ドロ刑の5話のあらすじ(ネタバレ)。ゲストは三遊亭好楽

ドロ刑(引用:番組公式サイト

ドラマ「ドロ刑~警視庁捜査三課」の5話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ「ドロ刑」の5話のあらすじ

皇子山(中村倫也)は、煙鴉(遠藤憲一)の今までの写真や情報を整理しています。

そのころ、13係でいまだに非協力的な皇子山(中村倫也)の態度を嘆く鯨岡(稲森いずみ)は、その心中を探るため、斑目(中島健人)を使って調べてくれと細面(野間口隆)に頼んでいます。細面は、同僚を調べることはエリートにしか許されない仕事だと斑目をおだてて、皇子山のことを調べるようにたのみます。

すっかりその気になった斑目がバーで煙鴉(遠藤憲一)にそのことを報告していると、ちょうど皇子山がやってきます。皇子山は煙鴉を疑っていろいろ質問していましたが、煙鴉は「色眼鏡で世の中、見てちゃ何も見えないよ。もういちどドロ刑勉強しなおしたほうが良いよ」と言い残してかえっていきます。泥酔した斑目を残して、皇子山は煙鴉を尾行しはじめます。その途中で煙鴉に巻かれてしまいますが、女性の悲鳴が聞こえてきます。急いでいってみると女性がへたり込んでいて、遠くに煙鴉が立っていてにやりと笑っています。女性が「人が」と叫ぶので家の中にいくと、老人が包丁のようなもので刺されて亡くなっているのを発見します。

翌日。13係では各所轄からあがってきたどのネタ(=事件)を扱うかを鯨岡に一人一人がプレゼンします。鯨岡の厳しい審査を通過できず皆が頭を抱える中、斑目がプレゼンした空き巣の常習犯“白昼の蝙蝠(こうもり)”こと東村洋介(三遊亭好楽)のネタがなぜかあっさりと選ばれます。さらに鯨岡から現場の汚れ仕事は勝手田たちに任して、皇子山の調査を優先するようにと言われた斑目はますます調子に乗ってしまいます。

斑目は、勝手田たちに皇子山のことを調べてると話して、なぜ皇子山が捜査一課から三課に来たのかを聞きます。勝手に個人的な捜査をしていたと言ううわさがあると聞きました

そのころ皇子山は昨晩の事件について調べています。

その日の夜、皇子山をいつものバーに呼んで何で異動になったのかを聞きます。皇子山はある男を追っていたためだといって、今日は煙鴉はきていないのか、あいつは人の命を奪ってると時来ます。そこに所轄の刑事たちがやってきて捜査本部を立ち上げるために斑目を接待し始めます。皇子山は横目で見て「どうしようもない馬鹿だな」とつぶやきます。そして、なぜ煙鴉は斑目なんかとつるんでるのかますます不思議になります。皇子山が帰ろうとすると、煙鴉から電話が来て住所を告げられます。

皇子山がその家に来ると、ごみ屋敷です。中に入るとまたしてもひとりの老女の遺体があります。

 

翌日、13係の瑤子(江口のりこ)と美希(石橋杏奈)が東村を張ってると、杖を突いて歩いて部屋から出てきます。2人は所に帰ってなんで杖を突いてる男が空き巣に入れるのかと斑目に怒ると、捜査本部を立ち上げるために所轄から接待を受けていたことがばれてしまいます。

鯨岡から東村の件は中止で後始末はひとりでつけろと言われます。

そのころ、皇子山は1課の元同僚から二つの事件の事を聞いています。つながりは薄いけれども煙鴉がコロシをやってるかもしれないと言う情報があるとききます。

斑目が東村の監視部屋を撤収しながら、外から東村のアパートを見てると、東村から話しかけられてしまいます。さらに、家に上がってお茶までのんでしまいます。すると、東村が毎日拝んでる場所には仏壇も何もないことに気がつきます。その日から、東村の家に入り浸るようになります。それが鯨岡の耳に入ると、メチャクチャ怒られてすぐに撤収しろと命じられます。最後の日、壁に2014年のカレンダーが貼ってあるのにきがつきます。

皇子山が家に帰ると、それまで調べた煙鴉の情報がすべて盗まれていて、斑目の写真だけが残っています。

翌日、斑目は煙鴉とあいます。斑目は、東村がどうやって暮らしてるのか不思議だと聞くと、どっちにしろ詐欺か窃盗で3課が扱うものではないと言われます。斑目は、毎日なにもないところを拝んでるのが、なにか匂うというと、それを信じて現場と捜査資料と精査し¥ろとアドバイスします。

皇子山は、東村を監視している斑目のところにやってきましたが、壁に向かって拝んでるのに引っかかると聞くと、撤収しろとそのまま帰っていきます。ただ、つくえのうえに、2人の老女が刺されて亡くなっていた事件の捜査資料をおいて出て行きます。

斑目がその捜査資料に目を通してると、東村がごみを持ってアパートから出てきます。見てると、ごみ収集のボックスをあけて中のひとつを外に出して自分のごみを中に入れてそのまま帰っていきます。「だめだって。こんなことする人じゃないのにな~」と言いながら斑目がごみボックスに行って中を開けて東村のごみを取り出して見ると、中に血がついた布のようなものが入っています。

そのころ、皇子山は煙鴉が警察無線を聞いていて自分に連絡をくれたことに気がつきます。すぐに1課にいって、煙鴉が人の命を奪ったことがあるというネタ元を聞いて回ります。すると、すべてのネタ元は煙鴉でいろいろな名前を使って皇子山に情報が届くように仕組んでたのがわかります。「色眼鏡で見てるとわからないよ、もう一度ドロ刑を勉強しなおしたほうが良いよ」と言う煙鴉の言葉を思い出して、斑目のことが脳裏にうかびます。「そういうことか」とつぶやいた皇子山は、署にもどって、「1軒家 事件」で検索してくれと細面に言います。すると、3日前にも一人暮らしの老人が亡くなってるのがでてきます。

スポンサーリンク

それを聞いた皇子山はすぐに署を飛び出します。

そのころ斑目は皇子山が残していった捜査資料を見ながら全部の現場に行くと、窓ガラスが三角形に割られてるのに気がつきます。煙鴉の「現場と証拠資料を精査しろ」と言う言葉を思い出すと、「そういうことか」とつぶやきます。

その日の夜、東村は3日前の事件の部屋にあきすにはいっています。そこに皇子山と斑目が現れて逮捕します。犯罪現場専門の空き巣狙いです。身寄りのない老人が事件に巻き込まれて亡くなったときには、捜査終了後も家族に引き渡されずにすぐに規制線はとられないのでその間に東村は杖をつきながら空き巣に入っていたんです。

斑目が取調べをしてると、

「よかった。つかまって。本当は前の刑務所で亡くなるはずだった。刑務所でもらったお金はすぐになくなってしまってこれしか出来なかった。話せてほんとうに楽しかった」

と、笑顔で東村ははなしてくれます。斑目は来年のカレンダーをプレゼントします。東村は涙をためながら部屋を出て行きます。

しばらくして、橋の上にいる皇子山のところに煙鴉から電話が来ます。これ以上近づいたら命を奪うと煙鴉がいいますが、望むところだと皇子山が返します。すると、橋の下から船に乗った煙鴉が現れます。

(⇒6話のあらすじ

ドラマ「ドロ刑」の原作とDVD

原作の福田秀さんは、埼玉県出身でミラクルジャンプ2014年11月号(集英社)に、読み切り「JUMP OUT」が掲載されデビューされます。その後週刊ヤングジャンプ2016年1号(集英社)に「ハイヒール」が掲載され、同誌2018年5・6号より「ドロ刑」を連載している漫画家です。

【中古】ドロ刑 コミック 全7巻 全巻セット (コミック)

楽天で購入

 

DVDの購入はこちら

ドラマ「ドロ刑」のキャスト

  • 斑目勉 中島健人、やる気がない新米ダメ刑事
  • 煙鴉 遠藤憲一、幻の大泥棒
  • 鯨岡千里 稲森いずみ、捜査三課13係係長
  • 小平美希 石橋杏奈、元音楽隊
  • 皇子山隆俊 中村倫也、元捜査一課刑事
  • 宝塚遥子 江口のりこ、変装の達人
  • 細面隆一 野間口隆、手口捜査のスペシャリスト
  • 勝手田利治 丸山智己、元指名手配犯専門
  • 左門陽作 板尾創路、元スリ専門刑事
  • 宵町時雄 生島翔、バーのマスター
  • 霞沙織 田中道子、科捜研研究員

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ドロ刑~警視庁捜査三課」の5話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました