ドロ刑の6話のあらすじ(ネタバレ)。被害総額1500万円の女泥棒”無錠の空き”が抱える秘密とは!?

ドロ刑(引用:番組公式サイト

ドラマ「ドロ刑~警視庁捜査三課」の6話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ「ドロ刑」の6話のあらすじ

斑目(中島健人)と美希(石橋杏奈)は、2人とも大きなため息をついて署に出勤してきます。実は、勾留中の被疑者を現場に連れて行き犯行の経緯を説明させる“引き当たり捜査”を鯨岡(稲森いずみ)から命じられたんです。美希は引きあたり捜査に自信がなかったのですが、斑目は、美希が車の免許を持っていないので、補佐するための運転手兼写真係だと知って意気消沈してたんです。さらに、補助として、皇子山(中村倫也)と瑤子(江口のりこ)もいっしょに行くことになります。

その日の夜、早速いつものバーに行き、雑用係を押し付けられたことを煙鴉(遠藤憲一)に愚痴ります。窃盗犯と泊りがけで地方に行く今回の引き当たりをお気楽旅行だとナメる斑目に煙鴉は、被疑者の人間を見るチャンスだし、逃亡の危険も伴う、と忠告するが、「さびしんですか?すぐ帰りますよ」ととんちんかんなことを行って煙鴉に頭をはたかれます。

斑目たちが担当するのは、万引きの初犯でスーパーで捕まったところ、被害総額1500万円にのぼる65件の窃盗の余罪を吐いた専業主婦の鳥飼和子(余貴美子)です。鍵のかかっていない家を鋭く見つけ出して空き巣に入る“無錠の空き”と呼ばれる窃盗犯で、和子の犯行を全く知らなかった夫はショックからか入院しているということです。皇子山が取調べを行っていて、相当頭が良くて記憶力も抜群だと斑目にアドバイスしましたが、まったく気にしていおらず、ただのドライブだと思ってるようです。

まずは、長野県信濃市に行きます。

1軒目に着くと、和子は手口を説明し始めます。すると、家の人から「盗んだもの、返せ」と怒鳴られます。1軒目が終わると、あまりの緊張から美希がはいてしまいます。その後、警察署に行って昼食をとってる間に、和子は斑目と美希の仕事のことを親切に話してくれます。さらに和子は、若い頃に不倫をしていてけっこんをのがしています。50歳になったころ、今の夫と知り合って結婚したんですが連れ子がいます。和子は50歳になってやっと幸せになれたとしみじみ話すと、斑目と美希は和子にとりこまれてしまいます。

斑目はすぐに隣に行って皇子山たちに、和子は病気だから検察に報告して無罪にしましょうと行ってしまいます。トイレに連れて行った美希は、入院してる夫の代わりに孫の写真を撮って勇気づけたいとしんみりと言います。美希は斑目に相談すると、内緒で和子の義理の娘に連絡して偶然を装って会ってもらおうと斑目が言います。

一方、東京の煙鴉はある男から皇子山に関する資料を受け取っています。鯨岡たちは、和子が有名な大学の心理学部をトップで卒業したと言うことがわかってびっくりしてしまいます。

 

2件目で和子が説明した後、「出て行け」と言われて水をかけられます。3軒目では、子供に手をふるも母親から蛇蝎のごとく見られます。和子がかつて働いていた会社の前の4件目で現場を見てる間に斑目が義理の娘に連絡すると、「あいつがわたしたちの人生をぶちこわしたの、いい加減にしてくれる」と怒鳴られて電話を切られます。そこに和子たちが出てきましたが、知り合いに声をかけられてるすきを突いて和子が逃げ出します。

ただ、皇子山が何とか先回りをしてつかまえることができます。地元の署に帰ってくると、娘に連絡したことがばれて瑤子に怒鳴られます。瑤子は、逃げたときにひじうちを食らった美希に、罪状に追加するか?ときくと、美希はアレは偶然でしたと答えます。すると、瑤子は大きな声で

「やさしいな~、お前ら。自分に。自分がいい人に思われたい。だからやさしくする。それだけや。そんなもん、ほんまもんのやさしさちゃう。人に優しくするのも罰するのも強くなかったらできへんで」

と一喝します。

斑目と美希は娘に散々に言われたことを和子に話します。和子は笑顔で謝ります。

 

最後の家で検分してると、煙鴉から斑目に連絡が来ましたがわかりませんです。そこで、煙鴉は美希に連絡すると、電話に出たとたん美希は何者かにナイフで襲われます。とっさに和子がかばって美希は大丈夫です。そこに皇子山が帰ってきて取り押さえると、かつて皇子山がつかまえた犯人です。逆恨みしていたその犯人は、美希のことを皇子山の恋人だと思って襲ったのです。

署に帰ってきたあと、バーに斑目が行くと、ちゃんと電話に出ろと怒られます。斑目は、なぜ和子が800円のお弁当を万引きして捕まったのか腑に落ちないと煙鴉にいいます。すると、煙鴉は、「成長したな~」とほめてくれます。あることに気づいた斑目は署に戻ります。

翌日、和子がかつて働いていた所に聞き込みをしに行きます。そして調べたことを美希に連絡します。美希は皇子山に相談して鯨岡に報告します。

皇子山はふたたび和子の取調べを始めます。皇子山は、和子が4件目で逃げ出したのは、声をかけられた人にばれて島っては困るからだと皇子山は言います。そして、本当の無錠の空きは、夫の鳥飼修だと話します。和子は何も答えませんです。和子は、父親を慕ってる娘や孫に本当のことがばれないように、病気の修に代わって逮捕されたんです。

スポンサーリンク

その頃、斑目は娘に会いに行って本当のところを話しています。そして和子に合ってくれないかと頼みます。美希は夫の修が入院してる病院に行って話しを聞きます。署に帰ってきた美希は、主治医と話をして来たと和子に言います。和子は、美希の顔を見ると夫はどうなるの?と聞きます。「逮捕されません。ご主人はすい臓がんで急速に病状が悪化されています。もって3ヶ月だろうということです。被疑者の病状が回復できない場合、逮捕できません。取調べができないので、被疑者死亡で不起訴になることをまつことになります。ざんねんです」と和子にいいます。和子は号泣します。

和子が連行されてくと、斑目がやってきます。そして、かならず義理の娘を必ず連れてくるから必ず修が良くなると笑顔で言います。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「ドロ刑」の原作とDVD

原作の福田秀さんは、埼玉県出身でミラクルジャンプ2014年11月号(集英社)に、読み切り「JUMP OUT」が掲載されデビューされます。その後週刊ヤングジャンプ2016年1号(集英社)に「ハイヒール」が掲載され、同誌2018年5・6号より「ドロ刑」を連載している漫画家です。

【中古】ドロ刑 コミック 全7巻 全巻セット (コミック)

楽天で購入

 

DVDの購入はこちら

ドラマ「ドロ刑」のキャスト

  • 斑目勉 中島健人、やる気がない新米ダメ刑事
  • 煙鴉 遠藤憲一、幻の大泥棒
  • 鯨岡千里 稲森いずみ、捜査三課13係係長
  • 小平美希 石橋杏奈、元音楽隊
  • 皇子山隆俊 中村倫也、元捜査一課刑事
  • 宝塚遥子 江口のりこ、変装の達人
  • 細面隆一 野間口隆、手口捜査のスペシャリスト
  • 勝手田利治 丸山智己、元指名手配犯専門
  • 左門陽作 板尾創路、元スリ専門刑事
  • 宵町時雄 生島翔、バーのマスター
  • 霞沙織 田中道子、科捜研研究員

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ドロ刑~警視庁捜査三課」の6話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました