ドロ刑の7話のあらすじ(ネタバレ)。ゲストは神保悟志と猫背椿と半海一晃

ドロ刑(引用:番組公式サイト

ドラマ「ドロ刑~警視庁捜査三課」の7話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ「ドロ刑」の7話のあらすじ

いつものバーで皇子山(中村倫也)と斑目(中島健人)が飲んでいます。皇子山は、最近煙鴉(遠藤憲一)の姿が見えないので、何か連絡があったのかどうか斑目にききましたが、斑目もまったく音信不通で気にかけてるところです。

翌日、鯨岡(稲森いずみ)から、最近ある病院のなかで窃盗事件が多発してるので、13係の総力をあげて潜入捜査をしろと命じます。潜入捜査のスペシャリストの瑤子(江口のりこ)が潜入捜査のリーダーとして指揮をとり、自身は他大学から来てる医者、斑目は看護師、美希(石橋杏奈)は研修医、左門(板尾創路)は通院患者、勝手田(丸山智己)は清掃員に扮します。

病院内部の内部犯がいるかもしれないということで、この作戦は、外科部長の安斎(神保悟志)と看護部長の鬼塚(猫背椿)の二人だけに了解を取っています。

医者に見えないとか弱気になってる美希や斑目に、瑤子は行動確認したら現行犯逮捕しろと命じて現場に散っていきます。

その頃、病院の中では、“カメレオンの卓”こと米田卓三(半海一晃)が見舞い客のふりをして病院内を悠然と物色してる最中です。

皇子山は、煙鴉の家の家宅捜査を鯨岡に申請しますが却下されて、それよりも潜入捜査に加われと言われます。ですが、皇子山はひそかに煙鴉の家に忍び込んで捜査をします。すると、末期がんの本や、バルビツールという薬を見つけます。煙鴉はある場所で、「データ改ざん?医師が関与?」という雑誌を見て潜んでいます。

 

しばらくして、病院に知り合いがいるといって皇子山が病院にやってきます。瑤子が時間の問題だと言うと、左門は献血で肝臓の数値が引っかかって緊急入院、勝手田は血を見て倒れて検査入院、美希は待合室でオカリナ演奏をしていたと皇子山が教えると、瑤子はびっくりしてしまいます。瑤子はパソコンからの情報漏えいを心配してる外科部長をフォローしてくれと言います。

斑目は、ある入院患者のおばあちゃんを病室に連れて行くと、高齢の夫から指輪とお金を盗まれたと聞きます。警察に言わないのかと聞くと、それよりも、手術する外科部長の安斎のことが心配だといいます。斑目がネットを調べると、人が亡くなってる医療ミスを4件も起こしてると書かれています。斑目はそのことを瑤子に相談すると、逆にしっかり自分の仕事をしろとおこられます。

皇子山は、病院で働いてる昔からの知り合いにパソコンのデータ管理のことを聞きます。情報の漏洩は問題ないようです。最後に煙鴉の伊平屋にあったバルビツールという薬の事を聞くと、睡眠薬や鎮静薬の一種だけどかなりの劇薬で、大量に服用すると命にかかわると言うものです。

皇子山は斑目にその薬と末期がんの本のことを話して帰っていきます。

斑目が身分ばれそうになってある病室に逃げ込むと、清掃員の服装をしたカメレオンの卓が入ってきて財布を取るところを見ます。すぐに斑目が緊急逮捕します。

斑目と瑤子は外科部長室に呼ばれて感謝をされて部屋をでると、看護部長の鬼塚が追いかけてきます。

 

署で取調べを受けてるカメレオンの卓は、何か言い情報がないかと盗んだパソコンを調べてると面白いものがあったと皇子山に放します。そこには、安斎外科部長を告発する文章があります。

病院でも、鬼塚から、安斎家が部長が手術ミスを隠蔽してると斑目と瑤子に話をしています。そして、改ざん前のデータを探し出して公表すれば告発できるといいます。署に帰ったふたりは皇子山からも同じことを聞きます。安斎外科部長は今日になってパソコンが盗まれたと騒ぎ出したと言うことで、重要なデータもそこには行っていたはずだと言ってるといいます。もちろん、卓が盗んだパソコンの中には告発分くらいしか入っていなかったので、改ざん前のデータを泥棒がなくしてしまった制にするという腹積もりです。

皇子山たちがそのことを聞きに行っても、安斎外科部長はそのパソコンに入れたはずだと言い切ります。

署に帰った皇子山たちは、鯨岡に捜査させてくれとお願いすると、自分に迷惑のかからないように必ず成功させろといいます。

 

瑤子と皇子山は病院に行って鬼塚に情報を聞きます。データはおそらくセキュリティルームに入っているけども、数人しか入ることができないといいます。データが手に入らなければ、手術室の中の安斎の声を録音するしかないといいます。

皇子山たちは署に鬼塚を呼んで、作戦をねります。見学の医者たちにまぎれて、手術室に何とかしてもぐりこもうということになります。

手術の日、斑目は臨床工学士の助手、瑤子は見学の医師に扮してもぐりこみます。ところが、手術が始まる前に安斎の部下に斑目が刑事だとばれてしまい手術室の外に出されてしまいます。

安斎が手術室に入ると、鬼塚の態度が違うことに気づかれてしまい、ポケットの中にいれた録音機がみつかって外に連れ出されてしまいます。以前から周囲をかぎまわってるスパイがいることに気づいていたんです。安斎はもう看護師はできないようにさせるというと、パソコンが盗まれたと鬼塚が嘘をつきます。すると、安斎は、「あそこが破られるわけがない。それに、いつまでもパソコンの中に入ってると思うな」と意味深な言葉を吐きます。

スポンサーリンク

そして、安斎は、見学の医者にマスクをはずさせると、瑤子がばれてしまいます。瑤子は、安斎の部下にUSBに入った改ざん前のデータをコピーしたはずでしょ、安斎に首を切られないお守りとして・・と言い捨てて手術室を出て行きます。

すると、安斎の部下達は、そんなことはしないと必死になって否定します。そして、そもそも、そのUSBは安斎のピッチにいつもついていて、肌身離さず持ってるのでコピーなんてできないと言います。安斎はやっと納得して手術を始めることにします。

手術台に向き合うと、いきなり患者が起き上がります。それは斑目です。そして、今までの会話はすべて録音した、データはピッチについてるんだなと安斎にいいます。それを咽んで聞いていた皇子山は安斎のロッカーに行ってピッチについてるUSBを押収します。

安斎は「取り返せ」とほえましたが、そこにいた全員は動きませんです。じつは、鬼塚が全員を説得して架空の手術の設定をして安斎をはめたんです。

後日、安斎は逮捕されます。

数日後、斑目と皇子山がいつものバーで飲んでいます。皇子山は、煙鴉はギルバート記念病院に忍び込んである女医のデータを盗んでいたと聞かされます。その女医の名前は皇子山真里です。

(⇒8話のあらすじ

ドラマ「ドロ刑」の原作とDVD

原作の福田秀さんは、埼玉県出身でミラクルジャンプ2014年11月号(集英社)に、読み切り「JUMP OUT」が掲載されデビューされます。その後週刊ヤングジャンプ2016年1号(集英社)に「ハイヒール」が掲載され、同誌2018年5・6号より「ドロ刑」を連載している漫画家です。

【中古】ドロ刑 コミック 全7巻 全巻セット (コミック)

楽天で購入

 

DVDの購入はこちら

ドラマ「ドロ刑」のキャスト

  • 斑目勉 中島健人、やる気がない新米ダメ刑事
  • 煙鴉 遠藤憲一、幻の大泥棒
  • 鯨岡千里 稲森いずみ、捜査三課13係係長
  • 小平美希 石橋杏奈、元音楽隊
  • 皇子山隆俊 中村倫也、元捜査一課刑事
  • 宝塚遥子 江口のりこ、変装の達人
  • 細面隆一 野間口隆、手口捜査のスペシャリスト
  • 勝手田利治 丸山智己、元指名手配犯専門
  • 左門陽作 板尾創路、元スリ専門刑事
  • 宵町時雄 生島翔、バーのマスター
  • 霞沙織 田中道子、科捜研研究員

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ドロ刑~警視庁捜査三課」の7話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました