同期の写真を見て意識を失います。

2019年12月。病室で同期の4人が話してると、病院の先生に呼ばれます。

4人が出て行ったあと、サクラの目から涙がこぼれ、少しずつ目を開けます。

(⇒9話のあらすじ

ドラマ『同期のサクラ』をもう一度1話から見るには、動画配信サイトHuluがおすすめです。Huluは月額1,026円(税込)で、5万本のドラマや映画などを見放題できる動画配信サイトです。個別課金などはありませんし、入会してから14日間無料のお試しをしています。

こちらをクリックして、公式ページの無料トライアルでドラマ同期のサクラ』をご覧ください。

Hulu公式サイト!

ドラマ『同期のサクラ』のキャスト

  • 北野サクラ 高畑充希、花村建設社員
  • 月村百合 橋本愛、サクラの同期
  • 木島葵 新田真剣佑、サクラの同期
  • 清水菊夫 竜星涼、サクラの同期
  • 土井蓮太郎 岡山天音、サクラの同期
  • 黒川森雄 椎名桔平、人事部長
  • 火野すみれ 相武紗希、人事部
  • 北野柊作 津嘉山正種、サクラの祖父
  • 脇田草真 草川拓弥、サクラの隣人
  • 中村小梅 大野いと、脇田の妻

各話のあらすじ

以上、ドラマ『同期のサクラ』の8話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました