同期のサクラの2話のあらすじ(ネタバレ)と感想。「残業時間を減らせ」という会社からのお達しをサクラが!

ドラマ『同期のサクラ』の2話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。高畑充希さんが北にある小さな離島から上京して大手ゼネコンに入社した女子社員、サクラを演じます。サクラの夢は、故郷の島と本土を橋で結ぶことです。夢に向かって真っすぐに突き進むサクラに、同僚たちも忘れていた夢をおいかけることを思い出していきます。

ドラマ『同期のサクラ』の2話のあらすじ

ドラマ『同期のサクラ』の最終話を、12/25の21:59まで無料で見ることができます。⇒TVer

眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室。見舞いに訪れた、サクラの意識がもう戻ることがないと医者に言われた菊夫(竜星涼)は、「自分にしか出来ないことをやるよ」と話しかけ、社会人2年目のある出来事に思いを馳せています。

2010年5月。

サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えています。その忖度できない性格は相変わらずで、修羅場中の隣人カップルに空気を読まないクレームを入れたり、社内エレベーターで大声で電話する管理職風の上司に堂々と注意したりしています。そして、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」というブレない夢も持ち続けています。

その日、人事部では「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」という上からのお達しを、部長の黒川(椎名桔平)とすみれ(相武紗季)がサクラに丸投げしてきます。「何故、残業してはいけないのか?」という疑問を黒川にぶつけるサクラでしたが「社員の健康と環境を守るため」という答えに納得すると早速各部署にメールを打ち始めます。面倒な仕事は何でも押し付ける黒川と、意見をハッキリ言うあまりトラブルの種になりかねないサクラに挟まれストレスを感じるすみれでしたが、サクラと一緒に各部署に残業削減をお願いして回ることになります。

調子よく仕事をする都市開発部の葵(新田真剣佑)、男性社会の会社で不満と不安を隠しながら働く広報部の百合(橋本愛)、雑用ばかりで意見を聞いてもらえないことが不満の設計部の蓮太郎(岡山天音)、と同期の仲間たちと久々の再会をしたサクラ。それぞれの労働環境を熱心にメモしながら、営業部では多忙ながらもやりがいを感じている様子の菊夫に再会します。しかし、そこに菊夫の上司で営業部長の桑原が現れる。なんと桑原はサクラがエレベーターで注意した横暴な上司です。サクラが「無駄な残業を・・」と言いだすと慌てたすみれが間に入り、角が立たないように残業削減を頼むものの、桑原は聞く耳を持ちませんです。サクラは桑原に文句を言われながらも明るく振る舞う菊夫のことを不安げに見つめてます。

その夜、菊夫は担当する建設現場の工期を1ヶ月早めるよう桑原から無茶振りを受け、高圧的な桑原と「今回ばかりは無理だと言ってくれ」と悲鳴をあげる下請け業者の板挟みにあってしまいます。問題を抱え込む菊夫は1年目にサクラに教えてもらった喫茶店へ行きます。偶然来ていた同期のメンバーたちと顔を合わせ、上にはいい顔して下には横暴だと社内でも有名な嫌な上司・桑原部長の下についたことに同情されます。しかし、サクラだけはなぜか何も言わずに「じゃあ、また明日」と言ってさっさと帰ってしいます。

ただ、家に帰ると、菊夫のことを祖父の柊作(津嘉山正種)にファックスします。

1週間後。人事部では営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題に上がります。特に菊夫が残業時間がアップしています。苦手な桑原を避けて自分から動こうとしない黒川に代わり、自分が営業に行くとサクラが申し出て認められます。

サクラが営業部に行くと、工期短縮ができない菊夫を桑原が怒鳴っています。サクラはいきなり菊夫を定時で帰してくれ、できないなら社長や役員に報告してくれと書類を渡そうとします。怒った桑原は人事部に乗り込んで黒川に文句を言います。桑原と同期の黒川は言葉巧みに黒川を丸め込みます。桑原が帰った後、二度と桑原にかかわるなと黒川に念を押されます。

その日の夜、菊夫がやっと家に帰ってくると桑原から電話がかかってきます。得意先に接待してるのですぐに出て来いと言うことです。行った先のクラブでも、ゴルフに行くとか車を買え、免許を取れ、応援歌を歌えとムチャぶりばかりです。

翌日、定時になると、サクラは会社の玄関に立っています。菊夫の残業を止めるつもりです。ちょうどやって来た葵にやめとけと言われましたが、菊夫と一緒に歩いていきた桑原にもう残業させるなと文句を言います。さらに、良い仕事のためには無駄な残業はムダだと言い切ります。桑原は人の心配する前に大人になれと言って歩き出します。

サクラは「私には夢があります。島に橋を架けることです。一生信じあえる仲間を作ることです。その仲間とたくさんの人を幸せにすることです。そのために菊夫が身体を壊して辞めたら困るんです」と叫びます。桑原は、どっちのいうことを聞くんだと菊夫に聞くと、「俺なら大丈夫。この会社に入れたのも桑原さんのおかげ」だといって桑原のあとを追いかけていきます。

その日の夜、サクラは「自分には何もできない、大人になるってどういうこと?」と祖父の柊作にファックスします。すると、愁作から「大人になるとは、自分の弱さを認めることだ、と思う。自信はないが」と帰ってきます。その時、すみれから菊夫が倒れたと電話が来ます。

サクラは病院に行って、寝てる菊夫の隣で菊夫の担当してる図書館の図面を見ています。気が付いた菊夫に、「この図書館、いい。非常にいい」と言って理由を話します。すると、菊夫は関係ない人事部に配属されて仕事辛くない?と聞きます。サクラは、人事部に配属されたことで、会社全体のことがわかっていい経験になってると話します。それを聞いた菊夫は、自分のことが情けなくなって毎日が辛いと本心を話して泣きだします。そして「おれはどうしたらいい?」とサクラに聞きます。

スポンサーリンク

ところが、サクラは「わからない。良いことは言えない」といって帰ろうとします。ただドアの前で振り返って、「今、菊夫君はすこし大人になったかもしれません。今は自分自身をまず応援してください。自分でお尻を叩いてください」と言って帰っていきます。

翌日、サクラが出社してエレベーターに乗り込むと、同期の3人がいます。3人が菊夫を心配してると、「今から部長に自分の考えを伝えてきます」と言う菊夫のメールがサクラのところに来ます。

サクラは営業に行きます。後ろから3人がついてきます。営業部につくと、菊夫がビビった感じで営業部の様子をうかがっています。菊夫は自分のお尻を叩いてくれとサクラにお願いします。サクラは思いっきり菊夫のお尻を叩きます。涙が出た菊夫はやっと吹っ切れて桑原の所に歩いていきます。

菊夫は桑原の所に行くと、桑原は菊夫のからだを心配するふりをしながら工期を早めて来い、ダメなら定時まで土下座していろと命令します。すると菊夫は「もう部長の言うことは聞けません」と言って、サクラのことを話しだします。そして、自分が担当する建物を愛してないので自分がやるべき仕事をやっていきたいと言い切ります。そこに、菊夫の担当の工事で水道管が破裂したと電話が来ます。菊夫は担当の自分が行くといって出ていきます。

昼休み、サクラは現場に飲み物と食べ物を差し入れに行きます。そこには泥まみれになって水を止めてる菊夫がいます。現場の人たちが工期を菊夫のために早めるというと、菊夫はそれよりももっといい仕事をしてくれとお願いします。そのあと、みんなで写真を撮ります。

翌日、黒川から、桑原が営業部から土木部に異動になったと聞きます。エレベーターで会った黒川から、「おまえを絶対に土木に入れない」と言われると、サクラは黒川の香水がくさいと言ってエレベーターを織ります。

(⇒3話のあらすじ

ドラマ『同期のサクラ』をもう一度1話から見るには、動画配信サイトHuluがおすすめです。Huluは月額1,026円(税込)で、5万本のドラマや映画などを見放題できる動画配信サイトです。個別課金などはありませんし、入会してから14日間無料のお試しをしています。

こちらをクリックして、公式ページの無料トライアルでドラマ同期のサクラ』をご覧ください。

Hulu公式サイト!

ドラマ『同期のサクラ』2話の感想

とても面白かったですね。菊夫は自分の弱さを認めて、サクラに助けを乞うことで少し大人になることができます。やはり、じぶんを認めてあげることはとても大切です。弱いところがあることをなかなか認めにくいのですが、それを認めてあげることで、ワンランク上のステージに行けるはずです。

それは、漫画「ワンピース」のルフィに似ています。ワンピースだけでなく、多くの漫画や小説では、主人公ははじめは敵に負けます。失恋したり、リストラされたり、試合に負けます。そして、なぜ負けたのかを自問自答します。その弱い部分、負けた部分をプラスにするために修行をします。その結果、初めに負けた敵に勝つことができます。

逆に、初めに勝った敵は、自分の弱さを見つけようともせず、認めようともしないので、そのまま負けてしまいます。

これは、人生でも同じではないでしょうか。葵や蓮太郎も同じです。特に蓮太郎は自分の弱さを知ってるのですが、見てみないふりをしています。それどころか、その弱さを出さないように隠しています。多くの人は同じようなことをしてるはずです。もちろん、私も同じです。いやなことは見たくないですから。

でも、菊夫は自分の弱さを認めてるサクラをじかに見ることで、自分の弱さを認めてもいいんだと気づいて涙を流します。そして、サクラにお尻を叩いてもらって自分の人生を変えることができます。結局は、自分の未来を変えるには自分しかないのです。新しい未来を手に入れるにはそれなりの痛みを伴います。それに打ち勝つことで、少しでも良い未来を手に入れることができると感じます。

ドラマ『同期のサクラ』のキャスト

  • 北野サクラ 高畑充希、花村建設社員
  • 月村百合 橋本愛、サクラの同期
  • 木島葵 新田真剣佑、サクラの同期
  • 清水菊夫 竜星涼、サクラの同期
  • 土井蓮太郎 岡山天音、サクラの同期
  • 黒川森雄 椎名桔平、人事部長
  • 火野すみれ 相武紗希、人事部
  • 北野柊作 津嘉山正種、サクラの祖父
  • 脇田草真 草川拓弥、サクラの隣人
  • 中村小梅 大野いと、脇田の妻

各話のあらすじ

以上、ドラマ『同期のサクラ』の2話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました