同期のサクラの7話のあらすじ(ネタバレ)。どうしてサクラばっかりこんな目に?サクラの夢がヒジョーにマズい。

ドラマ『同期のサクラ』の7話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。高畑充希さんが北にある小さな離島から上京して大手ゼネコンに入社した女子社員、サクラを演じます。サクラの夢は、故郷の島と本土を橋で結ぶことです。夢に向かって真っすぐに突き進むサクラに、同僚たちも忘れていた夢をおいかけることを思い出していきます。

ドラマ『同期のサクラ』の7話のあらすじ

ドラマ『同期のサクラ』の最終話を、12/25の21:59まで無料で見ることができます。⇒TVer

2019年11月。サクラ(高畑充希)の病室に訪れた黒川(椎名桔平)は、眠り続けるサクラに、「こんなことになったのは俺のせいかもな。4年前にお前を島に行かせて、こんなことになったんだからなと語りかけています。

2015年11月。サクラは花村建設の子会社に飛ばされたまま、社会人7年目を迎えています。故郷の島に架かる橋が着工し、直接工事には関われないものの祖父の柊作(津嘉山正種)と共に橋を渡るのを楽しみにするサクラです。しかし、なぜか最近、柊作から「橋は架からない。お前の夢は叶わない」という不吉なファックスがくる夢ばかり見ることに不安を感じています。

その日、モデルハウスで新築の家の販売会をしていたサクラは、かつての上司・黒川から「島に架かる橋に問題が起きた」と突然呼び出されます。急いで本社に駆けつけ、待っていた葵(新田真剣佑)に案内されて土木部へ行くと、そこには人事部長から常務に出世した黒川と、かつてサクラと衝突した土木部の担当役員・桑原(丸山智己)の姿があります。

黒川は、橋の着工後に想定より地盤が弱いことがわかり、もし完璧を期すのであれば基礎を予定より深く打ち込まなくてはいけないということです。今の深さでも安全基準はクリアしているためまったく問題はないのですが、噂が広がり島民の間に不安が広がっているため、島の出身者として現地の説明会で島民を説得して安心させてほしいとサクラは頼まれます。

調査会社の資料を見て今のままでも安全基準に問題がないことに納得したサクラは、島の説明会に行くことを決めます。

その夜、サクラは百合(橋本愛)、葵、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)と共にいつもの喫茶店へ行きます。美咲島に行く話で盛り上がる中、蓮太郎は一級建築士の試験に受かったことを報告します。

さらに付き合っている人がいる、と意外な相手を発表します。そのとき、つくしが入ってきます。みんなはつくしだと勘違いしましたが、蓮太郎の相手はすみれです。すみれもすぐに来てみんなにあいさつすると、祝福されます。

数日後、サクラは菊夫、葵、蓮太郎、百合の4人と一緒に美咲島に行きます。着工予定地でみんなで写真を撮ってると、葵だけ浮かない顔をしています。そこに、隣のおばさんたちがやってきます。サクラはおばさんから、最近柊作の心臓のぐあいがよくないと聞くと一目散で家に行きます。

柊作に病院に行くことを勧めましたが、柊作は都合の悪いことは聞こえないふりをするばかりです。

その夜、サクラの実家を訪れた同期たちは柊作自慢のコロッケが並ぶ食卓を囲み、楽しい夜を過ごします。入社してからの思い出話に花を咲かせるサクラと同期の姿をホッとしたように見つめていた柊作です。ところが、サクラにお風呂を沸かせに行かせた隙に「話がある」と同期たちに怖い顔で迫り、正座します。

「サクラのこと、よろしくお願いします。見捨てないんで仲良くしてやってください」と頭を下げます。そして、自分の命はもう長くないと言って、そうなるとサクラは天涯孤独になってしまうといいます。サクラの母親が亡くなったときに、自分が守ってやると決めたのですが、自分が亡くなったらどうなってしまうのかと思ってたら同期の4人が来て安心したと涙ながらにお願いします。

皆が帰った後、サクラの隣りに布団を引いて寝た柊作は、「良い仲間ができたな」といって眠りにつきます。

翌朝、住民説明会に向かおうと実家を出たサクラの前に葵が現れます。

葵は、橋の工事について、あることに気づいたと打ち明けます。基礎に注入するコンクリートの量が少ない、そのため強度が弱い、桑原が予算を抑えるためにやってるに違いないと話します。

サクラは住民説明会にやってきた桑原にどういうことか、詰め寄ります。桑原はやり直したら赤字が出て建設が取りやめになるから黙ってろと脅します。そして、旨く説明できたら土木に呼んでやると持ちかけます。

スポンサーリンク

説明会の前、サクラの前に同期たちがやってきます。葵と蓮太郎は本当のことを言ったほうがいい、菊夫と百合は安全基準をみたしてるから橋を架けたほうがいいと、意見が真っ二つに分かれます。

サクラが、百合に言われて柊作に相談しに行きましたが、自分は大人になれるんだろうか?とだけ聞きます。柊作は、「一生大人になる必要はない」と言ってくれます。サクラは笑顔になって説明会に戻ります。

会場の前に着くと、百合がいます。百合はサクラを抱きしめながら、「なんでサクラばっかりこんな目に合うんだろうね」と言ってくれます。次にきたのは葵です。葵は「お前が好きだ。思ったとおりにやれ」と言ってくれます。菊夫も、桑原から守ってやるといってくれます。

桑原のスピーチが始まると、蓮太郎がスマホをもってやってきて、すみれが話があると渡してくれます。すみれは、どっちにしてもサクラが苦しむことになるから、蓮太郎たちを頼ってくれと言ってくれます。

桑原のスピーチが終わりそうになると、住民たちが桑原は信じられないと言い出します。そして、サクラに言われたら納得すると言われて壇上に上がります。

サクラは島を出てから同期の仲間ができて、橋をかける夢と仲間をつくるという夢があると宣言したと話した後、基礎の深さとコンクリートが足りないから安全ではないことを話して、橋は絶対に作れないと泣きながら頭を下げます。

説明会が終わった後、桑原がサクラに文句を言ってると、同期の4人がやってきます。約束通り、菊夫が桑原に文句を言うと、怒って帰っていきます。

サクラが家に帰ると、柊作が倒れています。すでに冷たくなった柊作を叩きながらサクラは泣き崩れます。

葬儀が終わって戸棚を整理してると、今までサクラが送っていた仕送りが封も切らずに引き出しの中に入っています。

東京の家に帰ったサクラが床の上にうずくまると、ファックスが来てるのに気づきます。

「桜は決して枯れない。たとえ散ったとしても、必ず咲いてたくさんの人を幸せにする」

柊作のファックスです。サクラはすぐに泣きながら柊作に会いたいと書いてファックスを送ります。じっと見ていましたがファックスはなりませんです。サクラは家中をめちゃくちゃにして泣き崩れます。

その日からサクラからは連絡がつきませんです。数日後、百合がサクラの部屋に行くと、サクラは窓に向かって正座しています。百合が声をかけると、「仕事に行かなくては」といって部屋を出ていきます。

2019年11月。黒川は「やめてもらうしかない」と言って解雇通知書を置いて病室を出ます。

(⇒8話のあらすじ

ドラマ『同期のサクラ』をもう一度1話から見るには、動画配信サイトHuluがおすすめです。Huluは月額1,026円(税込)で、5万本のドラマや映画などを見放題できる動画配信サイトです。個別課金などはありませんし、入会してから14日間無料のお試しをしています。

こちらをクリックして、公式ページの無料トライアルでドラマ同期のサクラ』をご覧ください。

Hulu公式サイト!

ドラマ『同期のサクラ』のキャスト

  • 北野サクラ 高畑充希、花村建設社員
  • 月村百合 橋本愛、サクラの同期
  • 木島葵 新田真剣佑、サクラの同期
  • 清水菊夫 竜星涼、サクラの同期
  • 土井蓮太郎 岡山天音、サクラの同期
  • 黒川森雄 椎名桔平、人事部長
  • 火野すみれ 相武紗希、人事部
  • 北野柊作 津嘉山正種、サクラの祖父
  • 脇田草真 草川拓弥、サクラの隣人
  • 中村小梅 大野いと、脇田の妻

各話のあらすじ

以上、ドラマ『同期のサクラ』の7話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました