同期のサクラの3話のあらすじ(ネタバレ)と感想。サクラが百合の人生を大きく変えた瞬間!

ドラマ『同期のサクラ』の3話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。高畑充希さんが北にある小さな離島から上京して大手ゼネコンに入社した女子社員、サクラを演じます。サクラの夢は、故郷の島と本土を橋で結ぶことです。夢に向かって真っすぐに突き進むサクラに、同僚たちも忘れていた夢をおいかけることを思い出していきます。

ドラマ『同期のサクラ』の3話のあらすじ

ドラマ『同期のサクラ』の最終話を、12/25の21:59まで無料で見ることができます。⇒TVer

2019年春、眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室には赤ん坊を抱く百合(橋本愛)の姿があります。夢を追い続けたサクラに影響され、娘に『夢』という名前をつけた百合は入社3年目直前のことを思い出していました・・・

東日本大震災の前日、2011年3月10日。

サクラは新規採用向けのパンフレットを作るため、広報部の百合と協力して各部署で3年目を迎える同期たちに取材をすることになります。“ミス広報”ともてはやされ、何事も波風立てずに本音を押し殺して働く百合は、黒川(椎名桔平)やすみれ(相武紗季)の指示でも納得しなければ従えないサクラに呆れつつ、一緒に取材に向かいます。

都市開発部で調子良く働く自信満々の葵(新田真剣佑)、一級建築士の資格を取るために終業後も勉強に励んでいるという設計部の蓮太郎(岡山天音)、サクラの影響で営業部での仕事ぶりが一皮剥けた菊夫(竜星涼)と、一通り取材を終えたところで、サクラは優秀だと評判の百合にもインタビューしたいと頼みます。

やりがいに満ちた百合のコメントに心を打たれるサクラですが、取材が終わって食堂に行った途端、百合は転職か寿退社した方がマシだと本音を漏らし、男社会のゼネコンにうんざりした様子を見せます。サクラが何か言おうとした時、百合の携帯にクライアントの年輩男性からしつこい食事の誘いメールが届きます。取引先を無下にすることもできない百合は、事を荒立てずにセクハラを回避するためサクラに同行を頼みます。

その夜サクラは、百合に服を買ってもらって、百合と共にクライアントの専務が待つ高級レストランへ行きます。百合が一人でないことが気に入らない専務でしたが、サクラはそんな事は気にせず美味しい料理に感動。しかし、百合が席を外した隙にタクシー代の1万円を渡されて二人きりにして欲しいと頼まれると、「百合さんは好意を持ってないので、もう誘わないでください」と、忖度なしの発言でクライアントの専務を怒らせてしまいます。

サクラのせいでクライアントが帰ってしまったと知り憤慨して、会社で問題になったらどうするのだとサクラを責めます。 イライラしながら実家のマンションに帰った百合は、部下とともにカラオケでどんちゃん騒ぎをする成金丸出しの父と、ホステスのように甲斐甲斐しく夫の世話をする母の姿にうんざり。さらに、衝動買いした物で散らかった部屋に着くと、恋人からの返信を急かすメールにうんざり。会社でも家でも自分の居場所を見つけられずにいます。

翌日の3月11日。人事部に広報部長の葦田が百合を連れて押しかけ、サクラが大切なクライアントを怒らせたと黒川を責め立ててます。同期をセクハラから守ったと話すサクラですが、百合本人は辛くなかったと主張する葦田を百合も否定しませんです。黒川に促されたサクラが謝ろうとしたその時、大きな揺れが起きます。百合はサクラといっしょに急いで机の下に隠れます。揺れが収まると、すぐに各部署に連絡をはじめます。

その夜、電車が止まって家に帰れなかった百合はサクラの家に泊まります。自分と違いまっすぐに夢を追うサクラの生き方を眩しく思いながらも、どこか暑苦しく感じてしまいます。親にも本心を話すことができず、女性として生きづらさを感じながら自分の居場所を探し続けてると愚痴をもらします。

翌日も、震災の対応でお忙しで菊夫も東北に出張に行きます。一段落すると、黒川から百合が寿退社するようだと聞きます。それを聞いたサクラはすぐに屋上にいた百合のところに飛んでいきます。なぜ結婚するのか聞いた後に、会社は辞めなくてもいいんじゃないかというと、百合はいい子のふりするのがつかれたと言います。

サクラは、百合の夢が結婚じゃなかったらもっと一緒に働きたいと言って、「私には夢があります・・」といういつものセリフを言い始めます。

すると、百合は夢がないといけないの?夢を見るのをやめて現実を見ろと逆切れして、サクラは間違ってると叫んで広報部にかえろうとします。サクラは、「ブス、ブス・・」といいはじめます。そして、ただ現実から逃げてるだけだ、結婚しても自分の居場所じゃないって言いだすはずだ、種をまかなければ一生花は咲かない、つらいなら自分で居場所をつくれ、そのままの百合でいろといいます。百合はサクラの胸ぐらをつかんで、自分とは違うから2度と目の前に現れるなと言って歩いていきます。

スポンサーリンク

サクラは家に帰って、百合とのことをファックスします。夜中に、「いい人と、出会ったな。本気で叱ってくれるのが本当の友達だ。彼女と別れるな」と返信が来ます。

翌日、花束をもらった百合が退職のあいさつしてると、サクラがやってきてこんな優秀な人を辞めさせるなと部長に面と向かって言います。百合は慌てて外に連れ出します。サクラは百合の言葉は本気で嘘がないから、友達になってくれとお願いします。サクラは「誰があんたなんかと」と言い残して歩いていきます。

百合が花束を持って帰ろうとすると、途中で葵や蓮太郎に会って、幸せにと言われます。そして菊夫からは仲間になってくれと言われます。無視して帰ろうとすると、サクラがきてIDカードを返してくれと言います。そして、写真を撮ってくれと言われて断って歩き出すと、サクラはこれからいい友達を作ってくれと叫びます。

百合は玄関まで行くと、足が止まります。百合は涙を流して引き返してきます。すると、サクラは胸のポケットから百合の退職願を出します。上司に頼んで預からせてもらったというと、百合はサクラを名前で呼びます。サクラは友達になれてうれしいと笑顔になります。二人は写真を撮ります。

翌日、黒川から社史編纂室に異動だと言われます。

(⇒4話のあらすじ

ドラマ『同期のサクラ』をもう一度1話から見るには、動画配信サイトHuluがおすすめです。Huluは月額1,026円(税込)で、5万本のドラマや映画などを見放題できる動画配信サイトです。個別課金などはありませんし、入会してから14日間無料のお試しをしています。

こちらをクリックして、公式ページの無料トライアルでドラマ同期のサクラ』をご覧ください。

Hulu公式サイト!

ドラマ『同期のサクラ』3話の感想

面白かったです。今回、初めてサクラの気持ちが爆発します。やっぱり、本気でぶつかっていかないと人の心を変えることはできないんだと改めて感じます。

私の好きな番組は、「プロフェッショナル」「セブンルール」「アナザースカイ」「カンブリア宮殿」などですが、出てる方々に共通してるのは本気で人生を楽しんでるということです。100%ではなくて、自分を超えた120%のエネルギーでいろいろなことにチャレンジしてるので、見てるとこちらもエネルギーがもらえる気がします。

サクラも、普段から忖度せずに、相手の気持ちにかかわらず自分の主張を100%前面に出していましたが、今回の百合に対する気持ちの爆発は120%超えています。それは、百合に対して本気に友達になりたいと思っていたからだと思います。

それに反して、百合の会社での生活や葵、蓮太郎、菊夫、サクラにたいする気持ちは30%くらいで生きていたんじゃないでしょうか。葵や蓮太郎もせいぜい50%くらいだったと思います。それは、最後のほうで百合が会社を退社するときにかけた言葉からわかります。葵も蓮太郎も上っ面のことだけで自分をよく見てもらいたいという気持ちも入っていたと感じます。

わたしも普段はなかなかできていないのですが、自分を120%出せた時が何回かあります。その時はとてもすがすがしくて涙がこぼれます。120%出すというのはとても疲れますし、周りの目が気になるところですが、得るものはとても素晴らしいものです。あらためて、毎日の生活を惰性で生きるのではなくて、一瞬一瞬を120%のエネルギーで生きていくことを心がけていきたいと感じます。

ドラマ『同期のサクラ』のキャスト

  • 北野サクラ 高畑充希、花村建設社員
  • 月村百合 橋本愛、サクラの同期
  • 木島葵 新田真剣佑、サクラの同期
  • 清水菊夫 竜星涼、サクラの同期
  • 土井蓮太郎 岡山天音、サクラの同期
  • 黒川森雄 椎名桔平、人事部長
  • 火野すみれ 相武紗希、人事部
  • 北野柊作 津嘉山正種、サクラの祖父
  • 脇田草真 草川拓弥、サクラの隣人
  • 中村小梅 大野いと、脇田の妻

各話のあらすじ

以上、ドラマ『同期のサクラ』の3話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました